fc2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
カテゴリー「製作ハウツー Schwinn Continental 10-speed racer 」の記事一覧

    

Posted on 20:54:27 «edit»

Category:製作ハウツー Schwinn Continental 10-speed racer

【けった】Schwinn Continental 10-speed racer ④ 

まいどっ!

はじめちゃんです。
温かくなってきました。
ビールがおいしい季節が近づいてきております。
実は私、炭酸飲料って苦手なんです。
ビールの炭酸は全然平気なんですが、清涼飲料の炭酸はどうも…喉に染みません?
炭酸苦手なんですがたまに飲みたくなるのがドクターペッパー。
あの味は癖があるので嫌いな人の方が多いようですが…
最近はまっているのはA&Wのルートビア
一般的には飲むサロンパスと言われておりますが、あの味も虜です。
永山の駅周辺でも取り扱っているお店がありますので、用事で駅前に行った際には
買って帰っております。

さて今回もチャリンコの続きから
前回はこちら

早速続けて参るっ!

DSCN8789 (2)

前回処理していなかったパーツの処理です。
ブレーキやらなんやらです。
写真は事後の写真です。

この後は塗装色毎に仕分けして下地材を塗布していきます。


DSCN8790 (2)

メッキ塗装をするパーツです。
プラだけのパーツはサフを
ホイールは金属を使用しているので金属用のプライマーを塗布しました。

DSCN8791 (2)

フレームは赤で塗装するので、ガイアのピンクサフを塗布しました。

DSCN8792 (2)

ペダルやら何やら金属素地のパーツです。
こちらは通常のグレーサフです。

DSCN8793 (2)

メッキ塗装するパーツ群は下地として白を塗装しておきます。
このパーツ群は本日の作業はここまでです。
この後はメッキ用の下地材→メッキ塗料→専用クリアと工程が待っておりますが
今まで急いで事を進めて上手くいきませんでした。
どうやら完全に乾燥させてから次の工程に進まないと
上塗りの塗料の溶剤分で下の塗膜を犯してしまい綺麗なメッキにならないようです。
てな訳でこいつらの処理は次回更新までに毎日ちょっとづつ進めておきます。

DSCN8794 (2)

フレームに赤を塗装しました。
下地ピンクからの赤塗装なので綺麗に発色してくれております。

DSCN8795 (2)

金属色のパーツたちです。
基本塗装は完了なので、細部を筆で仕上げて行きます。
具体的にはブレーキシューとチェーン周りです。
ハンドルのグリップは塗装ではなく本物っぽく黒いテープを巻いて仕上げてみます。

DSCN8796 (2)

細部の塗装も終わりました。
ハンドルのグリップは何かそれっぽくなりましたね。

DSCN8797 (2)

フレームも様子見で組んでみました。
これだけみると自転車趣味の人がメンテしてる画像に見える。

DSCN8798 (2)

現状で組めるとこまで組んでみました。
あとはホイールが仕上がれば完成です。

次回は完成をお見せできることかと思います。
次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。宜しければ拍手をば…
スポンサーサイト



tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 20:41:46 «edit»

Category:製作ハウツー Schwinn Continental 10-speed racer

【けった】Schwinn Continental 10-speed racer ③ 

まいどっ!

好きな女優は若村麻由美のはじめちゃんです。
本日は2月22日 にゃんにゃんにゃんで猫の日らしいです。
我が家の猫は私の帰宅がわかるようで、バイクの音が聞こえるとニャーニャー騒ぐそうです。
にも拘わらず私が玄関のドアを開ける頃には大人しくなって
べ…べつに帰ってきたからって嬉しいとかそんなんじゃないからっ!てな具合にツンデレになります。
ネコのあの愛くるしさが種の繁栄の秘訣らしいですね。
ほんまネコは癒されるわ

さて今回もチャリの続きです。
前回まではこちら
フロントホイールのスポークを張り替えた所でした。
早速今回もな~るほど ざ わ~るど

DSCN9945 (2)

リアホイールのスポークも張り替えました。
作業的には前回のと同じなので途中の写真は撮ってませんが
前回同様社内に悲鳴や叫び声が響いておりました。
やれば見栄えが良くなるのは明白ですが、出来ればやりたくない作業ですわ。

DSCN9946 (2)

続いてはチェーン

スプロケットの歯の周りのバリが酷い状態です。
今回はチェーンの交換まではやりませんのでこのまま整形していきます。

DSCN9947 (2)

先にフレームの接着をした都合でこのままではチェーンが嵌められませんので
一部に切り欠きを入れて後ハメ出来るようにしました。
これで塗装後に組み込めますね。

DSCN9948 (2)

バリの処理等を進めました。
歯のギザギザ復活!歯のギザギザ復活!
烈さん…アンタさ ほんっ…と優しいのな

DSCN9949 (2)

すっかり忘れてたコントールレバーの組み立てをしました。
メッキされてたんでそのまま接着出来ないから、メッキ落とし後にやろうと思って
すっかり忘れてました。
接着面にブレーキホースの受けのモールドがあるのに
そこにゲートを持ってくる鬼仕様
ま、そのまま合わせてもピッタリ合いませんので結局削って調整必須でしたけどね!
元々合いの悪さで出来る隙間にパテを盛ってフィニッシュ。

DSCN9950 (2)

同時進行でハンドル周辺の処理を進めておりましたので
接着出来る所は接着しました。
スタンドを仮付けしてホイールを嵌めて完成像の確認をば
これはいい自転車ですね。

今回はここまで
次回はハンドルの仕上げをして塗装へと移ります。
次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。宜しければ拍手をば…

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:39:45 «edit»

Category:製作ハウツー Schwinn Continental 10-speed racer

【けった】Schwinn Continental 10-speed racer ② 

まいどっ!!
はじめちゃんです。

最近、はまって良く聴いているのが山下達郎です。
え?今更?って言わないで…
今は独特のあの声や歌い方が心地よく感じるようになりました。
今聞いても新鮮に聞こえる名曲の数々ですが、古い曲になると70年代にまで遡るんですよね!
何をどう生きるとあんな曲が書けるんでしょうか。
シンガーとしてだけではなく作曲家としても凄い人だなぁと聞き惚れております。

さて、今回もけったマシーンの続きです。
前回はこちら
接着出来るパーツを接着してメッキを落とした所でした。
早速見て行きましょう!!

DSCN9776 (2)

フロントホイールです。
スポークを張り替えていきます!
模型界の3大苦行の一つです!
覚悟を決めて作業していきましょう!!!

DSCN9777 (2)

先ずはスポークを荒く切り取ってリムとハブに分けました。

DSCN9778 (2)

ハブの周囲に残っているスポークの残りを切り取って
整形しました。

DSCN9779 (2)

スポークを差し込む穴を都合18個開けました。

DSCN9780 (2)

穴あけが終ったら残っているスポークのモールドを削り取って整形しました。

DSCN9781 (2)

リムの裏側にこの後の作業の為、念のために印をつけておきます。

DSCN9782 (2)

印しをつけたので、これなんてパーツなんでしょ?アジャスター?(誰かおせーて)
を切り取ります。
これで片側は下準備完了です。

DSCN9783 (2)

もう反対側も同じ作業をします。

DSCN9784 (2)

左右両面が揃いましたので、今度は先ほどの印をガイドにリムに穴を開けました。

DSCN9785 (2)

リムの穴あけが終りましたので、左右貼り合わせてから中央の合わせ目を消して行きます。

DSCN9786 (2)

0.6㎜の洋白線です。
先端部をハブに引っかけるように曲げた後、40mm程にカットしました。
両面分で都合36本!!
まぁ面倒臭いっすわ

DSCN9789 (2)

続いて用意したのは外径1㎜ 内径0.8㎜のパイプです。
こいつを1㎜の長さでカットしていきます。
この段階でしんどいですわ。

DSCN9790 (2)

1㎜は短すぎて1個づつ測って切ると時間が掛かるので
治具を作りました。
1㎜プラ板に穴を開けた物を用意しました。
この穴にパイプを突っ込んで印をつけて
カッターでクルクルやってカットします。

DSCN9791 (2)

36個切り出しました。
失くす事も考えて少し多めに切り出してあります。
36個切り出す間にいくつの戦士達が儚く散っていったことか…
コロコロやって最後に切れた瞬間にピーンって…
いくつ飛んでいったかわかりません。
4つも連続で飛んだ時は、多摩市の中心で愛を叫びたくなりました。

それでは…これから本当の苦行に取り掛かります。
作業は単純でハブの表裏に順序よくスポークを挿して固定していくだけです。
ですが、微妙な力加減等でなんどもリムからはずれたり中心がずれてたりと…
愛こそ全てですね。

DSCN9792 (2)

そんなこんなで喉が枯れる前に何とか完成しました。

DSCN9793 (2)

リア側はまだなので、ビフォーアフターを見てください。
如何でしょうか!
やっただけの効果はでてませんか?
キットだとスポークが太くて1ミリもありましたが
0.6㎜に交換したことでシュっとした見た目になりました。
スポーツサイクルですからね!
シュっとした見た目にしたいじゃないですか。

と今回はここいらで勘弁してください…
次回までにリアも終わらせておきますので
次回はハンドルやら何やらの処理から再開したいと思います。

オートバイと比べてエンジンが無いだけまだましです。

次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。宜しければ拍手をば…

tb: (0)     com: (0)

go page top