FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
カテゴリー「製作ハウツー F-35AライトニングⅡ」の記事一覧

    

Posted on 22:46:51 «edit»

Category:製作ハウツー F-35AライトニングⅡ

F-35AライトニングⅡをつくるよ その4 

どうも杉山です。
10月になりまして大分過ごしやすくなりましたね。
もう17時過ぎたら外は暗いですからね。
日が短くなってきてなんか損をしている気分になります。
夜が長くなって、気候もちょうど良くて模型作りにはピッタリの季節です。

さあ今回もF-35A作っていきます。

前回からひたすら磨いて磨いてようやく全体にサーフェイサーが吹けて塗装に入れる様になりました。
サーフェイサーを吹く前に尾翼を接着しておきます。

全体を塗装する前にミサイルやライディングギアの収納部分を白で塗装します。
蓋になる部分も忘れずに塗装します。

DSCN9870_20191007215921dbb.jpg

ざっくりとはしていますがモールドがありますので、実機を参考にケーブル類を筆塗りしていきます。

DSCN9872_20191007215924085.jpg

スミ入れをしてリアル感をアップです。拭き取りきらないのがポイントです。

DSCN9873_20191007215925a5f.jpg

乾燥したらマスキングをして

DSCN9871_20191007215922e0b.jpg

全体を塗装します。
色は実機を見ながら調色します。ステルス機という事もあり写真によって色味が全然違います。
少し濃いめのグレーにシルバーを混ぜて作りました。

DSCN9874_201910072159270fb.jpg

前回薄くしたモールドに沿って塗り分けがあります。
薄くしたため大きくマスキングテープを貼ってカットしてマスキングというのが出来ません。
地道にカットしたマスキングテープを貼っていきます。

DSCN9875_2019100721592821e.jpg


前回のペーパーがけといいマスキングといい、地味な作業がかなり多いですね。
ちょと後悔しています。

次回完成させられる様に頑張ります。お楽しみに。


NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:45:49 «edit»

Category:製作ハウツー F-35AライトニングⅡ

F-35AライトニングⅡをつくるよ その3 

どうも杉山です。
涼しくなったなと思うものの、まだたまに気温が30℃いったりなかなか涼しくなりきらないですね。
どうしてもエアコンのリモコンに手が伸びてしまいます。

さて今回もF-35AライトニングⅡを作っていきます。

先に言っておくと今回は非常に地味というか、ただただ磨く作業です。

DSCN0052_201909252038517af.jpg

まさか戦闘機モデルに400番ペーパーをあてる事になるとは・・・。
とは言えモールドを消しきらない様に慎重にあてます。

だいぶん薄くなりました。

DSCN0053_20190925203853847.jpg

表面のザラザラもなくなりました。
400番だとペーパーの削り跡が残ってしまうので最終的には1000番くらいで仕上げました。

DSCN0054_20190925203854d13.jpg

尾翼パーツはもっと酷い段差です。
泣ける・・・。

DSCN0056_201909252038564e4.jpg

ライン状のモールドがしっかり造形されているのでペーパーでなくカッターを使います。
一気に消したいのでカッターの背でこそぎ落とします。
ペーパーで面を削るより狙った場所が確実に削れるのでピンポイントで削りたい場合はカッターの方がやりやすいです。

DSCN0057_201909252038571d1.jpg

かなり地道な作業なので、飽きたら他の作業で気を紛らわせます。
という事でミサイルの合わせ目消しでもやっておきます。

DSCN0063_20190925203859629.jpg

合わせ目のモールドが合わな過ぎてこっちでもモールドを彫り直すというオチ、、、。

とりあえず気を取り直して一度サーフェイサーを吹いてみます。

DSCN0064_20190925203900b37.jpg

だいぶんきれいになりました。
消えたモールドもあるので一度彫り直しておきます。
長い直線箇所はフリーハンドで掘り直すのは難しいのでガイドを当てます。
平面的な箇所は定規を当てたり、曲面は定規を当てるの困難なので厚手のマスキングテープでガイドをつくります。

DSCN0066_2019092520390170f.jpg

次回は塗装にはいります。
こつこつ作業頑張ります。お楽しみに。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 22:03:49 «edit»

Category:製作ハウツー F-35AライトニングⅡ

F-35AライトニングⅡをつくるよ その2 

どうも杉山です。
昨日迄はすごく暑かったのですが、今日はすっかり涼しくなって過ごしやすかったですね。
こんな感じでどんどん秋っぽくなっていくのでしょう。
今年はちゃんと秋はあるのでしょうか。昨年はあっという間に冬になった気が、、、。
天気が不安定ですがこのくらいの気温がちょうどいいですね。

さてさて今回もF-35の製作を進めて行きますよ。

エンジンです。
分かってはいますがボディの中に挟み込んでしまうので全く見えなくなります。
気は心というやつです。

DSCN0088_20190913212123d47.jpg

パーツ点数少ないのに、全く見えなくなるエンジンを再現するというのは、イタレリさん的にこだわりの部分だったりするのでしょうか。それなら応えないといけないですね。グラデーションまでいれました。

ノズルも塗装しました。
DSCN0098_20190913212137690.jpg

F-35のノズルと言えば曲がって下を向くノズルが特徴的ですが、曲がるのはF-35Bで今回製作しているF-35Aは曲がりません。

インテークです。
こちらの内側のインテークパーツは先に接着します。
DSCN0089_20190913212125ec4.jpg

こちらの外側のインテークパーツは白に塗装してから接着します。
マスキングは大変ですが後から塗装するには穴が小さく上手く塗装出来ません。
DSCN0091_20190913212126da1.jpg

機体の上下のパーツを貼り合わせます。
ズレがこわかったのですが思いのほかズレはほとんどありませんでした。
それでも継ぎ目はどうしても出てしまうのでパテで埋めます。
DSCN0096.jpg

キットを見たときから「あぁ・・・」と思っていた部分ですが、機体の表面が大問題です。
わざとやっているんでしょうがやり過ぎなくらい表面が梨地状になっています。
写真でもわかりますね。
DSCN0092.jpg

更にもうひとつ
ステルス機特有のギザギザのライン状に色が変わる部分ですが、実際段差はありません。
DSCN0097_20190913212137651.jpg

どちらもスケール的にもおかしいので表面を磨いて綺麗に均します。
何もせずに磨いてしまうと、必要なモールドを消してしまったり、塗り分けが大変になってしまうのでそういう箇所は先にモールドを深くしておきます。
DSCN0095_201909132121376f7.jpg

全体のモールドを彫り直したらペーパーで均していきます。
DSCN0094_20190913212137cb2.jpg

かなり地味でしんどい作業です。
地道に頑張ります。
DSCN0100_20190913212137fef.jpg

次回は塗装に入りたいです。
お楽しみに。

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 22:47:31 «edit»

Category:製作ハウツー F-35AライトニングⅡ

F-35AライトニングⅡをつくるよ その1 

どうも杉山です。
お盆が明けてから雨の日が続いていますが日に日に夏の終わりを感じます。
とはいえ日中はまだまだ暑いですからきを抜かない様にいきたいですね。

さてさて前回でモンキー125が完成しました。
DSCN9835_20190902051102f56.jpg
もっと見る

さて今回から何をつくろうかという事で、久しぶりの戦闘機をつくろうかと。
F−2の後継機として最近何かと話題の最新鋭機F-35Aをつくりたいと思います。
キットはこちらタミヤ 1/72 ロッキードマーチン F-35A ライトニングIIです。

DSCN9932_20190902051103c8b.jpg

一応メーカーはタミヤとなっていますが、キットの中身はイタレリ製です。
タミヤロゴの横にイタレリのロゴがありますね。

DSCN9933_20190902051105157.jpg
中身はこんな感じ。
あけてビックリ、メインのランナー2枚です。

今回はちょっとだけつくります。
現用機も大戦機も最初はコクピットからですね。

DSCN9934_201909020511060cf.jpg

座席の裏が空洞になっています。
DSCN9936_20190902051108484.jpg

ほとんど見えないですが全く見えないという訳では無いのでプラ板のパテで埋めます。
DSCN9938_20190902051109c54.jpg

塗装してデカールを貼ってこんな感じになります。
最近の戦闘機って操作レバーが左右にあるんですね。
DSCN9939_201909020511114d2.jpg

では次回から本格的に作っていきたいと思います。
お楽しみに。


NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top