FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
最近の記事

    n e x t »

Posted on 22:09:45 «edit»

Category:製作ハウツー 1/12 GSX-R750

【油冷っ!】GSX-R750を作る⑤ 

まいどっ!

はじめちゃんです。
コロナコロナと大変な状況ですが、いかがお過ごしでしょうか。
咲いた桜も今年は花見なんて出来るムードじゃありませんね。
一刻も早い終息を願っておりますが、いつになることやら…

落ち込んでもいられませんので、製作を進めます!
前回まではこちらパーツの切出しと処理が終わったところでした。

早速始めましょう!

DSCN0004_20200407214649b45.jpg

今回はマスキングして塗り分ける箇所がありますので
塗装の手順を考えて、乾燥待ちで何もできない状況にならないように段取りを練ります。
まずはセミグロスブラックのパーツから塗装します。
前回、塗装色ごとに仕分けしてありましたので、持ち手を付ける際は何も考えずに付けて行けます。

DSCN0005_202004072146502db.jpg

セミグロスブラックの塗装が終わりました。
塗り分けの必要無い部品は持ちてから外しておきます。

DSCN0006a.jpg

部品数が多い色でしたので、最初に塗装したパーツは既に乾燥しておりますので
エアクリーナーの塗り分けをしました。
茶色っぽい黒で塗装してあります。
この色はここでしか使いませんので、わざわざ空き瓶に調色せずに
エアブラシのカップ内で調色して塗装しました。

DSCN0007a.jpg

つづいてシルバーのパーツの下ごしらえとして黒を吹いておきました。
乾燥の合間に昼食を取ります。

DSCN0008a.jpg

フレーム等のシルバーを塗装しました。
フレームのアルミの箇所とそれ以外でシルバーの色味を変えてみたのですが
あまり違いは判りませんね。

DSCN0009a.jpg
エンジン、フレームのボルトやキャブの塗り分けは筆での対応です。

DSCN0010a.jpg

シートも塗装しました。
わざと濃い目の濃度で粒粒になるように塗装してシートの質感をだしました。
濃すぎるとザラザラになるので、うまいこと調整してみてください。

DSCN0011a.jpg

エキパイとマフラーです。
完全に艶消しの黒を塗装するのではなく、部分部分で薄くして下地の銀を薄っすらと見える様に塗装してみました。


DSCN0012a.jpg

フロントフォークです。
先に色々接着しましたが、マスクの手間を考えると別にしとけばよかったなぁと思います。

DSCN0013a.jpg
フレームやフォークの細部の塗り分けも筆塗になります。
はみだすとアウトなので、慎重に塗装しましょう。

DSCN0014a.jpg

塗り分けの終わったパーツ群です。
こうしてみると…海外に輸出されるギリギリの水際で見つかった盗難車の写真みたいですよね。

昔の知り合いがバイクの盗難にあった際に、これによく似た写真を見せてもらいました。
バラバラのパーツを組んで元通りにするだけでうん十万かかるとのお見積りで泣く泣く手放しておりましたな。

ではここから組み立てていきます。


と言っても説明書の順番通りに組んでいくだけの単純な作業ですので、割愛します。


DSCN0015a.jpg

ここまで組み上がりました。
あとは事前に手を入れておいたリベットの金属の打ち込みやミラー・灯火類の取り付けです。

続きはまた次回ということで
次回は完成編です。

次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。
スポンサーサイト



tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 10:25:09 «edit»

Category:社内近況

弊社内の近況報告をさせて頂きます。 

こんにちは~よこぽんです。
ご報告が遅くなりまして申し訳ありません。
本日は、現在起こっているコロナウイルスによる外出自粛、感染拡大等、不安をお持ちの皆様のために
弊社内の現在の状況報告をさせて頂きます。
もちろん、スタッフ一同感染予防もきちんと行いながら多少のペースダウンはありながらも
作業は進んでおりますのでご安心ください。

外出制限がかかっている為なのか、プラモデル製作やゲーム等は自宅内で行える
楽しみの一つとして特に子供達には増えているそうですが、模型業界としてはとても厳しい状況です。
イベントや展示会等も延期、もしくは中止で新商品開発発表もままならない状況です。

流石に、ここ数日のコロナウイルスによる東京都内の感染者数増加に伴う弊害で弊社も多大に
影響を受けております。
公共機関の使用制限等から始まり、他県からも流入制限がかかり、納品や打ち合わせも厳しい状態です。

一刻も早く終息して、全ての方が安心できる状態に本当に戻りたいです。

緊急報告として、現在の弊社状況をご報告させて頂きました。
製作に関してご不明点等ございましたらいつでも担当あてにご連絡下さい。
また、皆様と普通に会話したりお会いしたりできる日々が少しでも早く戻りますよう願っております。

ウイルス不安には勝てませんが、多少の和でまだまだ桜も綺麗に咲いております。
IMG_1364.jpg
IMG_1363.jpg
IMG_1360_20200403100851ede.jpg

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:38:11 «edit»

Category:製作ハウツー アルファード

スナップキットのアルファードをちゃんとつくるよ! その2 

どうも杉山です。
もう桜も咲いて春だなと思った矢先に、昨日の雪ですよ。

DSC_0005.jpg

会社のテラス越しに撮った写真ですが、まさか積もるとは思いませんでした。
冬に戻った思いです。

さて今回もアルファードを作っていきましょう。
前回ボディの処理を進めました。
以前ヴェルファイアを作った時に、やっておいた方が良かったなー、と反省箇所があったのでそれをやってから塗装に入りたいと思います。

窓がかなりシビアに作られており塗膜にウレタンコートの膜が重なると確実に窓が入らなくなってしまいます。
窓側は削れないので、事前に窓枠を削って入りやすい様にしておきます。

DSCN9927_20200330202606ab3.jpg

試しに窓を嵌めてみてスカスカぐらいで丁度いいです。

次はサンルーフです。

DSCN9928_202003302026066ac.jpg

枠がモールドされているのですが凸の出っ張りが高すぎるので少し削って低くします。

DSCN9929_20200330202607522.jpg

削って角が出ない様に気を付けましょう。

DSCN9929_20200330202607522.jpg

これで安心して塗装に入れます。

ボディカラーはパールホワイトです。
手順としては色を塗って、パールクリアーを塗装します。
アルファードのパールホワイトはほぼ純白に近い白のパールになります。
調色の必要が無いのですが、真っ白という事で色ムラやゴミが目立って誤魔化しが効かないので正直難しいです。

さっそく全体を白くします。
白はガイアノーツのEXホワイトを使います。隠蔽力が強く塗膜が厚くならずに済みます。
一度に発色させようとすると色が垂れたり、厚くなり過ぎたりするので何度かに分けて塗装すると良いです。

DSCN9930 (2)

乾燥を待ってパールコートします。
パールホワイトだけだとスケール的にキラキラ感が足りないので、パールホワイトにダイヤモンドシルバーを混ぜてコートしました。
ダイヤモンドシルバーでキラキラ感が増します。ただダイヤモンドシルバーは他の色のパール粒子が入っている為多く入れすぎると
逆にチープに見えてしまうので入れすぎに注意です。

DSCN9933_202003302026095e7.jpg

こんな感じのパール具合になりました。

乾燥に時間がかかるのでシッカリ乾燥させましょう。

DSCN9934_20200330202611687.jpg

次回はボディに少しの塗り分けをしてウレタンコート、シャーシを作っていきます。
お楽しみに。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:31:47 «edit»

Category:製作ハウツー 1/12 GSX-R750

【油冷っ!】GSX-R750を作る④ 

まいどっ!

はじめちゃんです。
最近ふと思ったシリーズです。
調べればすぐに答えが見つかるかもしれませんが…
ご出身は?の質問に対し 神奈川!とか高知!って県を省略して答える事が多いですよね。
北海道出身の人に聞いても北海!って答えが返って来た記憶ありますか?
道って省略されませんよね。
何故なんでしょう…

さて今回もGSXの続きです。
前回まではこちら
面倒な塗り分け後にデカールを貼った所まででした。

早速中身の製作に着手していきます。

DSCN9866_20200326210859fb8.jpg

フレームの内側です。
押しピン跡がありますので綺麗にします。
凸の場合はそのまま均せばokですが
凹の場合はパテ埋めが必要です。

あまり見える部分ではないので、面倒な人は無視してもいいと思います。


DSCN9867A.jpg

綺麗になった状態です。
完成後に見える可能性のある個所は極力綺麗に手を入れてやりたい所ですね。
手抜きの会社と思われるのもなんだかなぁですしW

DSCN9868A.jpg

その他パーツで現段階で付けれるパーツは全て取り付けてあります。
エンジンは今回後ハメ出来そうにありませんので、フレームの左右の貼り合わせは塗装後になります。

DSCN9869A.jpg

スイングアームとチェーンガードです。
特に問題はありませんでしたので、説明書の指示通りに組み立てます。

DSCN9870A.jpg

チェーンです。
∞∞∞←この形の周囲の窪みにパーティングラインが走っておりますので
カッターのカンナがけもともすれば余計な所を削ってしまう可能性もありますので丁寧に処理します。

写真は棒やすりで窪みの形状に留意して処理している所です。

DSCN9871A.jpg

内側・外側と処理しました。
結構面倒な作業ですわ。
でもおかげで綺麗になったでしょ?

DSCN9872A.jpg

エキゾーストパイプです。
完成後に見えにくくなる箇所ではありますが、エキパイの内側に凹の押しピン跡がありますので
パテ埋めして処理しておきました。

DSCN9873A.jpg

サイレンサーと繋ぎました。
繋ぎ目にがっつりと隙間が生まれましたのでパテで修正してあります。
溶接跡のモールドも一部途切れておりましたので、ついでに復活させました。

DSCN9875A.jpg

そのほかの部品も切出し・処理をすませました。
今キットは他のバイクのキットより若干パーツ数が多く感じます。
車と違って完成後もかなりの部品が見えますので、一つとして気が抜けません。
塗装する色毎に分けて保管してあります。

DSCN9876A.jpg

最後にウレタンコートの済んだ外装パーツ類です。
てかてかピカピカの外装はいいですね!
こうやって並ぶと早く完成させたくなってきます。

次週は塗装へと進みます。
次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 22:53:08 «edit»

Category:社内近況

東京ドームシティっていいね~!! 

こんばんは~よこぽんです。
本日は、まだまだ猛威を振るっているウイルスによって外出出来ない方も多いと思いますので、ちょっとした画像を掲載させて頂きます。

そこは、東京ドームシティです!!
実は、アトラクションやショップ等思ったよりも設備が充実していて私的にですが驚いた1つなのです。
まずは、観覧車とその観覧車の間を抜けるジェットコースターです。
自分的にはなぜかはわかりませんが、この角度の写真がとても気に入っております。
DSCN9849 (2)

実は、ジェットコースター、建物も抜けているのですよ!
ものすごく斬新ですよね。カッコ良くないですか?
DSCN9855 (2)

観覧車を下からのぞくとまたまたよいアングルではありませんか。
DSCN9854 (2)

他にも本当に色々あるのですよ。
本日は、お休みなのでアトラクションは可動はしておりませんでしたが、ショップやグルメ等いろいろ遊べる事間違いなしですね。
DSCN9851 (2)
DSCN9850 (2)
DSCN9853 (3)

東京ドームもすぐ近くで存在感を表しております。
DSCN9852 (2)

小さい頃に来たことはありましたが、ここまで設備が整っているとは…
やはり、大人になってもワクワクしてとてもいいもんですね。
是非、足を運んでみてもいいかもしれませんよ。

さて、もう1点は京王線の若葉台駅で以前見かけた検測車です。
思わず写真に撮りましたのでご紹介させて頂きますね。
IMG_1053.jpg
IMG_1054.jpg

やっぱりカッコいいですね~
IMG_1048.jpg

では、本日はこれにて失礼いたします。

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top