Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
Posted on 22:54:47 «edit»

Category:製作ハウツー タイガーI

【ぱんつぁー!】戦車の王道タイガーIをつくるよ! その7 

どうも杉山です。
まだ10月だというのにすっかり寒くなって参りましたね。
風邪をひかないように注意したいものです。

さてさて今回もタイガー進めて行きますよ。
ってことで前回から塗装に入って参りました。迷彩塗装が終わった所です。

まずは細部塗装です。
工具類の柄や箱等の木の部分を塗装します。
ベースの色はラッカーのウッドブラウンを筆塗りします。
DSCN7024.jpg
乾いたらエナメル塗料(ブラウンとブラックを混ぜたもの)で木目を描いて行きます。大まかに塗れたら、筆から色を落としエナメルシンナーを含ませた筆で木目に見える様に、先程描いた線を溶かし馴染ませて行きます。
DSCN7025_20171021035558815.jpg
DSCN7026_20171021035559923.jpg


木目の表現が出来たら金属部を塗装していきます。
黒に少しだけシルバーを混ぜたガンメタルで塗っていきます。
DSCN7027_201710210356019fd.jpg
更に金属感を出す為にシルバーをドライブラシします。

DSCN7030.jpg
使ったのはこちら、エナメル塗料のクロームシルバーです。
DSCN7031.jpg

ドライブラシ用に毛を短く切った筆を使用します。まず筆にクロームシルバーを含ませた後ティッシュで塗料を拭き取ります。殆ど色が付かなくなるなったら先程ガンメタルを塗った部分にドライブラシをかけていきます。
DSCN7033.jpg
ポイントは角や先端に擦る様に入れると効果的です。あとやり過ぎ注意です。
DSCN7034.jpg

部分塗装が終わったら、グラデーションや汚し塗装の前にデカールを貼ります。
DSCN7035.jpg
まずデカールを貼る部分にクリアー(光沢)を塗っておきます。
最終的にはツヤ消しにしますが、デカールを貼る際下地が荒れているとデカールが綺麗に定着せず白くなってしまいます。
DSCN7037.jpg
クリアーを吹く事でデカールが定着しやすくなります。

こんな感じになりました。
DSCN7038.jpg

次にグラデーションでシャドウ吹きをしていきます。
DSCN7039.jpg
使用した色はこちら、Mrカラーのクリアーブラウンとクリアーブラックを混ぜて使用します。
DSCN7043.jpg
エッジや谷、モールドに沿って吹いていきます。
DSCN7046_20171021035616342.jpg
排気管周りはブラックを多めにして煤汚れっぽく、濃いめに吹き付けました。
DSCN7047.jpg
DSCN7049.jpg

如何でしょうかグッとリアル感が出たと思います。
次回汚し塗装です、お楽しみに!

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 20:57:12 «edit»

Category:製作ハウツー ボバフェット

【あくやくっ!】もーすとのーとりあすばうんてぃはんたーいんざぎゃらくしー その参 

まいどっ!

10月が誕生月のはじめちゃんです。
今月末でまた一つ歳を取る予定ではありますが、歳を取るのって嬉しい様な寂しい様な微妙な気分です。
大人な考え方で尚かつ若々しくいられるようにが理想なのですが、歳ばっか食って中身が伴っているのか不安になります…
子供の頃は早く大人になりたかったのですが、実際大人になってみると一年の過ぎるのが早い事早い事。
同学年の連中に置いていかれない様に頑張って精進してまいります!

さて、今回もボバフェットです。
前回まではこちら 各関節にパテを盛り盛りした所までです。
今回はパテを削って形を出していきたいと思います。

DSCN6952.jpg

手始めに左肘からいきます。
早速ですが、前回のパテが盛りきれていない箇所を発見しましたので瞬間接着パテで埋めていきます。

DSCN6953.jpg

こんな感じです。
大まかに盛りつける時は、硬化に時間の掛かるエポキシパテを使用しますが
今回の様にパテが足りなかった箇所は、瞬間接着パテやポリエステルパテを使用します。
今回は直に作業する必要がありましたので、瞬間接着パテを使用しています。

DSCN6954.jpg

瞬間接着パテが硬化したので、カッターで大まかに削っていきます。
DSCN6955.jpg

全体の仕上がりをイメージしながら、パテを削ってスーツのシワを作って行くのですが
くれぐれもパテを削りすぎない様に注意しましょう。
削り過ぎた場合は再度パテを盛って修正できますが、時間も材料も無駄になってしまいます。

DSCN6956.jpg

シワの削り込みが終わりましたので、今度は縫い目(?)生地が厚くなっている部分を再現します。
カッターで縫い目のラインを切り込んで再度を一段落として浮き彫りにして行きます。

DSCN6957.jpg

写真では分かり難いですが、縫い目の再現が完了しました。
ここでも大まかにしか削っていません。

DSCN6958.jpg
先程の箇所を角度を変えて撮影してみました。
右ひじも同様に削っていきます。

DSCN6959.jpg

続いては下半身です。
実は前回、写真を撮りながらエポキシパテを煉っていたのですが
途中で硬化が始まってしまい、煉ったパテの大半が無駄になってしまいました(笑)
股関節の部分は硬化しきっていないパテを無理矢理詰め込んだのですが
細部にまで詰めきれませんでした。

DSCN6960.jpg

隙間が空いた箇所やパテが足りなかった箇所に、肘と同様に瞬間接着パテを使用して埋めていきました。

DSCN6961.jpg

こちらも瞬間接着パテの硬化後にガシガシ削って形を出して行きます。

DSCN6977.jpg

カッターで大まかに削ったら、荒い番手の紙ヤスリで更に形を整えて行きます。

DSCN6978.jpg

ある程度削れたら、目の細かい紙ヤスリで傷を消して行きます。
紙ヤスリは折って角をだしたり、丸めてカーブを出したりしながら
思いの形のシワを表現して行きます。

DSCN6972.jpg
DSCN6973.jpg
DSCN6974.jpg
DSCN6975.jpg
DSCN6976.jpg

パテ盛りした箇所の修正が終わったので一度組んでみました。
見た感じではロボットっぽい関節から実際の布っぽく見えてきた気がします。
しかしこのままでは境目が分かり難いので、サーフェイサーを吹いてチェックしてみます。

DSCN6979.jpg
DSCN6980.jpg
DSCN6981.jpg

傷のチェックの為なので、サーフェーサーは適当に吹いてあります。
グレー1色になると傷等が見やすくなりますね。
雰囲気は概ね良好だと思いますが、所々パテの傷が見えますし瞬間接着パテの気泡も見えます。
ここから先は装甲のパーツを処理する時に一緒に処理してしまえば問題ないでしょう。

今回はここまでです。
次回は装甲の下地処理〜塗装へと移る予定です。

次回もぜってぇ見てくれよなっっっっ!!!1

筆者:神宮司
NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 16:47:29 «edit»

Category:製作ハウツー 飯田線

【いいだせん!】Nゲージで飯田線を作ってみようその10 

乗秀です。飯田線、続きます。

DSCN6870_20171016160401375.jpg
前回で青の塗り分けまで終わりました。塗り分けは単純な物ですが、5輛もあると大変!
今回で主要な塗り分けに決着をつける予定です。

DSCN6871.jpg
まず屋根の塗り分けです。ぐるっとテープを回して終わりですので、最も簡単な箇所かも知れません。
配管が跨ぐ部分は色漏れが起こりやすいので、前回のカット戦法を駆使して漏れを極力抑えます。

DSCN6873.jpg
屋根はガイアノーツ製のダークグレーで塗り分けます。鉄道模型の塗料と言えばグリーンマックスカラーかマッハカラーかとお考えの方が多くいらっしゃる様ですが、同社では灰色9号やねずみ色1号と言った鉄道屋根及び床下機器の主要なカラーが揃っていますので、是非押さえておきましょう。もちろん他にも便利な色が沢山出ていますよ!

DSCN6874.jpg
続いてパンタ車のランボードをマスキングして、ねずみ色1号で塗り分けます。

DSCN6875_20171016160407956.jpg
ほかの機器も同色で塗り分けますが、マスキングするには厄介な形状ですので、筆塗りで対応します。

DSCN6876.jpg
屋根の塗り分けが完了しました。
これで塗装終わりだーい! と言いたい所ですが、一見綺麗に塗り分けられた様に見えても良くチェックすると・・・

DSCN6878.jpg
テープで押さえきれなかった、モールドの隙間に青の色漏れが! 次に塗り分ける箇所がすぐそばなので、先にこの色漏れを修正します。このような箇所は筆で直します。

DSCN6879.jpg
たまにマスキングテープの境目にゴミが咬んでいて、剥がすとごみごと塗膜の一部を持っていかれてしまう事があります。こんな時も慌てずに修正しましょう。

DSCN6880.jpg
カドをきっちり押さえていても、中にはこのように忍び込んでしまう事も・・・もちろん筆でちょんと色を挿して修正!

これ以外に、直線がずれてしまったり色漏れが起こってしまった場合は、筆でなく再度マスキングしてエアブラシで吹き直した方が綺麗に仕上がります。要所に合わせて道具を使い分けましょう!

DSCN6881.jpg
残すは乗降扉と前後面にある、窓枠に入ったHゴムの塗り分け! 小さく規則的ですが、意外と形が崩れやすく難しい塗り分けポイントです。その上殆どの鉄道車輌に存在しますから、なるべく綺麗に仕上げられる様になりたい所ですね。
中でもカドのアール部分のマスキングは合わせ難いので、今回は革製品等に穴を開けるポンチを用いて円形のマスキングテープを切り出しました。

DSCN6882.jpg
ポンチで抜いた円を中心に十字にカットして、それぞれのカドのアールに合わせて貼ります。これだけで綺麗なHゴムが一発で表現出来るのです!

DSCN6883.jpg
直線部分は普通にマスキングテープを貼りますが、必ず端をカットしてから使います。マスキングテープは一見綺麗に縁が切られている様に見えて、実は結構ガタガタなのです。もちろん他の箇所でも大変有効です!

DSCN6884.jpg
マスキングを終えた状態です。部分的な塗装とはいえ、エアブラシから出る塗料は見た目以上にあちこち飛び散りますので、マスキングする範囲は大きめに取っておいた方が安全です。

DSCN6885.jpg
ここからは「ポンチなんか無いよ」という方向けの方法です。
直線を押さえる所は同じですが、カドの部分は色が乗らない様にわざと隠して、エアブラシをさっと吹きます。極力塗膜で段差を作らない様に気をつけましょう。

DSCN6894.jpg
テープを剥がしてから、色が欠けたカドの部分だけを筆で挿してカドを形作ります。直線から筆で引こうとするよりも簡単に仕上げられます。塗った後に塗膜の段差が目立ってしまった場合は、そこを細かい番手のサンドペーパーで磨いてからもう一度筆でなぞれば綺麗になります。

DSCN6895.jpg
ここまででボディの塗り分けが終了! ここでようやく、裏側から貼り込んでいたテープを剥がします。

DSCN6896.jpg
テープで押さえられていた部分の塗膜が、ガビガビになっています。裏側を塗装する際避けては通れない問題ですので、さっと対処します。

DSCN6897.jpg
大きなガビガビはカッターでこそぎ落とします。内側をなぞる様に刃を当てて、極力力を加えない様にそっとカットします。

DSCN6899.jpg
小さなガビガビは爪楊枝でぐるっと擦るだけで綺麗に落ちます。プラですとカッターで造形を切ってしまいかねませんので、大きな箇所以外はこの方法で処理した方が安全ですね。

DSCN6900.jpg
そんなこんなで、とうとう塗り分けが完了しました!
次回、いよいよ床板と合体! ・・・の前に、ちょっとした作業を挟もうか悩んでいます。
いずれにせよ終わりが見えてきましたので、ラストスパートに向けてがんばります!


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 17:04:58 «edit»

Category:製作ハウツー 一○式戦車

第4回【1/48 陸自10式戦車】続製作開始です! 

こんにちは〜よこぽんです。
東京も急激に寒くなってきました。風邪等ひかない様気をつけましょうね。

いよいよ本日は迷彩色の塗り分け、タッチアップを前回終えましたのでウォッシングにはいります。
泥っぽい色味を先ずはエナメル塗料で作ります。(ブラウン、ブラック、ホワイト辺りを混ぜるのが簡単ですね、あとは実際模型を製作する方の好みで濃さを調整します。)
そしてその混合したエナメル塗料をエナメル溶剤で薄めて筆で重力に従う様に塗っていきます。
DSCN9701.jpg

上面も同じ様に進めます。流れる方向を考えて進めていくとよりリアルな仕上がりになりますね。
DSCN9702.jpg

側面も同じ様に重力に逆らわずに塗っていきましょう!
DSCN9704.jpg

天面も同じ様に方向を作ってあげましょう!そして付け過ぎた所や濃くなってしまった所は綿棒やティッシュ等で拭き取ってあげましょう。あまりやり過ぎると全部取れてしまったり、濃く残り過ぎたりするので調整は必要ですよ。
DSCN9706.jpg

一通り全てウォッシングが終わりましたら全体にツヤ消しのコーティングを行います。
DSCN9709.jpg

ツヤ消しコーティングのその前に、デカールを貼る所があったら先に進めましょう。
なぜなら、先にツヤ消しコーティングをしてしまうと表面がガサガサになってしまうのでデカールが綺麗にはれなくなってしまうのです。
DSCN9710.jpg

本日は以上です。いい感じに仕上がってきましたね。
もうほとんどの作業は終わりですが、次回はドライブラシとフィギュア彩色で完成と致します。
DSCN9711.jpg

また次回をお楽しみに!!

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 20:54:43 «edit»

Category:模型総合病院

【模型総合病院】長年愛した蒸気機関車を綺麗に!【その13】  

模型で悩める貴方へ! 模型総合病院のお時間です。
これまで様々な修理実績を掲載しており、弊社に来るお問い合わせ頂く際に「○○の修理の記事を読んだんですが」とおっしゃるお客様も少なからずいらっしゃいます。
その中でも反響が大きかったのが、蒸気機関車(SL)の修理です。以前梱包用のスポンジが食いついてしまった車輌を綺麗に再生した記事(【模型総合病院】SLにこびりついたスポンジを完全除去!【その8】 )を掲載した所、似た症状のお問い合わせが数多く来る様になりました。
今回は蒸気機関車の修理2つの例をご紹介します。

DSCN9212.jpg
一つ目はこちらの車輌です。ドイツのSLで、黒と赤のコントラストがまぶしい車輌ですが、前面をよく見ると…無数のぶつぶつが付着しているのが分かります。これも劣化したスポンジの食いつきで、表面が荒らされてしまっている例です。

DSCN9219.jpg
そんな症状も、以前掲載したSL同様綺麗な表面へ戻りました! こうした表面の荒れを取り除いてのリペイントは、もちろん荒れた後を完全に消す事も大事ですが、磨き過ぎて周りと比べて明らかに表面の質感が変わってしまった…なんて事も避ける様に、ペーパー磨きも細心の注意を払って行います。


DSCN9923.jpg
もう一つの例は、長年走行させている過程で痛んでしまった箇所の補修です。ご覧の通り、気になる箇所が多いためあらかじめ修理希望箇所を指示してもらいました。

DSCN9919.jpg
走行で痛むケースで最も多いのは、塗膜が欠けて金属地が見えてしまうことです。何度も走らせているうちに、台車やストラクチャーに当たり次第に傷が深くなっていってしまう・・・走行させる鉄道模型ではどうしても避けられない問題です。

DSCN9918.jpg
もう一つ、これは鉄道模型に限らず多いのは、表面の艶がおかしくなってしまう事。同じ所を何度も触っているうちに、表面のツヤ消しコートが剥がれてしまい、だんだんと艶が出てしまう現象です。みんなに触られて頭がピカピカになっているお地蔵様と同じですね。

DSCN9924.jpg
他にも白帯を中心に色が擦れてしまい、下の黒色が見えてしまっている部分がいくつもありました。黒地に白塗装は非常に難しい所ですが…

DSCN9932.jpg
弊社にお任せ頂ければ、ご覧の通りどこを直したか分からなくなる程自然に仕上がりました!

DSCN9933.jpg
金属地が出てしまった箇所は、パテで段差を埋めた上でリペイントをします。これによって塗膜の段差が平滑になり、破損前の状態に限りなく近づける事が出来るのです。

DSCN9934.jpg
テカってしまっていた箇所は、艶のコートを施して元通りの質感へ! ただここは、ケースによっては製品の塗装段階で凹凸がついた塗装を施している場合がある為、そうした表面を再現する場合は意図的に表面を粗めに仕上げて周りと違和感が出ない様にします。その模型それぞれの特性に合わせて、修理の仕方を逐一変えていっているのです。

同じSLでも、お客様の保存状態や使用環境によってダメージの入り方は全く異なります。NAGAEアートプロダクションではその車輌それぞれの特性に合わせて、全く違和感無い様に修理致しますので、ちょっと痛みが気になってきた…という車輌をお持ちの方は是非お気軽にお問い合わせ下さい。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top