FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
Posted on 22:32:01 «edit»

Category:製作ハウツー ヤンマートラクター

【とらくた】ヤンマートラクターYTをつくるよ! その6【完成】 

どうも杉山です。

毎日じめじめし過ぎでいかにも梅雨って感じですね。
今年の夏も暑くなるんでしょうか。毎年言ってる気がします。

トラクターも後少しでしたのでいい加減完成させますよ。
しまったことに途中の写真が撮れておりませんでした。申し訳ありません。
とはいえ、特別な事はなにもしてないので問題は無いかと。

それでは完成したトラクターをご覧下さい。

DSCN0017.jpg

DSCN0019.jpg

DSCN0020.jpg

DSCN0021.jpg

DSCN0022_201906212135518f2.jpg

ちゃんと可動でドアも開きます。

DSCN0023.jpg

先日塗ったおじさんも乗せられます。

DSCN0024_20190621213554e69.jpg

作ってみてもやっぱりトラクターに見えないですね。
格好良過ぎます。光沢のあるボディが映えますね。
非常に組みやすく作り甲斐もそれなりにあって、良く出来たキットでした。
ひとつ要望を上げるとすれば、スケールを1/24とか大きめのサイズで欲しかったなと。

さて次は何を作ろうか。
また久しぶりにフィギュアの改造でもしますか。
お楽しみに!


NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:04:46 «edit»

Category:製作ハウツー 三菱ランサーエボリューションⅥWRCドライバーズチャンピオン製作

【ぐらはむっ】三菱ランエヴォⅥのドライバーを作る ② 

まいどっ!

はじめちゃんです。
最近目眩と共に目覚めるはじめちゃんです。
疲れとるんですかね。
マッサージ師さんに全身にゅるにゅるにしてもらいたいです。

さて今回もドライバーフィギュア製作を続けていきます。
前回まではこちら
大体の形が出たところまでです。

早速今回も続けていきまっす!!

DSCN9936_2019061620283652f.jpg

プラパイプにコトブキヤのバーニアを接着しました。
この写真だけ見るとメカ物の改造、造形をしているみたいですよね。
これ何を作ろうかって言うと、
優勝いたらシャンパンシャワーってやりますよね。
そのシャンパンを作ります。

バーニアの径と合うパイプを切って接着して造形の下準備です。

DSCN9937_2019061620283713e.jpg

底面の製作です。
シャンパン等ガス入りの飲料って底面が盛り上がってますよね。
確か記憶だと、密閉した際の炭酸ガスの圧力がなんたらかんたら…だった気がします。
違ったらごめんなちゃい。

パイプの底にプラ板で蓋するだけなら簡単なのにねぇ…
写真はゆるゆるのアルテコを盛った状態です。
表面張力(?)で勝手に綺麗な窪みになってくれます。

ただそれだけです。
アイデア勝負です b

DSCN9938_201906162028395c4.jpg

バーニアとパイプのつなぎを綺麗に処理したので、先端にアルミパイプを刺しました。

DSCN9940.jpg

これを刺して適当な長さでカットするだけの簡単な作業です。
2mmのパイプを2mmの穴に刺しても刺さらないことありませんか?
0,5mmの穴に真鍮線を刺す時が一番感じるのですが、刺さらないっすよね?
なので若干大きめの穴を開けてます。

今回は2mmのパイプを刺す下穴は2,1mmです。

DSCN9939_201906162028401e6.jpg

道具のご紹介!
ウェーブさんのバイス刃!!
1mm~3mmまでの間は全て0,1mm刻みで揃えています。
変な径のバイスは使用頻度が低いですけど
やはり持っているといざという時に役立ちます。

DSCN9941.jpg

2本共に接着した状態です。
やっぱり2mmの下穴じゃ入りませんでした。

DSCN9942.jpg

パイプとバーニアの繋を滑らかに修正しました。
シルエットはボトルになりましたが、サフを吹くまで安心出来ません。
歪だったらやり直ししないと行けませんので!


DSCN9943_20190616202846eca.jpg

何故シャンパンから作ったかと言うと
実は両名それぞれがボトルを握っておるんですね。

なので先に握り手を作らないと塗装に入れませんので
先にボトルを作った次第です。

これを改造して握り手にします。
と言いましても大して難しい事はしません。
指の関節の辺りに切り込みをいれて、接着剤を塗ってプラを柔らかくしたら
おもむろにエイっと曲げるだけです。
写真に見える指関節らしき箇所のスジが切り込みです。
テカっているので、接着剤を塗ってあるのがお分かりでしょうか。

DSCN9946_20190616202848349.jpg

エイってやった後の写真です。
握ってますね。

DSCN9947.jpg

続いてマキネン先生の加工です。
握り手の前に気になる箇所が…
先生、右腕だけ腕まくりしてらっしゃいます…
フィギュアは袖まくってません。

DSCN9948_20190616202851975.jpg

写真を見ながら適度な位置まで削り込んで腕を作りました。
のびた袖口のゴムも彫り込んであります。

DSCN9949_20190616202852fa3.jpg

ドリアンVS独歩 アラミド繊維…

手のひらの角度を修正します。
切って角度変えて接着
ただそれだけです。
辻褄の合わない箇所はパテ!

DSCN9950_20190616202854eb9.jpg

最後に腕時計のバンドで隠れるので
割と適当です。
バンドを何で作るかはまだ考えていないので考えねば!

DSCN9951_2019061620285502a.jpg

先生の右手もボトルを握れる様に加工しました。

DSCN9952_20190616202857c27.jpg

左手の加工をします。
キットの他の左手で握ってるものがないが探したのですが
なかったので加工します。

DSCN9955_20190616202900c54.jpg

スジを入れて曲げてって加工は一緒なのですが
今回は曲げた時点で無理があって指が千切れました。
長さも足りないので、足りない部分はパテ!パテ!

DSCN9953.jpg

トゥーっす!ってやってる指から加工する手間を省く為に
右手はコンバートしました。

DSCN9956_2019061620290110c.jpg

加工の終わった両先生です。
シャンパン片手に手を取り合うシーンが形になりました。

DSCN9957_20190616202903741.jpg

傷等のチェックの為にサフを吹きました。
見た所問題無さげなので、次回は塗装に入ります。

次回でいよいよ完成の予定です。
最後迄お付き合いの程を宜しくお願いします!!

次回もぜってぇ見てくれよなっ!!!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 15:30:26 «edit»
こんにちは〜よこぽんです。
東京も梅雨入りですがまだまだ気温差が激しいですね。
体調管理は気をつけねばですね。

さて、本日は製作の合間の一息に以前旅行に行ったときの東伊豆等のなごみ画像を掲載させて頂きますのでお付き合い下さい。
またまた、一番最初は弊社近くの乞田川のカモ画像からです。
モコモコした感じや全体バランスがとても可愛らしく見えるのでしょうね。
IMG_0991.jpg
IMG_0977.jpg

まずは、熱川バナナワニ園のワニさんです。
小さい頃に行った覚えはあったのですがあまりに記憶に薄かったのですごく楽しめました〜
メガネカイマンやイリエワニ、ミシシッピワニ等あまり動きはないですが迫力は満点です!
wani.png

お次ぎは熱帯植物園です。
わに園から送迎バスが出ています。数分で付く場所にあります。
バナナの木やラン等約5000種の植物でいっぱいです!
IMG_0947.jpg
IMG_0951.jpeg

他にもレッサーパンダやゾウガメ等いろいろいて十分楽しめましたね。
この1枚は植物園の入口の写真です。綺麗な景色ですね〜
観光地としては最高ですね。
IMG_0953.jpeg

東伊豆を下へ向かってお次ぎは下田です。
ここで遊覧船、幕末の黒船【サスケハナ】にのりました!
下田港を一周するルートでまたまた楽しかったですよ。
ウミネコやトビがえさをもらいに船と並走してずっとついて来てましたね。
IMG_0943.jpeg

ここでお食事です。
やはり伊豆と言えば海の幸!!お店一番のおすすめです!
IMG_0956.jpg

西伊豆ではやはり外せません。
土肥金山の金箔ケースです。すごくゴージャスですね。
IMG_0954.jpg

本日はここ迄です。
まだまだお見せしたい写真は御座いますがそれは次のお楽しみで…

先日、多摩川の土手でミシシッピアカミミガメが歩いていたので載せておきます。
IMG_0974.jpg

では次回は、次の製作へと進みましょう!

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:31:24 «edit»

Category:製作ハウツー ヤンマートラクター

【とらくた】ヤンマートラクターYTをつくるよ! その5 

どうも杉山です。
梅雨に入りましたね。モデラー泣かせな季節になりました。
普通に塗装していてもブラシから水が出ます。
先日ウレタンコート中に水がでました。泣けます。

泣けますと言えば自宅のお風呂が壊れました。
どうも水が漏れている様で大工事が必要との事。暫く銭湯通いです。
銭湯通いか・・・逆に楽しそうだな。

さてさて今回もトラクターを作っていきますよ。
前回は中休み的に付属フィギュアのおじさんを塗装しました。
今回は本体に戻ります。

こちらはフロントのグリル部分になります。

DSCN9864_201906092258314ad.jpg

透明パーツは固まっても透明のままなクリアエポキシ接着剤を使用します。

以前サイドカウルのメッシュ部分を実際のメッシュに変更しようという事で穴を開けました。
先ずはメッシュを黒く塗装します。

DSCN9865_20190609225832e9a.jpg

金属製のためそのままでは色がのらないのでメタルプライマーを吹いた後黒く塗装しています。

適当な大きさに切って裏側に合わせます。

DSCN9866_201906092258344ab.jpg

隙間が出来ない様にしっかり曲面に馴染ませて接着します。

DSCN9867_201906092258352f1.jpg

こんな感じになりました。
実際メッシュの内側に何かディテールがある訳では無いですが雰囲気重視という事でいい感じじゃ無いでしょうか。

お次は窓です。

DSCN9868_20190609231827d73.jpg

キット的には窓枠はデカールで貼る事になっていますが、細く貼り難い上にどうしても透明部分にデカールの縁が見えてしまうので、塗装で再現します。

マスキングテープを貼ります。かなり浅いですが窓枠がモールドされているので、しっかり爪楊枝でモールドに押さえ込んでからカッターで切って行きます。
カッターの切れ味が悪くなっていると塗り分けラインがガビガビになってしまうので、先を交換する等して良く切れる様にして挑みます。

DSCN9869_20190609225837def.jpg

塗装面のマスキングが出来たら、裏側に回り込まない様にマスクしてセミグロスブラックで塗装します。

DSCN9870_20190609225838ae4.jpg

こんな感じですね。少々手間ですがデカールより塗装の方が綺麗ですし、剥がれたりする心配も無いのでこの後の取手やヒンジを付ける際に作業がやりやすくなります。

DSCN9875_20190609225840738.jpg


ちょっと完成には時間が足りなそうなので今回はここまで。
完成は次回のお楽しみという事で、お楽しみに!

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 18:09:07 «edit»

Category:製作ハウツー 三菱ランサーエボリューションⅥWRCドライバーズチャンピオン製作

【ぐらはむっ】三菱ランエヴォⅥのドライバーを作る ① 

まいどっ!

外で食事するときは基本が大盛りのはじめちゃんです。
先日、弊社代表と外出する機会がありまして昼食にラーメン屋に入った訳ですが
代表曰く、お前が並盛りを食べてると具合でも悪いのかと思っちゃうよ!と言われました。

私=大盛りのイメージが定着してるんですね…
歳のせいか下っ腹が…えへへへへ

気を取り直して前回の続きです。
前回はこちら
展示台が完成した所迄でした。

今回は作品のメインとも言えるフィギュアの製作に入って行きます。

DSCN9839.jpg

たまたま立ち寄った模型店でこんなものを買ってみました。
ハセガワさんのフィギュアセット!

この中のドライバーを使用します。

DSCN9840_20190605174300629.jpg
DSCN9843_20190605174305746.jpg

大まかなイメージを掴む為に置いてみました。
ハセガワのフィギュアは左手が腰に添えられていますので大幅な改造をしないといけなさそうです。
にしても右のおっさん誰やねん!

DSCN9841_20190605174302100.jpg

まずはタミヤのフィギュアから加工します。
キットでは前屈みになってピットクルーに指示をしている格好ですので
こしにスペーサーを噛ませて背筋ぴーんで接着します。

DSCN9842_20190605174303a1a.jpg

写真の腕の角度を見て仮止めしました。

足りない部分はパテ盛りですよ!

DSCN9844_20190605174306566.jpg

次はこちら。
誰やねん!お前!なおっさんです。
DSCN9845_20190605174308263.jpg

余分な左腕を切り飛ばしました。
DSCN9846_20190605174310650.jpg

タミヤ君と並べてみました。
ハセガワ君は写真よりひょろいですよね。

DSCN9847_20190605174311985.jpg

タミヤ君ハセガワ君それぞれにパテを盛りました。

DSCN9848_20190605174312788.jpg

大まかに削った所です。
造形において、盛って作る人と削って作る人といるようですが
私は削って作る派です。

DSCN9850_20190605174315e55.jpg

ハセガワ君はひょろいのと老けてるのが気に入らないので改造します!
脇の下から太ももにかけて肉盛りです。
ガンプラの作例では前後接着面で○mm幅増しとか
拳はパテのブロックからの削り出しとか
よく見かける文章表現そんな感じです。

顔もタミヤ君の同僚からコンバートしました。
うほっまだこっちの方がいい男!

DSCN9851_20190605174317e5c.jpg

サイコパスな画像です。
右はタミヤ君です。
帽子をかぶせるので頭をカットしました。

DSCN9852_20190605174318a48.jpg

パテで作った帽子です。

DSCN9857_2019060517432050d.jpg

被せるとこんな塩梅。
いいんじゃないの?
次回は塗装してフィギュアの仕上げをしましたら
完成している台座のボンネット部にのせて完成です。

次回もぜぇってえ見てくれよなっ!!!!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top