Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
カテゴリー「絵日記」の記事一覧

    n e x t »

Posted on 18:37:36 «edit»

Category:絵日記

【ふくせい!】知恵を絞って体を張ります! 

乗秀です。
皆様は模型製作に限らずとも、壁や難関に打ち当たった経験は御座いますか? 今までのスタイルが通用せず、やり方から模索しなければならない状況・・・何かしら心当たりがあるのではと思います。
乗秀は模型に絞った上でも相当な数の壁を感じたことがあり、長い間苦しんだないし苦しんでいる事が少なからず御座います。


img01_201704201806277f2.jpg
「同じ形状の部品を複数揃える」こともその中の一つであり、特に少年時代においてはいかなる作業よりも苦手としておりました。同じ型紙から切り出した部品なのに、それぞれで角度や長さが違う・・・なんてことは、とても良くありました。
今ならばレジンキャストを用いた複製が真っ先に頭に浮かびますが、小学生でその技術はおろかシリコンやレジンを触った事すらなかったので、とても選択肢に加えることが出来ませんでした。
そんなとき、模型誌にて新たな複製方法を知ります。

img02_20170420180629f76.jpg
バキュームフォームです。
熱したプラ板と型になる部品を真空状態にすると、貼り付いた勢いで型と同じ形状になる・・・という複製方法で、かたどれる形状にある程度の制限が発生しますが、中身が空洞になる為レジン複製と比べて重量をおさえられるメリットも御座います。大きな部品の複製等には実に有用な手段です。
この手法に目を付けたのは、上記のメリットの他に、「その辺で買える物で機材が作れる」と模型誌に掲載されていたからです! 

img03_20170420180631ca3.jpg
しかしよく内訳を見てみると、(それなりに予算があれば)その辺で買える物で作れるという事に気づき、3000円のMG一つ買うのも命がけ(誇張無し)な少年に余裕で万単位になる材料集めが出来る筈もなく、また悩む事になります。

img04_20170420180632f9d.jpg
熟考した結果、「熱したプラ板を部品に押さえつければいけるんじゃないの」と思い切り簡素な方法を思いつきました。
大きめにカットしたプラ板をトースターであぶり、縮みきらないうちに取り出して部品に直接圧しあてるというもの。
この方法なら、自宅にあるトースターを使えば良いだけの話なので予算の問題はクリアー!

img07_20170420180647675.jpg
早速実践しますが、それはもう辛いの一言でした。
縮みきらずちゃんと伸びる程度にプラ板に熱を加える塩梅がシビアなのはもちろん、プラ板もかなり熱くなっている上に溶けたプラが指にこびりついてなかなか取れなくなるので、熱さと戦いながらのトライアンドエラーを繰り返しました。
そして何度も挑戦を繰り返して、遂に綺麗に型を取ることが出来ました!

img06_20170420180645d8a.jpg
部品にピタリと密着し、形状をくっきり出したプラ板を見つめながら、こう思いました。

「これ、どうやって中の部品取り出すんだ?」

img05_20170420180633f38.jpg
結局真ん中から切りました。
切った部分の繋ぎ直し&プラが回りきらなかった部分の補強造形&凹みの開口等を行いながら、「もう1コ初めから作った方が速かったな・・・」と思ったのでした。

今回のケースは笑って話せるレベルの内容ですが、失敗が利かない・失敗したくないという場合もあると思います。
もし複製でお悩みの際は、ぜひ弊社にお問い合せ下さい!


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 20:51:25 «edit»

Category:絵日記

【たたかい!】来るべき日の為に備えます! 

乗秀です。いつもブログを御覧頂きまして有り難うございます。
絵日記をあげて拍手を頂くたび、「こんなへなちょこな絵でも見てくれる人がいるんだ」と救われます・・・! 感謝してもしきれません。
そんな事を思いながら過去の記事を読み返して、ふと思いました。

「一体当時の自分は何を目的にこんな無謀な改造を繰り返したんだ?」

技術を身につける事? いや、少なくとも当時の自分には、改造そのものはあくまで手段であり目的ではありませんでした。練習と割り切っておらず、常に(間違った方向に)全力投球。創作意欲のままにやっていたのは間違いありませんが、何かしら矛先があった筈です。
暫く考えて、思い出しました。

img01_20170409202543767.jpg
戦う為です。大マジです。
当時の模型バイブルは過去に何度も触れた【プラモ狂四郎】。この漫画の中では「プラモデルの出来を競う為、シミュレータを通して戦う」という設定があり、プラモデルなら何でもOKという「コアブースターVS X-WING」みたいなめちゃくちゃな組み合わせも受け入れる懐の深い作品でした。
この漫画に感化された少年は、「今は無理だけど、いつか必ずプラモデルを戦わせる日が来る!」と信じてあらゆる改造(?)に打ち込んでいたのでした。
そのため、見た目に反映されない数々の改造もこっそりと施していたのです。ガンプラの前に打ち込んでいたのがミニ四駆だったので、見た目<性能 みたいな所もあったのかもしれません。

img02_20170409202544b3c.jpg
戦いの最中に、脚を滑らせたら致命的! と思ったので、脚の裏に薄く切った消しゴムを貼り滑り止めを作成!
グリップ力が保持されるだけでなく、ゴムの分脚が重くなり倒れ難くもなるので、観賞用に仕上げても意外と有効なテクニックかもしれません。

img03_20170409202546018.jpg
相手から受けた攻撃に耐える為、裏側から補強! ミニ四駆の余り部品にあった金属の重りを貼り付けて、強度の向上を図りました。
漫画ではやられたと思ったら無事だった的なパターンが多かったので、それに影響されてこんな細工を施したのだと思います。表から貼り付けない所がポイントです。

img04_2017040920254714f.jpg
今でも「なんでこんな事したんだ」と忘れられない改造がこれ! 胸を押すと首が飛ぶギミックを搭載!
これも意外性を狙った必殺技として考案したのだと思います。以前コンテストで入賞したお話を書いたことがありましたが、まさしくその時の作品に組み込んだギミックです。(参考→【にこいち!】はじめてコンテストに出した思い出です!
作品アピールにこの必殺技の事は書かなかったので(明かしたら必殺技の意味が無くなるから)この部分が審査に影響したかどうかは不明ですが、もしかすると審査員の方が触った時に首が飛んで驚かせてしまったかもしれません。

img05_20170409202548944.jpg
そんなこんなで思いつく限りのギミックを考案して来るプラモシミュレーションの日に備えましたが、当然未だにその日はやって来ず、ギミックを搭載したガンプラは今でも実家の何処かに眠っていると思います。果たして今後もギミックを発揮する日は訪れるのでしょうか・・・。
皆様は現実と虚構が混ざらない範囲で、自由に楽しく模型ライフをエンジョイしましょう!


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:40:35 «edit»

Category:絵日記

【ですごじ!】シンゴジラを観て思い出しました! 

img01_201704011909250e3.jpg
乗秀です。遅ればせながらも、【シンゴジラ】視聴しました。
現代日本に巨大怪獣が現れたら、どうなるのか? という観点から切り込まれた本作は、圧倒的強さを誇るゴジラの描写はもちろんのこと、ところどころに「確かにこうなりそう」とうなずける表現や判断の数々がちりばめられており、コピーの通り日本全体とゴジラとの戦いが描かれていました。
怪獣や兵器だけでなく、例えば鉄道は京急線や江ノ電がチラチラ出てきたり例の作戦で大活躍したりと、様々な模型映えするモチーフに見せ場がある作品です。映像・物語共に隅々まで楽しめる素晴らしい映画でした!

最新作のゴジラを観ながら、初めてゴジラに触れた頃の事を思い返していました。


img02_20170401190926a18.jpg
昔からあまり特撮作品をチェックしない方なのですが、ゴジラシリーズは幼少期から別格に好きでした。
凄く強くて恐さもあるゴジラのかっこよさや、対峙する数々の怪獣達、全てに魅力を感じていました。ソフビ人形をいじっては、色々な戦いや状況を想像して遊んでいた記憶が蘇ります。絵も沢山書いたと思います。


img03_2017040119092822f.jpg
そんなゴジラ愛を親が汲んでくれて、遂にスクリーンでゴジラを観られる時が来ました。
最新作の情報は全然入れてないけれど、むしろ何も知らない方が新鮮な気持ちで作品を楽しめると言うもの。
今までテレビの中か自分の想像の中だけの活躍だったゴジラを、大迫力の画面で拝みます!!


ちなみに当時の最新作はこちら。

140402999608396277226_gojiravsdesutoroia.jpg


img04_20170401190929091.jpg
この映画は平成版ゴジラシリーズ最終作と位置づけられており、コピーの通りゴジラが死にます。
まさか初めて観る劇場のゴジラが遺作になるとは全く思わなかった幼少期の私。ヒーローが目の前で崩れて行くのは大きな衝撃で、しばらくゴジラロスで放心状態になりました。
この後、数年間は本当にゴジラの続編(ハリウッド版除く)は作られず、モスラが主役の映画が続けて放映されましたので、「ゴジラは本当に死んだんだ」と長い間じわじわとショックが積み重なって行きました。

弊社ではもちろんゴジラ関連のお仕事を沢山請けておりますので、時折過去の作品を見返す機会があるのですが、その度に当時のショックが記憶から呼び覚まされるのでした。


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:45:16 «edit»

Category:絵日記

【ふでぬり!】黒立ち上げに憧れました! 

乗秀です。
グラデーションを塗装するときは、必ずと言っていい程エアブラシを使用します。力加減の調節こそ訓練が必要ですが、一度覚えればあらゆる範囲のグラデーション表現が可能となります。
こんな時に思い出すのが、エアブラシを持っていなかった頃の試行錯誤です。

img01_201703242109294d3.jpg
プラモデルを作り始めた頃、模型誌に掲載されていたのはいわゆるMAX塗りと呼ばれる塗装がされたモデルが大半でした。限りなく黒に近いグレーを下地に、発色させたい色を重ね塗りしていく手法で、プラモデルとは思えない程の重厚感や立体感が出る事で一世を風靡しました。
雑誌で見る度にその独特の雰囲気に憧れましたが、この塗装はエアブラシが必須となり、当時の乗秀はエアブラシを持っていませんでした。

img02_201703242109312a4.jpg
エアブラシを持っていなくてもそれらしい雰囲気には作れないか? と考え、「グラデーションは色の濃淡の並びで表現されているから順番通りに色を並べれば同じ様に見えるのではないか?」と思い立ちます。水彩絵の具ではにた様なことが出来たので、これをプラモデルにそのまま持って行けば何とか行けるかもしれない! 思い立ったら吉日です。

img03_20170324210932195.jpg
一度作業を始めれば、あとはひたすら根気との勝負! 水彩絵の具と違い隣り合った色がいまいち馴染まなかったり、混ぜ合わせるにつれて段々色が濁ってきたり、乾燥の速さに手間取ったりと、ラッカー塗料の性質に振り回しながらも作業を進めます。
何日もかけて格闘し、いよいよ完成ーーー!

img04_201703242109345a6.jpg
完成したガンプラは、混ざった色とぼこぼこの筆ムラで何ともおどろおどろしい作品に仕上がりました。筆塗りの経験がろくにない故に誕生した前衛的なタッチは、狙ったイメージとのあまりの落差に大ショック!

G002-1.jpg
イメージをお伝えするとゴッホの絵画っぽい感じでした。

筆塗りを綺麗に仕上げようとすると、ある意味エアブラシ以上に熟練した技術が必要です。筆塗りの奥深さを思い知りながら、更なる向上を目指したあの頃でした・・・。
今でも筆塗りでMAX塗りを再現する自信は無いなぁ。

筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 22:58:56 «edit»

Category:絵日記

【じおらま?!】写真で臨場感を出したかったあの頃です! 

乗秀です。
この仕事を始めてから、撮影の機会がグンと増えました。もちろん模型の撮影です! 製作途中や完成品、弊社ギャラリーに掲載するもの迄さまざまですが、いずれも如何に綺麗に撮るか(完成品の場合は如何に魅力的に撮るか、と言う部分も付加されます)毎回悩まされる所です。
そういえば初めて写真に興味を持ち出したのはいつの頃か、と撮影中にぼんやり思い出しておりました。


img01_201703162235160bb.jpg
模型を撮影する事に意識が向いたのは、間違い無く模型誌を読み始めてからです。少年誌に載る模型と決定的に違うアングルやライティングのセンスは、本当に動いていたのではないかと錯覚するくらいリアルで、自分の手元にあるガンプラ達も何処かに存在する本物の縮小物に見えてくる程でした。
特に情景を再現したジオラマ風写真は、実際に造形された部分はもちろん背景も実際の景色から切り取られたもので、よりいっそうリアルさを演出していました。
カメラのファインダーを通すと、手のひらサイズのプラモデルがまるで本物の様に見える・・・!? 当時小学生だった私はその世界を自分でも作りたくなってきました。

img02_20170316223517e9a.jpg
そんな折にであったのが、いわゆるインスタントカメラです。デジタルカメラや携帯電話のカメラがここ迄発達した現在ではあまり前に出る商品ではなくなってしまった様に思いますが、当時は簡単に撮影出来てすぐに現像してもらえるインスタントカメラの存在が偉大で、何よりもプラモデルと同程度の価格でしたので小学生でも買える点が何よりも魅力的でした。
このカメラで、リアルなガンダムワールドを作るぞ!!

img03_20170316223518eaa.jpg
しかしそこは小学生。情景模型の経験が一切無い私は、市街戦を再現する為に家の目の前のコンクリートに100円均一で購入したペン立てをひっくり返してビルに見立てて並べることが精一杯でした。
それでも撮影しようと言う気持ちが揺らがなかったのは、ファインダーからのぞいた先にガンダムが戦っている世界が広がっていると信じて疑わない精神があったからこそ! 想像力によって補いながら、様々な視点でフィルムを使い切る迄撮影を続けました。


img04_201703162235207c5.jpg
そして現像すると・・・被写体の出来云々以前にまともな写真が一枚も無いと言う現実を突きつけられました。
撮影に夢中になっていたので、太陽の逆光や寄り過ぎによるピンぼけ、手ブレなどおかまい無しにシャッターを切りまくっていたのでした。
デジカメなら撮影してすぐに結果が分かるので何て事は無いのですが、インスタントカメラではそんな芸当が出来る筈も無く、現像する迄分からないスリルがありました・・・。

この頃の出費的な痛手を乗り越え、今日も模型を撮影しておりました。
弊社HPのギャラリーには乗秀が撮影した作例も掲載しておりますので、是非隅々までご覧下さいね。


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top