Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
Posted on 22:20:58 «edit»

Category:製作ハウツー フェアレディSR311

【だっとさん!】フェアレディSR311をつくるよ!その4 

どうも杉山です。
4月ももうすぐ終わりです。
暖かくなったり寒くなったり、昼間暑くても夜冷え込んだりと体調がおかしくなりそうです。
着るものも迷います。

さてさて今回もフェアレディを作って参りましょう。
今回はエンジンの製作です。

今回はボンネットが開く様に製作しているのでエンジンが見える様になります。
また、キットとしてもエンジンがしっかりと作られているので少しディテールアップをしたいと思います。

こちらがエンジンパーツ
この赤丸のところですが、実際はホースが出ています。成型上の都合で板の様にモールドされているので先ず切り取る事にします。
DSCN7882_20180422220008780.jpeg
切り取ったらホースが刺せる様に穴を開けておきます。
DSCN7883.jpeg

塗装していきます。
前回の室内塗装のときも話しましたが、質感を大事に塗装します。同じシルバーでも色味やツヤを変えて素材の違いを表現します。金属は金属らしく、樹脂は樹脂らしく。実車の写真をよく見て塗り分けていきます。
DSCN7884.jpeg
こんな感じになりました
DSCN7885.jpeg
塗装がおわったらパイピングの作業に入ります。
パイプを差す部分に穴を開けます。かなり細かい作業になります。
DSCN7886.jpeg
DSCN7887.jpeg
穴を開けた部分にパイピングケーブルを刺していきます。
箇所によって太さが異なるので、実車をよく見て確認します。
今回は0,5mm 0.7mm 1mm を使用しました。
DSCN7888.jpeg
DSCN7889.jpeg
DSCN7895.jpeg
ちょっとした事ですがこれだけでエンジンらしさがグッと出ます。

シャーシに取付けます。密度が出ていい感じです。
DSCN7891.jpeg
DSCN7892.jpeg
DSCN7893.jpeg

さて作業も大詰めです。
次回完成まで行きたい所です。お楽しみに!

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:58:57 «edit»

Category:製作ハウツー メルセデスベンツ アクトロス

【まーしでぃーずっ!】ベンツのトラック製作⑩ 

まいどっ!

はじめちゃんです。
仕事で電車に乗ると新入社員ですかね、スーツの似合っていないサラリーマンを目にします。
大音量で音漏れさせながら音楽を聴いていたり、満員電車でつり革等に掴まらず
後ろの人に寄りかかってゲームに興じていたりと学生気分が抜けていない姿が目についてしまい
国の行く末が若干心配になる今日この頃です。

自分の時もあの様な姿を晒していたかと思うと心が痛いです

さて今回もトラックの続きです。
前回まではこちら
シャーシの塗装が終わった所です。

今回はエンジンの塗装です。
各種画像を見ましたが、それぞれで微妙に配色が違うようなのです。
これ!というカラーリングに指定が無いのでしょうか。
なので画像検索で一番気に入ったものを再現する事にします。

DSCN7757_20180419212620501.jpg

まずは全体をシルバーに塗装しました。
どのシルバーにしようか悩みましたが、イメージに近いのがクレオスの8番のシルバーでした。

DSCN7759.jpg

細部は筆で塗装していきます。
エアブラシをメインで使用していても筆の出番は無くならないんですよね。
入り組んだ箇所はマスキングし難かったりしますので、今回は練習も兼ねて
筆で行ってみます!

黒に近いグレーで塗装していきます。
人によってシンナーを筆に含ませて塗装したり、リターダーを混ぜたりと
色々あるようですが、今回はリターダーで塗料を緩めながら塗装しました。

塗り漏らしても気にせずどんどん進めます。
経験から同じ箇所を何度も撫でると、下の塗膜を侵してしまい
下の色と上の色が混ざって汚くなってしまいます。
塗るというより伸ばしていく感覚で進めました。

DSCN7760_20180419212623bbe.jpg

全体を塗り終わった状態です。
息を止めて塗装したお陰で色がはみ出すことはありませんでした。

DSCN7761_20180419212624ec3.jpg

乾燥を待つ間にファンベルトを塗装します。

組立てるとほぼ見えなくなるのですが、自己満足です。
塗り分けたぞ!って気分になれます。

DSCN7762.jpg

エキゾーストパイプの繋ぎ部分にグレーっぽい白を塗装しました。
パイプが入り組んでて筆が入り難いです。
正直ここまで組まないでおけばよかったと思いました。

DSCN7763_2018041921262811f.jpg

続いてエキパイの塗装です。
ここは一旦ガンメタルを塗装しておきます。

DSCN7765.jpg

ガンメタの乾燥待ちの間に紹介を…
ガイアノーツのエナメル塗料です。
汚し専用の塗料を買っておいたので今回初めて使ってみます。
使ってみたかったのです。

どうなったかは後ほど・・・

DSCN7767.jpg

続いてはこちら、タミヤのスミ入れ塗料です。
トラックの外身は綺麗に作りますが、エンジンは使用感が欲しいので
今回これで、油や埃ススといった使用感のあるエンジンにしてみます。

DSCN7768.jpg

黒過ぎず茶色過ぎずといった風合いで適当に2色を混ぜました。

DSCN7769.jpg

こいつを塗料が溜まらないように気をつけてエンジン全体に伸ばしていきます。
万が一溜まってしまったら、溶剤分を多くして溶かしながら広げていきます。

濃くなりすぎるとわざとらしいので若干元の色より黒っぽくなったかな位で止めています。

DSCN7770.jpg

こんな感じに仕上がりました。
いい感じの使用感が表現できたのではないでしょうか。

DSCN7771.jpg

エンジンにその他の部品を取付けていきます。
エキパイも取付けました。
先程の赤錆黄錆で適当にそれっぽく塗装したものです。

DSCN7772.jpg

組み込むと完全に見えなくなるのでファンを取付けた状態で一枚。

DSCN7773.jpg

ラジエーターを付けると完全に見えなくなります。

DSCN7774.jpg

DSCN7775.jpg

前後のホイールを取付けて下回りは完成です。
次回は室内を攻めていきます。

次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!


筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 20:20:16 «edit»

Category:製作ハウツー 名鉄パノラマスーパー

【めいてつ!】悲願!パノラマスーパーを完成させます! 第七回 

乗秀です。ここ数日の気候の不安定さか、それとも春眠暁をなんとやらか、寝起きがしゃっきりとしません。もともと目覚めが良くない方なので、これ以上悪くなるのは勘弁願いたいです。早く安定した暖かな日々が訪れないかしら!

パノラマスーパーの続きをやっていきます!
今回は裏で前回の残念な部分の修正に時間を割いていた為、掲載出来る画像が普段より少ないです。申し訳ありません。
それともう一つやべ! と思った点が…。

DSCN7662.jpg
上のラインを入れ忘れていた事に気づきました。
今から入れれば良いだけの話なんですが、もうあとは修正してラインは終わりだー! と思っていたので、ショックでか丸です。(ショックでか丸は弊社代表が使うフレーズの一つです)
修正完了次第、中間車とセットでやろうと思います…。

DSCN7649_20180416200247437.jpg
さて、停滞していてもしょうがないので、先に進めるべく中間車のライン入れに乗り出します。
当たり前ですが、電車は編成でつなげてなんぼです。先に仕上げた先頭車輌をマスターにして、このラインの高さを残り4輛に正確に反映させなければなりません。

DSCN7655_201804162002493c1.jpg
マスキングの際、定規で高さを測るのはもちろんの事、先に塗装した車体と合わせて高さが揃っているか何度も確認します。ここで気をつけたいのは、端が合っていても真ん中でテープが膨らんでしまう事があるのです。中心箇所もしっかり高さを合わせて確認しましょう!

DSCN7656_20180416200250a12.jpg
先頭車同様、先に裾から仕上げます。以前解説した通り、くつずりに合わせてマスキングすれば全車両ピッタリな位置をキープ出来ます。

DSCN7657_20180416200252ec6.jpg
太い赤ラインをマスキングします。ラインが曲がっているかどうか、真正面からチェックしたり定規で高さを測ったりするのも効果的ですが、画像の様に手前から奥へ見渡す様に観察すると、小さなたわみにも気づきやすくなります。私はマスキング以外に、組立て段階でウインドシルや雨樋を張る時にこの方法でチェックしています。

DSCN7661_201804162002537af.jpg
4輛分一本目の赤ラインを引いた所で、今回の作業はここまで! 二本目のラインまでは入れたかった〜!
上のラインは8輛いっぺんに入れたいですね! ちょっと作業が詰まり気味なので、もっと頑張ります。


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:13:23 «edit»

Category:模型総合病院

【模型総合病院】透明パーツ、破損してしまったら・・・?【その15】 

模型総合病院、おかげさまで大好評を頂いております! 形ある物のほとんどをどこが壊れていたか分からないくらい綺麗に直す当サービスですが、実はそのままでは元通りに直せない物がございます。それは透明な部品です。
ガラスやアクリル、プラやレジン等の透明部品は、表面に細かなキズが入ってしまったという症状であれば磨いて直せる可能性がありますが、ひびが入ってしまったり割れてしまった物に関しては元の透明な部品に戻す事は出来ません。
透明パーツが破損したご相談については、基本的には下記をご提案しています。

1,破損箇所を直した上で透明レジンで複製する。
2,破損箇所を目立たないように薄く塗装をかけてぼかす。
3,破損箇所と同様の部品をご用意頂いて取付ける。

弊社でお問い合わせを頂く修理品はメーカーで対応出来なかった事例が多くを占めている為、3で対処出来ない状況がほとんどです。1ですとキズがない状態に戻りますが、透明レジンは時間の経過で黄変してしまい長い間綺麗に保つ事が困難です。
今回は2で対応した事例をご紹介します。

CIMG0038.jpg
商品はコトブキヤ製「遊★戯★王」登場の蒼眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)です。この製品は非常に人気が高い一方で、造形が繊細である故に端が折れ易い事と、重量があるため長期間飾っていると自重に負けて折れてしまうことがあるようで、弊社での修理お問い合せフィギュアの中でも群を抜いて多いのです。

CIMG0040.jpg
シルバーカラーも色の調整が難しく修理の難易度が高くなりますが、その点については相当な経験を重ねてきましたので問題ありません。問題はこの次です。

CIMG0039.jpg
台座と繋がっているクリスタルの部分ごと、足首が折れてしまっています。ここと羽の破損が多い様で、弊社で請けた修理は全てどちらかが破損していました。
先程の説明通り透明度を維持しての修理は不可能という事で、上から色を被せてぼかす方法で対処しました。

CIMG0043.jpg
上から白をかぶせることで、透明感のイメージを損なわない範囲で破損部分をぼかしました。破損した箇所を補強する為、金属線で繋いでいる都合上折れた箇所よりも広い範囲でぼかしを入れています。また、なるべく自然に見える様に真っ白ではなくて乳白色を乗せています。

CIMG0041.jpg
CIMG0042.jpg
他の所は普段通りにどこが破損したか分からない仕上がりに! メタリック色も限りなく直して修理します。

今回の様に「元通りの仕上がり」というのが難しい状態もあります。それでも破損した状態から最も綺麗に見える修理方法をご提示致しますので、これは難しい・・・と思う様な破損でも一度ご相談下さい。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 18:44:49 «edit»

Category:製作ハウツー 航空母艦赤城

第1回【航空母艦 赤城】製作開始です〜!! 

こんばんは〜よこぽんです!
もうすっかり4月になって暖かい日が続くんだろうなぁ〜なんて思っていたのですが
まだまだ寒い日が垣間みえて身体がついていきません><
皆様、お互いにお身体気を付けましょうね〜

それでは、本題に入ります。
実は前回、次はスカイライン製作再開を予定していたのですが、実際にR30、31、32と私自身が実車を乗り継いできましたのでなんかしっくり来ていない部分が多いので少々完成イメージが出来上がるまで保留とさせて頂きたいと考えております。誠に申し訳ありません。
多少なり、当時の手を入れたカスタムスカイラインにするのも気になっておりますのでどのようになるかはお楽しみに!

という事で、今回からは【航空母艦 赤城】の製作を進めますので暫くお付き合い下さい。
キットは、FUJIMI製1/700ミッドウェー海戦の大和、赤城セットを使用しております。
箱のくたびれ感を見て頂くとお分かりになると思いますが結構古いキットですね。
2012年スポット生産されております。
DSCN7401_20180410170129b4c.jpg

箱の中身がこちら。
流石に2艦分のボリュームなので細かい分、パーツ点数は多いですね。
DSCN7402_201804101701306bc.jpg

資料も色々用意してじっくり確認しながら製作していきたいと考えております。
DSCN7403_201804101701321a5.jpg

早速、説明書通りに製作開始!!
細かいパーツ等は、このようにピンセット等で持って取付けます。
DSCN7408.jpg

すぐに歪みも発覚し、プラ用接着剤以外にも瞬間接着剤も使用しながら調整して進めます。
1つ1つ、きちんと合わせて調整していかないと後で組立てた際にすごく隙間が開いていたり段差が大きかったりと
いう可能性もありますので十分気をつけてくださいね。
DSCN7409.jpg

DSCN7406_20180410170133c20.jpg

実はここのパーツ、結構歪みがあって接着しながらもテープで引っ張っております。
ヘコんでいる部分の上ラインの直線差を見て頂くと分かると思います。
DSCN7410.jpg

DSCN7411.jpg

実際に張り合わせる箇所もペーパーで均して面を作ってから接着しましょう。
DSCN7412.jpg

均して面をつくってもパーツの合いが良くないと隙間が出来てしまうのでその調整も一緒に行いましょう!
DSCN7413.jpg

実は救助ボートも結構積んでいるのですね〜
このキットは、サイズ的にデフォルメされているので、実機の数よりだいぶ少ないのでしょうね。
DSCN7416_20180410170144b5f.jpg

バラストももちろん入っております。
さすがに金属製の戦艦であれば重量感は多少なりとも重要ですよね!
DSCN7417_20180410170145957.jpg

今この段階でも、まだ組立説明書の1/3くらいですかね〜
パーティングライン消しや隙間埋め等の下地処理は進めておりませんので先が長そうですね><
DSCN7418_20180410170147d3f.jpg

ですが、完成したらそれだけかっこいい仕上がりになると思いますので是非応援お願いします!
やはり、完成イメージとしては多少の汚し等を入れた方がよいかな〜と…
そんなこんなで、今回はここまでです。
DSCN7419_201804101701480d6.jpg

次回もお楽しみに!!

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top