Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
Posted on 21:05:12 «edit»

Category:製作ハウツー ガンダムMk-II/ガルバルディベータ

【目指せRGテイスト!】ガンダムMk-II VS ガルバルディベータを作ります! 第八回 

乗秀です。
前回で関節機構を一通り組み込んだガルバルディ、今回からはいよいよ加工しながらの表面処理に入ります!
ここからの加工は第1回時にちらりとお見せしたデザイン画を基に進めて行きますが、作業中に「ここの部分、こうした方が良いな!」という判断から部分的に変更して行く可能性があります。途中でディティールが変わる場合もございますので、予めご了承下さい。

それでは作業に入って行きます!

ステップ2 ディティール加工・追加

最初に手を付けたのは前腕部分です。モナカ割りで構成された部品の継ぎ目処理・・・の前に、幾つかやっておくべきことがあります。この部分は改造の有無に関係なく、特に旧キット製作の際には是非とも覚えておきたいテクニックですので、バッチリおさえて下さい!

CIMG9790.jpg


画像をご覧頂けると分かると思いますが、分割されてしまった凹モールドがあります。このモールドをそのままにして接着・継ぎ目消しに入ろうとすると、奥まったモールドにカッターやサンドペーパーが届かず、処理が困難になってしまいますし、よしんば届いても綺麗に整形するのに結構な手間を要します。
ここはモールドを一旦取り除いて、プラ板で裏打ちをしましょう。

CIMG9792.jpg


まずは凹モールド部分をカットします。このときまわりを切り過ぎないように気をつけて、刃が入って行く深さをよく確かめながら作業をしましょう。

CIMG9793.jpg

カットして断面を処理しました。四角い穴が空きましたね。この裏にプラ板を貼り、凹モールドの処理を簡易化するのですが、プラ板を貼る前にもう一手間かけます。

CIMG9795.jpg

部品のプラ厚は1㎜あり、このままプラ板を貼るとかなり深い印象の凹モールドになります。深さはお好みですが、私のイメージではもう少し浅くしたい所です。
そこで、プラ厚を半分まで減らします。

CIMG9794.jpg

やり方は簡単で、断面の中心部からカッターを入れて、ある程度の所までカットします。このとき刃が斜めにズレていると、カットの途中で刃がプラを貫通してしまい、盛大に部品をえぐってしまいますので要注意!

CIMG9796.jpg

薄くしたプラの裏にプラ板を貼ります。貼り付ける前にサイズを合わせておくと楽に作業出来ます。

CIMG9797.jpg

これで継ぎ目処理いらずの凹モールドに仕上がりました!
よ〜し、これで接着に入れるぜ〜・・・と思いきや、また怪しい部分が。

CIMG9798.jpg

手首の方に来るインテークだかルーバーだかのスジモールド! 先程の凹モールドよりも継ぎ目処理が面倒な部位です。もちろんここもくり抜いて置き換えちゃいましょう!

CIMG9800.jpg

くり抜く工程は同一で、こちらでは裏打ちするプラ板に一手間をかけます。
プラ板に等間隔にスジを入れて行き、同じ様なモールドを作ります。スジ彫りのやり方は後述参照ですが、ここで力を入れるとプラ板が切れてしまうので、くれぐれも力み過ぎないようにしましょう。

CIMG9802.jpg

加工したプラ板を貼る前に、スジを入れた際に生じたプラのめくれを除去して綺麗に整形します。これを忘れて貼り込んでしまうと、結局処理がめんどくさくなってしまうので、必ず貼る前に行います。

CIMG9803.jpg

こちらも裏から貼り込んで完成! 一番めんどくさい所の処理がこれで飛ばせました。
やっと接着出来る〜! しかしここで浮き足立ってはいけません。このキットは旧キットです。部品同士が綺麗に合わない場合があります。

CIMG9805.jpg

部品同士がぴったり合わない場合は、断面をサンドペーパーで均してから接着します。ガイドピンを切り飛ばしてでもこの作業をやるかやらないかで、この後の合わせ目処理の手間が変わってきます。
これでようやく接着の工程に入れます。やった〜。

CIMG9806.jpeg

通常はMk-II製作の際にご紹介したプラ用接着剤で組立てて行きますが、一刻も早く仕上げたい! という場合は低粘度の瞬間接着剤を継ぎ目に流し込んで強引に接着するのも手です。低粘度ならば流し込み接着剤並みに奥まで流れてくれる上に、特性上あっという間に硬化して部品同士をおさえてくれる点が強みです。
この方法でもパテ等で継ぎ目を処理すれば綺麗に仕上げられますが、注意点として瞬間接着剤は衝撃に弱く、ふとした衝撃で継ぎ目が割れてしまうことがあります。プラ用接着剤はプラ同士を溶着させているのでこうした事故は比較的発生しません。部位に応じて適材適所を選びましょう。

CIMG9808.jpg

継ぎ目に沿ってアルテコSSP(瞬間接着パテ)を充填して、サンドペーパーで均していきます。この工程はどのプラモデルでも共通ですね。
古いキットの場合、貼り合わせたそれぞれの部品のプラ厚が異なっていてどう合わせてもズレる! というケースがあります。なるべく段差を作らないように合わせるのはもちろんですが、どうしても合わない場合は段差の分パテやプラ板でかさ増をするか低い方に合わせて削り込むかで対応しましょう。


継ぎ目処理を終えたら、いよいよディティールの加工に入ります。
まずはこれから嫌という程やる事になるスジ彫りから解説します。

44998.jpg

複雑なスジ彫りにはガイドが必須です! その中でも便利なのがHi Qパーツ製のスジ彫りガイドテープです。低粘着力ながらもプラにぴったりと食い付き、テープが樹脂製なので強度がありスジ彫りの際に力が入ってもテープがズレたりきれたりしないのです。透明なので貼り込んだ部分のモールドも確認しやすい点も特徴です。

CIMG9811.jpg

いきなり彫り込むと着地点が分からなくなる為、予め部品にモールドのラインを書き込みます。

CIMG9812.jpg

テープを適当な長さでカットして、部品に貼り込みます。粘着力が弱い為一度でも貼り直しをしようとするとさっぱり食い付かなくなってしまいますので、なるべく一発で位置を決めるようにしましょう。

CIMG9813.jpg

貼り付けた状態です。段差をまたがないようにテープをカットして、隙間無く密着させる事がポイントです。

CIMG9814.jpg

このガイドに沿ってケガキ針等でスジを入れていきます。ここで一番重要な点、それは力を入れないこと! なるべく全身の力を抜いて、撫でる程度の力で何度もスジを入れましょう。なかなか深く入らないからと言ってすぐに力を入れてしまうと、ガイドからズレてしまい傷の修正をしなければならなくなります。

CIMG9815.jpg

ガイドに沿ってなぞり終えたら、好みの深さや幅に合わせてカッター刃の先端を立ててなぞります。刃の角度でモールドの幅を変えることが出来ますが、この部分の調整は経験に依る部分が大きいので、失敗を恐れずに何度も挑戦しましょう!

CIMG9821.jpg

ここで丸みを帯びた全体のエッジを立たせていきます。広い面はサンドペーパーで磨いて作りますが、狭い面はカッターで削いでエッジを立たせていきます。形を崩さないように、ここでも力を入れ過ぎずにカンナがけしていきましょう。

CIMG9820.jpg

段差のあるモールドは、まずカッター等で落とし込みたい深さに切り込みを入れます。切り込みの深さに沿ってカットしていき、平らにならせばOK!

CIMG9823.jpg
一通り彫り終えた状態です。ここから綺麗に整形して、更にディティールを追加していきます。

今回はここまで! 全箇所のモールド追加工程を掲載するとものすごい量の画像数になってしまうので、細かな部分は端折りながら解説していこうと思います。
次回はディティールの追加工程にも触れていく予定です!

筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:33:13 «edit»

Category:製作ハウツー ゲパルト自走対空砲

ドイツの対空戦車【ゲパルト!!】を製作しちゃうぞ〜 第ニ回 

みなさま、こんばんは〜
12月は、イベント多しでワクワクワクワクのよこぽんです!
早速、ゲパルト!!の第二回に突入します〜

前回で、組立てが終了しておりますので、今回はパーティングラインの処理やピン跡のパテ埋め等で下地を仕上げます。
まずは、前回のおさらい…組立て画像をもう一度…

CIMG9162_20161119191537252.jpg

そして今回の作業は、まずは合わせ目やパーティングラインをカッターの背の部分で処理をしてペーパーの800番で仕上げます。
実はこのキット、この処理しないととっても気になってしまう箇所が結構多いので根気よく頑張りましょう!
一緒にフィギュアもパーティングラインを処理しておきます。

CIMG9701.jpeg
CIMG9704.jpeg
CIMG9707.jpeg

次に、ちょっとした加工で見映えが良くなるのでまずは発煙弾発射機4基左右の下に飛び出した部分をニッパでカットして平らにならします。

CIMG9709.jpeg
CIMG9710.jpeg

この様に、横から見ても下に出っ張りが見えないようにすればOKです!

CIMG9715.jpeg

次に、対空機関砲の先端に弾が通る為の穴を開けておきましょう!

CIMG9716.jpeg
CIMG9718.jpeg

この2点を行うだけでも、だいぶ見映えは変わりますのでぜひ実践下さいね。

CIMG9730.jpg

次に、缶スプレーのサーフェイサーを吹き付けます。
(実際はベランダにて晴れた日に行うのですが、写真を取り忘れてしまいましたのでこの写真だけは、室内の換気用ブースの前にて吹き付けております。)
塗料の定着を良くし、多少なりとも平滑になる手伝いもしてくれるのでサーフェーサーはプラモデルの製作では欠かせないアイテムですね!

CIMG9702.jpeg
CIMG9722.jpeg

いよいよ、ここから塗装へとはいっていきます〜
まずはオリーブドラブを缶スプレーにて…あ、在庫切れ><
以前、似た色を調色して作った色でまずは基本の1色目を塗装します!!

CIMG9726.jpg

ん!?オリーブドラブ??だいぶ明るいような…
あ!なんと…この色は、他で使う為に白と黄色を多めに入れて作った色だったのです…
次回は、この基本の色が変わっているところから始めますね…トホホ
それでは、本日はここまでです。

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 20:58:55 «edit»

Category:製作ハウツー ピーチ エアバスA320

【りょかくき!】ピーチ エアバスA320をピッカピカにつくるよ!その7【完成!】 

今年もあっという間で12月。残すところ1ヶ月を切りました。
皆さんやり忘れている事はありませんか?
どうも、後悔いっぱい杉山です。

ではでは、後悔なきよう今回でpeach完成させちゃうよ!

ってことで、前回はウレタンコートまでやりましたね。
硬化してピッカピカになりました。良いですね。
CIMG9629.jpeg
CIMG9630.jpg

ただ、吹きっぱなしだとデカールの段差やゴミや塗装面の波打ちが大変気になります。
で、本来ならここでウレタンの研ぎ出しを行うのですが、前回お話したとおりやりません。
まずは、デカールや塗装の段差をとるため1000〜1500番のペーパーで段差を取って行きます。
大まかな段差がとれたら、塗装面の波打ちを消す為に全体に1500番のペーパーで均一に均して行きます。

表面が綺麗に見えてもペーパーをあてればこのとおり。
CIMG9631_20161205204842322.jpg
意外とデコボコしているものです。
CIMG9633_20161205204843c43.jpg
このくらい均せれば十分でしょう。

エッジ部分やモールド周りはウレタンコートが薄くなりやすく簡単に地が出てしまうので注意しましょう。
磨き残し無くペーパーをあてなければいけないというものではありません。あまり目立たない所や磨きにくい所はやる必要はありませんよ。
どのみち均した後もう一度仕上げ用にウレタンコートするので全く問題無いのです。

全体を均し終わったら仕上げ用のウレタンコートといきましょう。
ウレタンの吹き方は基本的には一緒ですが、私はウレタンを混ぜる際の混合比を少し変えています。
仕上げ用ですので「しっかりコートする」というよりは「研ぎ出しの必要の無いくらいの綺麗なコート面をつくる」ことが目的ですから、なんとか薄く吹き上げたいのです。
1回目吹いたときは主剤10:硬化剤1(今の時期は硬化剤2)で希釈剤をほんの少量で作りましたが、仕上げ用には希釈剤を通称の3倍くらい入れています。といっても比率で言うと10:1:2〜3くらいのものです。
ただあまり希釈剤を入れすぎると吹きやすくなり吹いた直後は非常に綺麗にみえるのですが、硬化時に希釈剤のシンナー分が揮発してしまいウレタン特有の光沢感が出なくなってしまいますので注意しましょう。
吹く際はなるべくゴミを乗せないようにしましょう。

さて2回目(仕上げ用)のウレタンが吹き終わりました。
CIMG9634_2016120520484435e.jpg
お、いい感じですね〜。これなら研ぎ出しの必要はなさそうですね!

硬化後
CIMG9637_20161205204900bf2.jpg
CIMG9643.jpeg

と思ったのですがやっぱりゴミって乗りますね。どんなに気をつけても乗っちゃいます。
乗っちゃったら仕方が無いのでその部分のみ研ぎ出して綺麗にしましょう。

2000番のペーパーを使います。
CIMG9638.jpeg
CIMG9640.jpeg
ゴミが乗った箇所の周辺と馴染ませる感じでペーパーをあてます。力を入れずに撫でるようなイメージです。

光に当ててやるとよく見えます光沢の段差が無くなればOK。コンパウンドで磨いて綺麗にします。
コンパウンドの磨き方はこちらを参考にしてみてください。

CIMG9639.jpegCIMG9644.jpeg

はい、綺麗に消えました。
これを目立つとこ全部にやっていきます。全部と言っても気にし始めるとキリが無く、気づいたら全体磨いてました!となりかねないので程々に。

そしたらランディングギアなど細かいパーツを付けて行きましょう。

CIMG9647.jpg
そうそう、脚の格納部はこタイミングで塗装します。先に塗ってもいいのですがマスキングも面倒ですし、どのみちウレタン後に光沢を落とす必要があるのでこのタイミングで問題ありません。ただ奥まっていてエアブラシで塗装しにくいので注意しましょう。

CIMG9662.jpeg
ベースも出来ました。
前回製作した支柱を立てて結構様になってるでしょ。
色は無難に黒で。
(「おっしゃ、ベースはピーチカラーっしょ!」とピンク色にしたら本体を付けた時にベースと一体化しちゃってダサいことになったというのは内緒)

さていよいよ完成です!
CIMG9667.jpeg

いかがでしょうか。
なかなか面倒なキットでしたが頑張った甲斐がありました。
大変なのは塗りわけくらいだと思っていたのに、パーツが合わなかったり、合わなかったり・・あと合わなかったり。
苦労した分完成時の感動も一入です。
CIMG9668.jpeg
CIMG9669.jpeg
CIMG9674.jpg

表面が広い分、ウレタンコートがかなり利いていますね。
実機はここまでピカピカではありませんが、模型映えというやつっでしょうか。
ディスプレイモデルはこのくらい光沢がある方がカッコいいと思うのは私だけではないはず。
カーモデルだけじゃない旅客機のウレタン仕上げも全然有りだと思います!

皆さんも是非挑戦してみて下さいね。

さあ、次は何を作ろうか!お楽しみに!

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:45:28 «edit»

Category:製作ハウツー 未来型水上バス ヒミコ

【やまたいっ!】卑弥呼様〜〜! 未来型水上バス ヒミコを作るよ④ 

まいどっ!!

日が落ちるの時間が早くなりましたね。
ついさっきまでまだ明るかったのに、気づくと真っ暗…
外でする必要のある作業は明るい内に済ませてしまわないと
夕方になると作業できなくなってしまうので困ったものです。

寒くもなってきてバイクに乗る機会も減るかなと思いましたが
暑かろうが寒かろうがバイクに乗るのには関係ありませんな!
乗りたきゃ乗る!適当な感じですね(笑)

前回までの水上バス ヒミコはこちら 全てのパーツの基本塗装が完了した所までです。

それでは続けて行きましょう!
CIMG9542.jpg

前回塗装した窓枠パーツですが、やはり球形の窓のマスキングをするのに
直線主体で切り出されたマスキングテープでは塗料が漏れますね。
マスキングテープの足りてない箇所は適宜細切りマスキングテープを重ねて
万全を期すべきでした。
塗料の漏れを修正していきます。

CIMG9545.jpg

はみ出した箇所はカッターの背でカリカリと削り取りました。
パーツを傷つけないように慎重に削ります。
幸い今回は塗料が足りていない箇所はありませんでしたが
足りていない箇所はもう一度マスキングをして塗装すると綺麗になります。
シルバー等メタリック塗料は筆で塗っても綺麗にタッチアップ出来ないので
面倒でもマスキングをして再度塗装するのがいいでしょう。

CIMG9546.jpg

全体のタッチアップが完了したのがこちらです。
ここで前回塗装した細かいパーツを取付けていきます。
乗降ドア等の手すりのパーツなのですが
かなり細かくてピンセットでつままないと上手く扱えないのですが
ピッタリの数しか用意されていないのでくれぐれも失くさないように
注意して取付けましょう。
取付け途中で3度も失くしたのは内緒です
日頃の行いが良いせいか無事発見できましたが(笑
全体のイメージを見たかったので底パーツに乗せてみました。
このあとデカールを貼ります。

CIMG9547.jpg

デカールを貼った画像です。
片側3枚 左右合計6枚しかありませんので過程は省きます。

CIMG9573.jpg

デカールが乾燥したので窓パーツには光沢クリアー
底パーツには半ツヤクリアーでコートしてあります。

ここで終わりではなく、もう一手間加えてみたいと思います。
水上バスは水の上を走る乗り物です。
当然、水しぶきを浴びる場面もある訳です。
そこで、水しぶきをあびて若干汚れた水垢を表現してみたいと思います。


CIMG9574.jpg

水垢の表現に使うのはこちら。
タミヤのエナメル塗料のダークグレイです。

普段の塗装で使うラッカー系塗料の上に塗っても下地の塗料を
侵しにくいので墨入れやウェザリングに重宝する塗料です。

CIMG9575.jpg

ダークグレイを水垢が付きそうな場所を想定して点で置いていきます。

細かく点を置いたり、細い線で書き込んだり、と臨機応変にやっています。
適当ともいいますが…

一通り塗料を置き終えたら、筆にエナメル塗料のシンナーをつけて
先程の塗料をぼかしたり流したりしていきます。
どの程度残したりぼかしたりするかは完成のイメージ次第で
適当に…やっていきます。

CIMG9576.jpg

一番水際の窓に施してみました。
うっすらと汚れているのがわかりますでしょうか。

CIMG9577.jpg

雨どいは流れて来た雨などが埃や空気中の油を巻き込んで溜まっているイメージです。
雨どいの直下は逆に綺麗を保つことでメリハリをつけてあります。

CIMG9578.jpg

屋根は割とランダムに濃淡を残してみました。

CIMG9580.jpg
CIMG9581.jpg
CIMG9582.jpg
CIMG9583.jpg
CIMG9584.jpg
CIMG9585.jpg
CIMG9586.jpg
CIMG9588.jpg

そんなこんなでやっとこさ完成しました。
クリアーパーツとグレーの底パーツの状態ではイメージが全く涌きませんでしたが
完成してみると、松本零士先生のデザインだってのが良くわかりますね。
水の上ではなく宇宙に向けて飛んでいきそうな形をしております。

水上バスは今回で完成ですが、オマケがまだ残っておりますので
続きはまた次回っっっ!!

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:33:58 «edit»

Category:絵日記

【やきばり!】ダメージ表現の模索です! 

乗秀です。製作ハウツー記事に入ってからその事しか書いていなかったので、久しぶりに過去の模型エピソードを書こうと思います。

乗秀少年が模型を触り出して数ヶ月、模型に対して「手のひらに収まる玩具」から「実在する(したらいい)ものの縮小」とおぼろげながら認識し始めます。
実在しないガンプラは、「本当にあったらこうだろう」という解釈の中で様々な表現が施されてきました。

img01_20161201185633126.jpg
その中でも分かりやすい表現がダメージ表現です。ウェザリング(汚し)よりも更に踏み込んだ、実際に戦って壊れたらこうなる(だろう)解釈を模型に盛り込み、あたかも本当に激戦をくぐり抜けたかの様に改造をするのです。

img02_201612011856348f7.jpg
空陸海宇宙と場所を選ばずドンパチを続け、ロボットが兵器として描かれるガンダムシリーズにはとても相性がいい表現方法で、色々なシチュエーションを想像して盛り込むことが出来ます。

このダメージ表現、突き詰めるととても奥が深く、様々なテクニックが要求されます。もちろん初心者には難しい方法もあり、模型を初めて数ヶ月の小学生には簡単に出来ない・・・と思いきや、実は幾つか簡単に出来る方法があります。

img03_20161201185636692.jpg
そのひとつが焼き針です。
やり方はとても簡単で、針等金属の棒状のものを火であぶり、熱いうちにプラに押し付けるというもの。

CIMG9528のコピー
実際にプラ材で試した画像がこちらです。熱が加わった所がめくれ上がり、中心部はめくれた分プラが減ります。
本物の弾丸があたった様な雰囲気とはまた違いますが・・・

img04_2016120118563745b.jpg
ガンダムではビーム攻撃が沢山出てくるので、この熱でめくれた表現が違和感無く組み込めます!
この表現を覚えた少年は、激戦をくぐり抜けたリアルなガンプラを目指して作業します。

img05_20161201185657e53.jpg
「ここ弾当たるんじゃね?」と思った所に片っ端から焼きを入れて行きます!
頭、胴体、腕、脚・・・と、全身のありとあらゆる所を穴だらけに!
この弾痕こそが今出来る最大限のリアル表現なり!!


img06_20161201185659030.jpg
通りがかりの姉に「うわっ!なにそれ、虫食い?」と言われて我に返るまで作業は続きました。
冷静になってみると、目の前には可哀想なくらい穴だらけになったザクが・・・無計画に酷い事をしてごめんよ。

虫食いまではいかないにしても、焼き針でのダメージ表現は凄い存在感があります。入れすぎるとかえってわざとらしくなってしまいリアル感を損なってしまいますので、全体のバランスを良く考えて行いましょう。
何事もやり過ぎは良くないと学んだ体験でした。

img07_20161201185700ef7.jpg
ちなみに途中やり過ぎて火災報知器を鳴らしてしまいました。わずかとは言えプラを溶かす作業ですので、有毒ガスが出ないように気をつけて、換気に配慮した上で行いましょう。


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top