Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
Posted on 19:37:58 «edit»

Category:個人製作物

【きもかわ!】蒲田くんフルリペイント計画 後編  

前回に引き続き「蒲田くんフルリペイント計画」でございます。

前回は塗るための下地を作って茶色に塗った所まででしたね。
早速本塗装に進んで参りたいと思います。

先ずは本体全体の色を調色して塗装しました。
ダークイエローをベースに白と濃いめの茶色(レッドブラウン)で調整します。
表面の凹凸の凸の部分を塗っていき、なるべく凹んでいる部分は色がのらない様にします。

DSCN6256.jpg

DSCN6257.jpg

DSCN6260.jpg

写真だと分かり難いですが陰部分がうっすら茶色く残っていればOKです。
後でグラデーションで陰影をつけていきますのであまりはっきり残らなくても大丈夫です。
この色が本体色になる訳ですが、最近の特撮もの怪獣では珍しい色味ですね。
出現が日中と言う事もあり非常に明るめの色です。

次に赤を挿していきます。使用したのはクリアーレッド(ガイアノーツ)にクリアーブラウン(Mrカラー)を少し混ぜたものです。
エラの部分を中心に入れていきます。
映画を見る限り、体表にも模様の様に見えるカットがありました。かといって目立つ程でもなかったので体の凹凸に沿って模様を入れてみました。
DSCN6262.jpg

DSCN6263.jpg

次にグラデーションで陰影を付けていきます。
陰影は2段階に分けていれます。
まずクリアーブラウンをメインにしてクリアーブラック(Mrカラー)で少し明るさを落とした色で入れていきます。
全体の色味を整えつつ体のシワ等陰にある部分に入れていきます。

2段目ではクリアーブラックをメインにして脚の付け根や首裏等更に凸凹の深い部分を強調する様に入れていきます。

DSCN6264.jpg

DSCN6265.jpg

ガレージキットや何千円もする完成品と違い造形が全体的にぬるっとしているためグラーデーションでの陰影付けはリアルに見せる為には非常に重要です。今回は造形がぬるい分かなり大げさ目にグラデーションを施してみました。

目を塗装します。
生物ですから目の塗装は命です。特に怪獣フィギュアはこの目力が非常に重要です。

DSCN6266.jpeg


エラの部分も最初にグラデーションで赤く塗りましたが、ぼんやりしているので強調の為にエナメル塗料のクリアーレッドではっきりさせてやりました。
DSCN6267.jpg


全体のツヤを整えて、完成です!
DSCN6272.jpg

DSCN6274.jpg

DSCN6275.jpg

DSCN6278.jpeg

如何でしょうか。
なかなかいいキモかわいさではないでしょうか。
ここまで塗ってしまえば、誰も子供向けのソフビのおもちゃなんて思いませんよね。

久しぶりに怪獣の塗装をやりましたが、なかなか楽しいですね。
この調子で品川くん(第三形態)や鎌倉くん(第四形態)も集めてみようかしら。の杉山でした。

ではまた!

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:22:34 «edit»

Category:個人製作物

【とうめい!】2分で作って1時間半で塗る!ガンダム名鑑ガム 

乗秀です。ブログ上ではすっかりガンプラの人みたいになっていますが、今回もガンプラです。
いつの頃からでしょうか。雑誌の付録が軒並み豪華になり、模型誌に付くのもポピュラーになりました。
おまけ然とした物から市販品に肉薄するほど高いクオリティの物等様々で、どれも購買欲をくすぐられてしまいますね。


CIMG5735.jpg
今回はホビージャパン誌付録の「2分で作る!ガンダム名鑑ガム ニューガンダムクリアver」をご紹介します。名鑑ガムですが、付録なのでガムは無し。残念!
元々の商品は6月から発売された同名の食玩で、往年のガンダムチョコスナックを彷彿とさせるライトなパーツ構成とラインナップのマニアックさが話題になっており、今後の展開が期待されています。
商品ページはこちらから

今回のニューガンダムはクリアー成型になっています。クリアー成型は塗装の自由度や高級感があり、こういうちょっとしたプラモデルですといい感じの雰囲気になりますね。
しかし透明一色で作るのは流石に寂しいですし、単色でクリアー塗装というのもちょっと味気ないかなとも思ってしまいます。

CIMG5736.jpg
ということで、ちょっと頑張りました。
組立て2分、塗装1時間半! 休み時間にやるにしてはちょっと手がかかりました。


CIMG5737.jpg
クリアー成型を活かしてクリアカラー&一部メタリックカラーで塗装! クリアカラーで塗り分けるだけで一気に限定感が増していい感じですね。
腰の赤色塗り忘れは編集中に気づきました・・・。

CIMG5739.jpg
仕上げにはパールカラーのターコイズグリーンを含ませたクリアーでコートしてあり、角度によって緑っぽい輝きが出ます。サイコフレームのカラーをイメージして入れました。
(サイコフレームはプラモデル上では緑色に成型される事が多いですが、実際は虹色だそうなのでもっと複雑な色でもOKだそうですね。)


CIMG5740.jpg
組立てただけですとちょっとしたおまけで終わってしまうかもしれませんが、少し(?)手を入れてあげるだけで、いつまでも手元に置いておきたくなる様な完成品になりました。
リアルな完成品とは趣が異なりますが、こういう表現もアリですね。


CIMG5743.jpg
CIMG5744.jpg
クリアを活かしているので、下から照らしてもいい雰囲気に!
飾ってより楽しくなるニューガンダムに仕上がりました。

パーツ構成が単純なので、キーホルダーやストラップにしたりするのもいいかなと思いました。
今月号のホビージャパンを購入された方は、このニューガンダムでちょっと遊んでみては如何でしょうか?

筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:01:50 «edit»

Category:個人製作物

【がんぷら!?】突然ザクがいじりたくなりました! 

01_20160625222128bd5.jpg

ザク! それは男のロマン!!


しょっぱなから飛ばしてみました。乗秀です。記憶をたよりにザクを描いたら随分ガッチリ系になっちゃいました。

というのも、日頃製作代行にて最新のキットたちに向き合っておりますと、ふと遠い昔に作ったキットを触りたくなる時が来るのです。最近のはこんな風だけど、昔のはこうだったな・・・とか、記憶をたぐり寄せて比較しては感慨深さを感じるのですが、この度どうしても本物を触りたくなってしまい、衝動的にいじってしまいました。

(ブログ掲載を想定しなかったので、ハウツー要素は殆どありません。ご容赦下さい。)


CIMG5673.jpg
手に取ったキットはこの、「モビルスーツバリエーション ザクマインレイヤー」!!
ただ背中の機雷散布機は付けずに、普通のザクとして作りたくて選びました。
普通のザクならこれよりも昔に出たザクを作っても良いのですが、あちらのキットはまだガンプラのスタンダードが確立されてない頃の商品で、足首が曲がらない等当時の水準で見てもちょっと物足りない所がありました。
あとで出たキットと組み合わせて思い思いのベストザクを作った方もいるそうで、そんな意見がフィードバックされたいわばリメイク的な立ち位置にあるのがこのモビルスーツバリエーション(以下MSV)のキットなんだそうです。首や肩の前後可動が組み込まれていたり塗装後に組立てるいわゆるアトハメを想定した設計等、現在のガンプラスタンダードのひな形がもうこの時点で盛り込まれており、とても意欲的なキットです。

しかし出来のいいキットが好みのスタイルかと言えば、そう言う訳でもなく・・・。


02_2016062522212718a.jpg
まずMSVのザクシリーズで気になっていたのは、胸のカクカク加減!
ザクはガンダムと違い丸みを帯びたデザインが魅力的だと思いますし初期に出たザクはこの丸みが見事に再現されていたのですが、MSVのザクはどうしてか角張ったデザインにアレンジされている箇所があり、形はいいけどちょっとザクっぽくないのが気がかりでした。


CIMG5675.jpg
ということで、理想に近づけるべくパテ盛り&削り込み! 出て欲しい部分は足し、引っ込んで欲しい部分は削れる限り削り込んで起伏を出しました。設定画に忠実に合わせている訳ではないのでご了承下さい。


03_201606252221283ba.jpg
もう一つ、これはザクに限った事ではないのですが、旧キットはどうしても肩が水平になるように設計されているので力強さが欲しいといつも思っていました。
当時小学生だった僕はこの解決策として「胸をハの字に削っちゃえば簡単に力強くなる」と発案し実行しておりました。後に調べた所ガンプラブーム時でも割と常用されていた改造だった様で、当時のモデラーさんも同じ事思ってたんだなぁとしみじみしました。
勿論今回もやります。


CIMG5676.jpg
真正面から見ると一発で分かりますね。腕が外側に開くように削り込んであります。

CIMG5677.jpg
仮に腕を嵌めるとこんな感じに。あのすとーんとしたまっすぐな腕位置が改善されるだけで、最近のザクにも劣らない力強さが出た・・・様な気がします。
手首がものすごく寂しい造形なので、ここは今後改善して行きたいですね。

CIMG5678.jpg
小さな所ですが、何気にザクを作っていてめんどくさいと思うのは鼻筋(?)のスリットです。スリットの真ん中に合わせ目が来るので、このまま作ると消すのが大変面倒です。

CIMG5680.jpg
こういう所は思い切って奥まった部分を削り飛ばしてプラ板に変えちゃうのが一番楽ですね。これも昔から使われているアイディアですが、今のキットでも活用出来るお手軽テクです。


衝動的に触ってしまったばかりに着地点をいまいち考えずに触り出してしまいましたが、乗秀なりにカッコいい昔のザクを目指していじって行こうと思います。
とりあえず夏中に完成を目指そうっと。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 00:57:55 «edit»

Category:個人製作物

【じおらま!】100均ジオラマ!エアブラシ無しでつくってみた。 

☆ギャラリー更新しました☆

カツミ 1/80 Scale
世田谷線デハ200系電車
↑ペコちゃんの愛称で親しまれる連接車輛です!↑

9月に入ったとたんにすっかり秋模様ですね。どうも最近社内で「山田」と呼ばれている杉山です。
秋になったら始めたい事がありまして・・・。
5年ぶりに熱帯魚を始めようおもむろに水槽を設置しました。設置しただけでまだ何も入っていませんが・・・。何を飼おうか只今悩み中です。
行く行くは畳一畳分くらいある150cm水槽を再可動させたいものです。(今は展示ケースになってますが。)

さて前回ジオラマを作った際に「次はエアブラシを使わないジオラマ」という事で挑戦してみました。
やったことがないので上手くいくかどうか少々不安ではありますが、とにかくやってみましょう。
今回の材料は100円均一で全部揃いました。
一つ目、以前にも使いましたフォトフレームです。今回も縁に使用しました。
CIMG0410.jpg

次にこれ
CIMG0413.jpg
左から台所用スポンジ、アクリルガッシュ4色、「ふわっと軽いねんど」です。
この粘土名前通りふわふわしていてすごく軽いです。色が混ぜられるらしいので初めて買ってみました。
紙粘土の様に乾燥すると硬くなる様です。

今回は一般的な土表現で行きたいと思います。
まず土台の土作りです。
粘土は真っ白ですが、これに色を混ぜて土っぽくしたいと思います。
CIMG0415.jpg
粘土に色(黒、黄土色、茶色)を少しづつ練り混ぜて行きます。手が粘土と絵の具でベタベタになります。(ビニール手袋をおススメします。)イメージの色が出て、全体に馴染むまでひたすら練ります。

こんな感じになりました。
CIMG0416.jpg
これをフォトフレームに敷き詰めると・・・。
CIMG0417.jpg
・・・!?これは予想以上にいい感じに!上から塗装したものとはまた違った質感です。欠けても同じ色なのがいいですね。

次に草地部分。
ここには細かく千切ったスポンジを使います。
CIMG0418.jpg
細かく千切ったスポンジをアクリルガッシュにの緑をベースに黄土色と茶色をベースに調色した色で・・・染めます。

スポンジに調色した色を練り込んで行きます。また手が絵の具でベタベタに。(ビニール手袋をおススメします。)
CIMG0419.jpg
青々しい緑と黄みがかった緑の2パターンの緑のスポンジが出来ました。他にも茶系や黄系の色があっても面白いかもしれません。

ある程度乾燥を待ったら、土台に植えるように木工ボンドで接着していきます。
CIMG0421_20150915025356d85.jpg
接着が終わったら半日程乾燥させます。

乾燥したら仕上げです。
いい感じに出来ていますが、このままでは少し単調ですし、それぞれの色それぞれがはっきりとし過ぎているので全体にまとまりが欲しいところです。
そこでグラデーションをつけて全体を均して行きましょう。

今回はエアブラシを封印しているので、パステルを使います。
CIMG0422.jpg
これも100円ですよ。色々と重宝するので持っててそんは無いと思います。

パステルを240番もしくは320番くらいのサンドペーパーで粉状にします。
CIMG0423.jpg
粉状にしたパステルを乾いた筆で置くように乗せていきます。土の窪みは濃い茶色、盛り上がった部分は薄い茶色といった感じです。

これで余計なパステル粉を吹き飛ばせば完成です。
CIMG0426.jpg
如何でしょうか。エアブラシどころか模型用のツールは全く使いませんでしたが、それなりの見映えになったのでは無いでしょうか。
草土表現続きなので、次はそれ以外をご紹介しようと思います。



筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: --

go page top

Posted on 01:18:28 «edit»

Category:個人製作物

【じおらま!】100均ジオラマつくってみた。 

☆ギャラリー更新しました☆

コダマモデル 1/80 Scale
南海電鉄30000系 こうや
↑ 2代目こうや号を搭乗時の使用で再現!↑


どうも、前回の自分の記事がいつのことやら・・・忘れられてるかも・・・とヒヤヒヤの杉山です。
申し訳ありません。
5月だというのに2日連続の30度越え。さすがに昼間暑すぎるので今年初エアコン、始動しました!

さて今回は以前お客様にお土産で頂きました、こちらのトリケラトプス
tr01.jpg
これをただ飾るのではつまらない。ということでお手軽ジオラマを作ろう!というお話です。

お手軽ということで材料もお手軽なのがいいですね。ってことで100円均一で買ってきました。
tr02.jpg
左から平筆、フォトフレーム、紙粘土です。上の2つは使っていません。(次の機会に使ってみます)

フォトフレームをジオラマベースの縁に使用し、そこに紙粘土を敷き詰めます。
真っ白で見えにくいですがこの時に地面に見えるように、表面にデコボコをつけながら敷き詰めるのがポイントです。
tr03.jpg
紙粘土が乾燥する前に石(適当に拾ってきた石です)を配置し・・・ここで平筆の登場です。
tr04.jpg
この草は平筆の先をカットし木工ボンドをつけて、挿すように植えます。草に見えますよね。
これで下地は出来たので乾燥させます。

乾燥しきったらいよいよ塗装です。
サーフェイサーで下地を作ったあと、Mrカラーのサンドイエローとウッドブラウンで全体を塗装します。
石の周りや足跡、起伏の大小に合わせて少し濃い色で影をつけます。
土の乾いた感じを表現する為に全体にパステルの粉を筆でのせ、つや消しクリアーでコートして完成です。
tr05.jpg
・・・はいできました!
ごめんなさい。塗装中の写真が使えずざっくりとした説明になってしまいました。
次の機会に詳しくご紹介させて頂ければと思います。

tr06.jpg
トリケラトプス本体はそのまま使う予定でしたが、勢いあまってリペイントしてしまいました。

最後に本体を置いて完成です。
tr08.jpg
tr09.jpg
いかがでしょうか。難しい材料や道具がなくても結構簡単に作る事が出来ます。
ただ飾るのに飽きたら、ちょっと一手間、つくってみるのは如何でしょうか。


筆者:杉山



NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: --

go page top