Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
カテゴリー「製作ハウツー 飯田線」の記事一覧

    

Posted on 17:13:39 «edit»

Category:製作ハウツー 飯田線

【いいだせん!】Nゲージで飯田線を作ってみようその4 

乗秀です。お盆休みに乗じて模型製作にいそしむモデラーさんは多いのではないでしょうか。時間があるうちに積んだキットの山を消化するというのも、至福の時ですね。

さて、前回でクモニ83のボディが出来上がった飯田線シリーズ、今回は2輛目に入ります。全部で5輛ですので、改造ポイントを抑えつつテンポよく消化していきたいと思います。

DSCN9095.jpg
2輛目はクハ68038を製作します! 元々は51系電車と呼ばれ、1936~1943年にかけて製造された車輌です。一番新しい車輌でも戦時中に製造された、飯田線所属時から相当年季が入っていた車輌の一つですね。(飯田線にあった旧型国電は大体戦前の車輌なんです。)
今回はパンタグラフが無く、また飯田線に入った車輌の中でも数少ない原形をとどめた車輌ですので(パンタグラフの乗せ替えやトイレ増設等、近代化改修が施された車輌が大半)、改造ポイントは少なそうです。ちょっと安心。

DSCN9096.jpg
まずはボディの組立です。さくっと行きましょう・・・といきたい所でしたが、側面パーツをよく見ると一直線にへこんでいるのが確認出来ます。裏側の台車押さえの分成型時にプラが引っ張られてしまい、ヒケになってしまっている様です。

DSCN9097.jpg
ヒケの中ではかなり大人しい範囲でしたので、ペーパー掛けで対応します。800番のサンドペーパーに当て木を添えて、平に当てるだけで平滑な表面に出来ます。削りすぎて波打ったり段差になってしまわないように気をつけてください。

DSCN9098.jpg
ボディが組み上がりました。1輛目でフォローした注意点は飛ばしています。

DSCN9099.jpg
屋根がつんつるてんですが、ベンチレータが乗る位置は裏側に刻印がされており、そのガイド通りに穴を開ければ均等にベンチレータが取付けられる様になります。最近の完成品Nゲージでも裏から穴を開けて部品を取付ける作業はよくありますので、鉄道模型ファンとしてはなんて事無い工作ですね。

DSCN9100.jpg
ここで実車と比較してみましょう。原形をとどめているだけあって、外観はおおむね同様です。手すりはほぼ省略されているので、ここは一通り再現したい所ですね。
気になったのは、テールライト下にあるはずのステップがキットですと上に設けられている所です(キットでは手すりとして表現されている?)。ここを直せばクハ68038に近づきそうです。

DSCN9101.jpg
ツルツルのおでこに、ヘッドライトと渡り板を取付けます。
ヘッドライトはワンパーツで成型されており、そのままでも雰囲気が出ていますが、1輛目同様レンズを入れたいので開口してレンズを入れるスペースを確保します。電飾を通す訳ではないので、貫通はせず半分程度掘ったらそこで整えます。

DSCN9103.jpg
ライトパーツは予め傾斜にあわせた足が造形されていますが・・・全然向きが合いません。正面にライトが向く様にすりあわせてから接着します。

DSCN9104.jpg
ライトと渡り板を接着したら、一番気になっていたステップらしき刻印をカット!

DSCN9105.jpg
このキットでは手すりがモールドされていないので、実車に合わせてアタリを設けてから手すりが入る穴を開けていきます。0.4mmで開口していますが、ピンバイスの歯を折らない様に注意して扱いましょう。

DSCN9106.jpg

DSCN9107.jpg
一通り手すりとステップを取付けました。前面に集中しているので、クモニ83よりは断然早く仕上がりました。もし同じキットをお持ちの方で同様の製作を行おうと考えていたら、まずこの51系客車のキットから手を付けると感覚がつかみやすそうなのでお勧めします。

DSCN9108.jpg
テールライトは1輛目と同様のレンズが入る様に開口。
これで2輛目の加工は終わり・・・と言いたい所ですが、もう一カ所ございます。

DSCN9109.jpg
それがこのぽっち、側面表示灯です。とても小さな部分ですが、これがあるなしでは全体のメリハリが変わりますので、ここもクリアパーツに置き換えます。

DSCN9110.jpg
まずは0.5mmで開口。ここにレンズをはめ込めば良いのですが、こんな小さなレンズそうそうありませんし、あっても入れるのは至難の業です。

DSCN9112.jpg
そこで普段から溜め込んでいた、透明パーツのランナーを出して、ライターで炙って・・・伸ばしランナーを作ります!
伸ばしたランナーの太さは、熱の当て方や伸ばす力加減によって調整出来ます。これは数をこなして慣れていきましょう。

DSCN9113.jpg
ちょうどいい太さの部分を適当な長さで切り、裏から差し込んで余分をカットします。

DSCN9114.jpg
これでクリアパーツ化完了! 一気に存在感が・・・色がつかないとあまりよく分かりませんね。

DSCN9115.jpg
これで5輛のうち2輛が揃いました。
今回は比較的加工箇所が少なかったため、1回の記事で仕上げられました! 次回は再び配管が必要な車体に入ります・・・どうぞお付き合いの程お願い致します。


筆者:乗秀
NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 18:48:19 «edit»

Category:製作ハウツー 飯田線

【いいだせん!】Nゲージで飯田線を作ってみようその3 

乗秀です。やられました。あいつです、夏風邪です。学生の頃は夜のうちに熱を出して、朝になったらころっと治ってる事がしょっちゅうでしたが、今回はそうはいかず数日引っ張ってしまっていました。いよいよ年齢について意識しなければならない時が来たという事でしょうか!

引き続き飯田線です。クモニ83に決着を付けます! 当初は前回の記事で終わりと思っていたのですが、前回の記事をあげる直前になってあちこち気になってしまった次第です。

DSCN8990.jpg
それがこちら。おでこの部分にすごい段差がついており、主張が強くて実車に無い事を忘れておりました・・・。
それ以外にも、機器がいくつか必要なので作る事にします。

DSCN8991.jpg
無い機器の作成です。1mmのプラ棒を正方形に切り出します。合わせて0.16mmのプラ板を一回りだけ大きいサイズで切り出して、台座とします。

DSCN8992.jpg
実車を見ると、今キットに入っているぶっとい段差にかかるかたちで機器が乗っかる様なので、先に段差を除去します。最初に足りない分の継ぎ足しを行っていたので、カットしてならすだけで済みました。

DSCN8993.jpg
ならしてしまえば、後は乗せるだけ。接着剤を少量つけてから狙ったポイントに一発で接着! 実車を見る限り色が屋根色と異なりますが、これほどの小さなパーツですと強度や接着後の処理を考慮すると、マスキングして塗装した方が綺麗に仕上がると判断して接着しています。

DSCN8994.jpg
配管の基点につく機器は、当初はモールドがあったので同様のサイズで再生します。前回のうちにやっておきたい部分でしたが、前途の段差処理の問題で先送りになってしまったのでした。
これで気づいた箇所の処理が完了しました。

DSCN8995.jpg
続いてランボード(パンタグラフ渡り板)の取り付けです。再現度の都合上しょうがないのですが、昨今のHOゲージでもここまで厚くないぞと思えるくらいの肉厚さで、このままではとても使えませんでした。

DSCN8996.jpg
0,3mmのプラ板を切り出して、ランボードのサイズにそろえます。

DSCN8997.jpg
これを貼付けるだけで、かなり印象が変わります!
これで屋根は塗装するだけになりました。

DSCN8998.jpg
ボディ最後の加工に入ります。小さい箇所ながらも絶大な高価を発揮する加工・・・そう、ライトレンズの再現です。このベースキットではライトの再現は考慮されておらず、顔面と一体化で成形されています。ディティール自体は精巧なので塗り分けでも綺麗に仕上げられそうですが、やはりここはクリアーパーツに変えた方がかっこ良くなりますね!

DSCN8999.jpg
それぞれのモールドと、入れるレンズ径に合わせてピンバイスで穴を開けます。くれぐれもライトケースのモールドを潰さない様、ずれない様慎重に作業しましょう。

DSCN9000.jpg
開口できました。綺麗に開けられると、これで終わった気分になりますよね。もちろんここからが本番です。

DSCN9002.jpg
まずはテールライトの再現から! 用意したのは天賞堂製のテールレンズです。もちろん本来はHOゲージ用なのですが・・・

DSCN9003.jpg
本来差し込む方の径が丁度1mmですので、表に出る方と逆にして差し込むとちょうど良くなります。はみ出した分をカットして、切り口を目の細かなサンドペーパーで磨けばOK!

DSCN9004.jpg
ヘッドレンズはプラモデル工作では定番のウェーブ製Hアイズの出番です!1.5mmのレンズパーツがついているので、それをそのまま入れます。

DSCN9005.jpg
両方つけるとこんな感じ! ぐっと引き締まりましたね。もちろん色が乗るとまずいので、塗装が終了するまで固定はしませんが、原段階でもかなり完成イメージが伝わってくるのではないでしょうか。

クモニ83ボディの加工はここまでとします! 次回は残り4輛の中から選定して組立てます・・・クモニ83が一番大変なので、多分もっと製作ペースが早くなると思います。


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:51:54 «edit»

Category:製作ハウツー 飯田線

【いいだせん!】Nゲージで飯田線を作ってみようその2 

乗秀です。
前回から始まった飯田線工作を進めていきます。最初のクモニ83のボディが組み上がった所でしたが、いくつか手を入れなければならない為小さいながらも重要な加工を今回進めていきます。
と、その前に・・・。

DSCN8694.jpg
実はこのキット、塗り分けラインに沿って凸のモールドが刻印されています。この形状はマスキングがし辛い為、マスク作業が苦手な方でも安心して塗れる様に彫刻してくれた、設計者の粋な計らいですね。

DSCN8695.jpg
ただこの様なモールドは実車には存在しませんので、今回は全て除去しました。わざわざ入れてくれたのに申し訳ないと思いながら、サンドペーパーで消していきます・・・。

DSCN8696.jpg
ここから本番です。実車と見比べて、避雷器が乗る位置が逆になっているという点は前回最後に触れました。この決定的な違いを直します。

DSCN8697.jpg
まず今彫刻されているモールドを削ぐ様に刃を入れます。変わるのは位置だけですので、なるべく工作の手間を減らす為にキットの造形を活かします。

DSCN8698.jpg
カットした・・・のですが、真ん中の台の部分は薄すぎてへろへろになってしまったので、同じ幅の0.3mmプラ版を切り出してフォローしました。これで一番大事なパーツ作りはOKです。
他の作業も平行して進めますので、このパーツはなくさない様に一旦保管します。

DSCN8699.jpg
次に配管を含めたいらないモールドを切り飛ばしていきます。ここで大事なのは、位置を変えない配管部分はカットの際にうっすら残して、配管が通る向きや配管止めが取り付く位置が分かる様にする事です。

DSCN8700.jpg
配管止めがあった所に、後述の配管止めパーツを止める為の穴を開けていきます。鉄道模型の加工は0.4mmのピンバイスが大活躍しますので、多めに用意しましょう!

DSCN8701.jpg
先程の避雷器を移植する場所は、配管も位置も含めて鉛筆でなぞります。油性ペンを使うとサフや塗装の際に線が浮き出てしまいますので、絶対使用しない様にしましょう。

DSCN8702.jpg
ここまで進めた所で、初めてペーパー掛けで表面をならします。鉛筆でなぞった所はなるべく消さない様慎重に進めます。

DSCN8704.jpg
ここからは鉄道模型ディティールアップの華形、配管の再現です!
まずは簡単な所から、ここにまっすぐ入る配管を再現します。実車は太めの管が通っているので、ここを0.4mmの真鍮線で再現する事にします。

DSCN8705.jpeg
ここで用意したのは、マッハ製の配管止め。しかしこの商品はHOゲージ用の商品ですので、Nゲージで使用するには少々スケールオーバーです。

DSCN8706.jpg
にもかかわらずこれを選んだのは、ここの配管止めは実車ではゴツめな金具が使われており、N用ですと小さく見えてしまう為です。今回の様にスケールに合わせて、商品の推奨サイズをまたいで使用する時もあります。

DSCN8707.jpg
次は移設する避雷器の配管を再現します。ここは先程よりも細い管で作られている様なので、0.3mmの真鍮線に替えて再現します。
エッチングプライヤーでなぞった線に合わせてぐにぐに曲げます。曲げる工具は使いやすいもので構いませんが、ピンセットですと押さえ込める太さに制限が出るためあまりお勧め出来ません。

DSCN8703.jpg
ここからの配管止めは、N用の商品を使用します。ボナファイデプロダクト製の割りピンがちょうどいいと判断して、こちらを使用しました。

DSCN8708.jpg
予め通せるスペースが設けられているのでそこに真鍮線を通してから車体に取付けても良いですし、真鍮線の上から押しピンを広げてくわえこんでも良いですし、止め方に関しては状況に応じて止めやすい方を選びます。

DSCN8709.jpg
加工した側の配管が完了しました。おでこの方の二本の配管も再現。この作業だけで一気に実車っぽい雰囲気になるのでおすすめです。

DSCN8711.jpg
この勢いで反対側の移設作業も、と思い資料に目を通したら、なんと反対側は避雷器そのものがありませんでした。
ここは実車に合わせて配管し直す程度の作業で済みました。
これにて屋根の配管作業は完了です。

DSCN8710.jpg
次はこれまた鉄道模型ディティールアップのお約束の一つ、手すりの作り替えです。
HOゲージの話になりますが、TOMIX製の商品にはPS(プレステージ)モデルなる商品が存在し、そちらは本来樹脂で作られた手すり等の細かなパーツが金属製に置き換えられているという、ハイエンドモデルなのです。もちろん通常商品よりも高価ですが、市場での人気はPSモデルの方が高いという点に、手すりの金属化が如何に重要な作業であるかが伺えます。
Nゲージのキットですと大半が手すりはボディに刻印されている程度ですので、別パーツ化するだけで一気に雰囲気が変わりそうですね。

こちらも配管の作業と同様、うっすら残してカットしてから手すりの端を開口してペーパー処理します。

DSCN8712.jpg
開けた穴に合う手すりを曲げて作り、通していくのですが・・・この作業が地味かつ精度が必要なので、なかなか苦しいのが難点です。ここは根気が要求されますので、完成イメージを頭の中で膨らませながら乗り切りましょう!

DSCN8714.jpg
こうして全ての手すりの金属化が完了しました。なんだかすごく改造した様な雰囲気になりましたね! 艦船模型では樹脂パーツと金属パーツが交互に並ぶ光景がよく見られますが、個人的にはこの状態が一番【工作した!】という気がして好きです。(そこで満足して終わったキットもたくさんあります・・・。)

DSCN8715.jpg
そんな訳で、実車の差異の再現及び細部パーツの別パーツ化が完了しました。
これでこの車輌は終わり・・・といきたい所ですが、もう少しやりたい事を見つけましたので、次回も少し触っていこうと思います。


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:05:26 «edit»

Category:製作ハウツー 飯田線

【いいだせん!】Nゲージで飯田線を作ってみようその1 

乗秀です。
作りたいキットを発掘してきましたので、しばらくご紹介を交えつつ進捗を載せていこうと思います。
そのキットというのが、こちら。

DSCN8425.jpg
「つくる。うごかす。あつめる。」をコピーに長年Nゲージの鉄道模型を展開している、グリーンマックス製の組立てキットです。このキットは飯田線を走っていた名車を5輛分再現出来る仕様になっています。キットの内訳は後ほどご紹介しますね。

飯田線と聞いてピンとくる方は、地元の人か筋金入りの鉄道ファンくらいだと思いますので、簡単に説明します。
飯田線とは愛知県と長野県を結ぶ路線で、100年以上の歴史を有しています。現在はJRの地方交通線に分類され、その長い歴史の中で生まれた多数の無人駅を渡り歩く「飯田線秘境号」が運行している事で有名ではないでしょうか。
駅の魅力もさることながら、飯田線が鉄道ファンにとって確固たる知名度を現在もなお確立しているのは、1980年代まで在籍していた多数の旧型国電の存在が最大の理由です。古い物は戦前から、他の路線で使われなくなった車輌が飯田線に集められて運行されており、さながら動く博物館状態だったのです。本来全く縁のない車輌同士が編成される様は、飯田線だけで見る事が出来る光景として長年愛されました。

そんな背景をもつ路線の車輌ですが、あまりにも1輛ごとの形状差がある為かNゲージでのキットないし完成品は近年まで決して多くありませんでした。ここ3年ほどでKATOが飯田線のラインナップを強化しており、ようやく高いクオリティで飯田線の様々な編成を再現出来る日がやってきたのです。
とはいえまだまだ再現されていない車輌があり、このキットは偶然にも今日まで未発表の車輌が再現出来る様になっている為、未成品かの車輌から少しずつ作っていこうと思います。

DSCN8426.jpg
キットには多数のランナーがぎちぎちに詰め込まれています。共通ランナーを多用しているため全ての部品を使う訳ではありませんが、それでも5輛分ですのでかなりの物量になります。

DSCN8427.jpg
説明書は親切で、本キットで再現出来る主要な車輌の作り方が網羅されています。画像では途切れていますが、下には改造ポイントも記載されている為、改造が初めての方でも安心して取りかかる事が出来ます。

DSCN8432.jpg
一発目はKATO未発売かつ見栄えがいい車輌として、「クモニ83101」を作ります。80系客車を郵便貨物運搬用に設計したクモユニ81・・・を更に改造した車輌です。飯田線はこういった複雑な経緯の車輌が多数在籍しているんですね。
Nゲージのベースキットは部品点数が少なく、板と顔を貼り合わせるだけでボディが出来上がります。ちょちょいと作っていきます。


DSCN8434.jpg
まず一個目の部品を合わせ・・・合わない!!
今回のキットは古い商品で(郵便番号が3桁でした)、部品の合いも決して良くはありません。部品そのものが歪んでいたり、バリが発生している事は前提と思って挑みます。この点は現行で販売されているベースキット全般に言える事ですので、同一のキットだけでなく同じ様な構成のキットを製作する際にもご参考になればと思います。

DSCN8435.jpg
どこが干渉しているか探り当てて・・・というよりは怪しげなバリ等を片っ端から攻めていきます。その際、部品の合わせに必要なピンを切り飛ばさない様に注意します。

DSCN8436.jpg
そもそも角度や形状が合っていない部分は、パテを盛って繋ぎ合わせます。アルテコSSPを代表する瞬間硬化パテを使用すると、硬化時間の短縮はもちろん切削のしやすさでも作業の助けになります。

DSCN8437.jpg
ボディが出来ました。たった4パーツですが、上記をふまえると意外と時間がかかりました。
この状態ですと側面の板が反っていて直線が出ていません。ただここは無理に矯正せず、屋根に合わせて接着する事でまっすぐに出来ます。

DSCN8438.jpg
しかしここも合わない! 全ての部品の合いを疑うのが、ベースキットの鉄則です。

DSCN8439.jpg
ゲートの切り跡を処理しながら接着面を均しますが、なかなか綺麗にかみ合いません。
そんな時は部品を合わせてから、ひっくり返して裏側を見てみると原因が見つかりやすいです。

DSCN8440.jpg
そして発見した原因がこいつ! てっきりはめ込みピンだと思っていた押しピン跡! サンドペーパーで削るのにはちょっと出っ張りすぎているので、ここはカッターで削ぎます。ここにもはめ込みピンがモールドされている為、そこはカットしない様に気をつけましょう。

DSCN8441.jpg
押しピン跡を除去したら、いとも簡単に合いました。こういうのは原因が見つかると案外簡単に対処出来るものですね。

DSCN8443.jpg
そんなわけで、ボディが出来上がりました。いえーい! 屋根の長さが若干足りてなかったので、パテを流し込んで塞ごうと思います。
さて、素組みならばこのまま処理して塗装に入りますが、ここは出来るだけディティールアップに挑戦していきます。

DSCN8444.jpg
ウェブで集めた資料を参考にどのくらいキットで再現されているか確認をしますと・・・一目で見つかる大きな違い! ランナーでは「クモユニ81」と刻印されているので、そちらに合わせた仕様でモールドされている様です。今回作るのはクモニ83ですので、まずはここの違いから変えていこうと思います。

次回はこの屋根改造や他の箇所のディティールアップに入ります!


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top