Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
Posted on 20:54:43 «edit»

Category:模型総合病院

【模型総合病院】長年愛した蒸気機関車を綺麗に!【その13】  

模型で悩める貴方へ! 模型総合病院のお時間です。
これまで様々な修理実績を掲載しており、弊社に来るお問い合わせ頂く際に「○○の修理の記事を読んだんですが」とおっしゃるお客様も少なからずいらっしゃいます。
その中でも反響が大きかったのが、蒸気機関車(SL)の修理です。以前梱包用のスポンジが食いついてしまった車輌を綺麗に再生した記事(【模型総合病院】SLにこびりついたスポンジを完全除去!【その8】 )を掲載した所、似た症状のお問い合わせが数多く来る様になりました。
今回は蒸気機関車の修理2つの例をご紹介します。

DSCN9212.jpg
一つ目はこちらの車輌です。ドイツのSLで、黒と赤のコントラストがまぶしい車輌ですが、前面をよく見ると…無数のぶつぶつが付着しているのが分かります。これも劣化したスポンジの食いつきで、表面が荒らされてしまっている例です。

DSCN9219.jpg
そんな症状も、以前掲載したSL同様綺麗な表面へ戻りました! こうした表面の荒れを取り除いてのリペイントは、もちろん荒れた後を完全に消す事も大事ですが、磨き過ぎて周りと比べて明らかに表面の質感が変わってしまった…なんて事も避ける様に、ペーパー磨きも細心の注意を払って行います。


DSCN9923.jpg
もう一つの例は、長年走行させている過程で痛んでしまった箇所の補修です。ご覧の通り、気になる箇所が多いためあらかじめ修理希望箇所を指示してもらいました。

DSCN9919.jpg
走行で痛むケースで最も多いのは、塗膜が欠けて金属地が見えてしまうことです。何度も走らせているうちに、台車やストラクチャーに当たり次第に傷が深くなっていってしまう・・・走行させる鉄道模型ではどうしても避けられない問題です。

DSCN9918.jpg
もう一つ、これは鉄道模型に限らず多いのは、表面の艶がおかしくなってしまう事。同じ所を何度も触っているうちに、表面のツヤ消しコートが剥がれてしまい、だんだんと艶が出てしまう現象です。みんなに触られて頭がピカピカになっているお地蔵様と同じですね。

DSCN9924.jpg
他にも白帯を中心に色が擦れてしまい、下の黒色が見えてしまっている部分がいくつもありました。黒地に白塗装は非常に難しい所ですが…

DSCN9932.jpg
弊社にお任せ頂ければ、ご覧の通りどこを直したか分からなくなる程自然に仕上がりました!

DSCN9933.jpg
金属地が出てしまった箇所は、パテで段差を埋めた上でリペイントをします。これによって塗膜の段差が平滑になり、破損前の状態に限りなく近づける事が出来るのです。

DSCN9934.jpg
テカってしまっていた箇所は、艶のコートを施して元通りの質感へ! ただここは、ケースによっては製品の塗装段階で凹凸がついた塗装を施している場合がある為、そうした表面を再現する場合は意図的に表面を粗めに仕上げて周りと違和感が出ない様にします。その模型それぞれの特性に合わせて、修理の仕方を逐一変えていっているのです。

同じSLでも、お客様の保存状態や使用環境によってダメージの入り方は全く異なります。NAGAEアートプロダクションではその車輌それぞれの特性に合わせて、全く違和感無い様に修理致しますので、ちょっと痛みが気になってきた…という車輌をお持ちの方は是非お気軽にお問い合わせ下さい。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 15:47:50 «edit»

Category:模型総合病院

【模型総合病院】古い味わいを活かしての修理です!【その12】 

不定期で連載している模型総合病院です! この連載も12回を数え、振り返ると本当にいろいろな修理に携わらせて頂きました。(ここで掲載しているのはごく一部ですので、実際は1年で1桁増えるくらいご依頼を頂いております!)

今回はご相談が最も多い、ポリストーン製フィギュアの修理をご紹介します。

DSCN7961.jpg
今回ははじめに修理後の写真をご覧頂きます。
全高50センチを超える大きなフィギュアでして、だいぶ古い製品ですので色のくすみ等が散見します。しかしそれこそがアンティークフィギュアの【味】であり、この様な年季の入った製品の修理は必ずお客様のご要望を伺い、「味を残す」か「完全に綺麗にする」かを選んで頂きます。今回は前者をお選び頂きましたので、古さを尊重した上で以下の修理を施しています。

DSCN6287.jpg
こちらが預かった状態での破損箇所の拡大図です。あちこちに亀裂が入り、素材が破れて剥がれてしまっている箇所も多々御座いました。

DSCN7960.jpg
こちらが修理後です。亀裂の隙間や段差の処理は当然ながら、色合いもしっかり経年変化に合わせて調色しています。

DSCN6288.jpg
ほほにも大きな亀裂! もう少し亀裂が進んでいたら、ボロリと取れてしまう所でした。

DSCN7959.jpg
修理後はここまで自然な雰囲気に! へこみの部分もしっかり処理していますので、凹凸が殆ど分からなくなりました。

DSCN6289.jpg
足にもヒビ! 一番重さがかかる部分なので、このままにしておいたら大変な事になっていました。

DSCN7957.jpg
もちろん修理後は外見でどこを直したか分からない程の仕上がりになりました!

DSCN6290.jpg
腕のヒビは、ヒビそのものも厄介でしたがなによりも製品自体の処理の粗さが目立つところで、普段のノリで修理してしまうと綺麗になり過ぎてしまうため処理の仕方も工夫をします。

DSCN7955.jpg
修理後がこちら。周りの質感を合わせた上で、ヒビが分からない様に処理出来ました!


今回の様に、弊社では「単に綺麗にする」だけが修理でなく、「お客様が望む状態へ戻す」事を第一に修理に取り組んでおります。
もちろん製品の状態以上に綺麗にしてほしい! というご相談もバッチリ御応え致しますので、お気軽にご相談下さい。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 20:12:56 «edit»

Category:模型総合病院

【模型総合病院】古くからの宝物をよみがえらせます!【その11】  

模型で悩める皆様の救世主! 模型総合病院のお時間がやって参りました。
今回も不慮の事故で破損してしまったフィギュアなのですが、破損箇所以外にも手を入れないといけない状況でした。

CIMG5434.jpg
今やパチンコ・スロットでもおなじみ、「新世紀エヴァンゲリオン」のヒロイン、アスカです。レイと並んで現在も高い人気を誇るキャラクターなのですが・・・・ご覧の通り首がなくなってしまっています!
更に肌を見てみると、汚れやくすみがあちこちに! 90年代の第一次ブームの頃から大切にされていたフィギュアとの事で、表面には時間の経過がはっきり出てしまい、首を直しただけでは綺麗な印象に戻らなさそうです。

CIMG5436.jpg
外れている首ですが、よく見ると髪が折れてしまっています!

CIMG5437.jpg
横から見るともう一カ所。

CIMG5440.jpg
幸い前髪側の毛束は部品が残っていたのですが、横の方は完全に欠損しており、作り直さなければならない状況です。

破損の修理に加えて、汚れを極力除去して綺麗な状態に戻したい、というのがお客様からのご要望でした。汚れの除去というのが存外に難しく、拭いて落ちる汚ればかりではありませんので、部分的に同じ様な色を作って塗装して対応しました。
その甲斐あって、このように美しくよみがえりました!

CIMG5464.jpgCIMG5470.jpg
破損や汚れがあったとは一見思わない程の美しい状態によみがえりました!

CIMG5473.jpg
CIMG5475.jpg
もちろん欠損していた髪もこの通り、自然な流れで造形しました。

今回は修理よりも、その後のクリーニングが難しい内容でした。
経年劣化にもしっかり対応致しますので、古いけど思い入れがある・・・という模型も、是非弊社にご相談下さい!

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 18:14:34 «edit»
模型総合病院、久しぶりの更新となります!
模型が破損する原因として、最も多いのが地震や不慮の事故からの落下です。PVCやソフビ等の柔らかい素材で出来ているフィギュア等は落としても無事な事がありますが、大概の模型はどこかしら壊れてしまいます。特に破損しやすいのがポリストーン製で、弊社にお問い合わせ頂く修理品の多くがこのポリストーンで成型されています。
今回の患者様はこちらです。

DSCN6131.jpg
多くの方々に愛されるディズニー作品「ピノキオ」に登場したジミニー・クリケットが、落下による破損でとても残念な事になってしまいました。

DSCN6132.jpg
特に破損がひどいのはこのマッチの部分です。まるで本物のマッチのように裂けてしまっています・・・どれほどの衝撃がかかってしまったか想像出来ますね。

DSCN6133.jpg
他にも首や手首、帽子のつば等あちこちが割れてしまっていました。

何とも痛ましい姿になってしまったこちらが、弊社の手にかかると・・・


DSCN7040.jpg
DSCN7042.jpg
ご覧の通り、どこを直したかわからないくらい綺麗に仕上がりました!

DSCN7045.jpg
首や手首はご覧の通り。実際の商品は筆塗りで仕上げられていたため、修理の際もタッチが変わらない様筆塗りで対応しました。

DSCN7046.jpg
ひどい状態だったマッチは、一度完全に切り離してから繋ぎ直して成型しました。

DSCN7048.jpg
帽子のつばもどこが欠けたかわからないほど自然な仕上がりに! 青紫系のカラーは色味の再現が特に難しく、画像のように周りに合わせるのは相応の経験と技術が必要なのです。

こうして無事に修理が完了したフィギュアは、お客様の元へ帰って行ったのでした。

今回の様な一見修理が難しいと思うほどの破損でも、弊社でしたらこのように綺麗に修復出来ます!
諦める前にぜひ一度ご相談下さいませ。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:07:10 «edit»

Category:模型総合病院

【模型総合病院】バラバラフィギュアを復活!【その9】  

☆ギャラリー更新しました☆

AOBA MODELS   1/80 Scale
国鉄ED46形電気機関車
↑たった一機の交直流両用電気機関車の試作機!素敵なピンクで仕上げました。↑


年度がかわり、当ブログをご覧の方の中には新社会人という方もいらっしゃる事と思います。慣れない事が続き、心も身体も張り詰めっぱなしになってしまいドッと疲れてしまう事もあります。しかし! そんなときこそ皆様が大好きな模型が大なり小なり心の支えになるかもしれません。よりいっそう好きな物やキモチを大事にして下さいませ。
と、いうことで! 今回はそんな大好きな模型が壊れてしまったときの強い味方、模型総合病院をご紹介します!


CIMG0880.jpg
今回の患者様は美少女フィギュアです。最近ではソーシャルゲームも絶好調なFateシリーズの主役の一人ルーラーことジャンヌ・ダルク。お客様がネットオークションで入手されたとのことで、よくできたガレージキット完成品なのですが・・・部品が軸打ちされておらず、倒れた際に写真のようにバラバラになってしまったとのことです。
実は弊社にご相談が来るガレージキット完成品は、今回のように軸が入っていないせいで同じ様な状態になってしまった・・・と言うケースがとても多いのです。

軸打ちって何かしら? という方の為に解説致します。
ガレージキットは最近のプラモデルと違い、部品をはめ込むだけで組立てることはできません。プラモデルは樹脂同士を溶かして接着する専用の物がありガッチリ固定出来るのですが、レジンの場合は接着剤自身が固まるタイプの物でないと固定出来ません。主にエポキシ樹脂系の接着剤を使用するのですが、キットによって部品の接合部がきちんとしているものとそうでないものがあり、接合部がきちんとしていても重さを支えきれないためどちらの場合でも金属線で部品を繋げる軸打ちという作業が必須となります。
この作業をきちんと行えば、自然に部品が取れることはもちろんちょっとぶつかったくらいではびくともしないくらい頑丈になります。
しかしながら全身の接合部を見直す必要があり手間がかかる作業なので、敬遠するモデラーさんもいらっしゃる様です。瞬間接着剤を流すだけでも固定はできますが、強度は雲泥の差ですので長い間綺麗な状態で飾りたいとお思いならば絶対に省いて欲しくありませんね。


CIMG0882.jpg
後頭部は接合部ごと割れてしまい、髪の毛先も無くなってしまっています。折角綺麗な完成品なのに勿体ない・・・。
このフィギュアを、あるべき姿に戻します!






CIMG0883.jpg
直った姿がこちらです! 元からこうだったかの様に綺麗に直りました。
部品の欠けは先に取り上げた髪の毛くらいでしたが、倒壊した衝撃であちこちの色がこすれてしまっていたので、全て同じ様な色をご用意して色挿しをしました。

CIMG0887.jpg
ベースは弊社オリジナルの物を新規にご用意! 元々完成品にベースがなく、幸い自立出来たのでお客様はそのまま飾ってらっしゃったとのことです。今度はベースごとしっかり固定してありますので、もう倒壊の心配は無くなりました!


CIMG0889.jpg
懸案だった髪の毛先もこの通り! 毛先はパテで造形し直して、どこが壊れたかも分からないくらいに綺麗に処理して仕上げました。


最近ではインターネットの発達で、ガレージキットやプラモデルの完成品が手軽に手に入る環境が増えてきました。しかし写真で綺麗に見えても、今回のように見えない所で重大な欠陥を抱えているものもございますので、そういった物をお求めの際はくれぐれもご注意下さい。壊れてしまった場合はもちろん、壊れる前に補強を・・・というご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合せ下さいませ!


主治医:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: --

go page top