Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03
Posted on 21:45:16 «edit»

Category:絵日記

【ふでぬり!】黒立ち上げに憧れました! 

乗秀です。
グラデーションを塗装するときは、必ずと言っていい程エアブラシを使用します。力加減の調節こそ訓練が必要ですが、一度覚えればあらゆる範囲のグラデーション表現が可能となります。
こんな時に思い出すのが、エアブラシを持っていなかった頃の試行錯誤です。

img01_201703242109294d3.jpg
プラモデルを作り始めた頃、模型誌に掲載されていたのはいわゆるMAX塗りと呼ばれる塗装がされたモデルが大半でした。限りなく黒に近いグレーを下地に、発色させたい色を重ね塗りしていく手法で、プラモデルとは思えない程の重厚感や立体感が出る事で一世を風靡しました。
雑誌で見る度にその独特の雰囲気に憧れましたが、この塗装はエアブラシが必須となり、当時の乗秀はエアブラシを持っていませんでした。

img02_201703242109312a4.jpg
エアブラシを持っていなくてもそれらしい雰囲気には作れないか? と考え、「グラデーションは色の濃淡の並びで表現されているから順番通りに色を並べれば同じ様に見えるのではないか?」と思い立ちます。水彩絵の具ではにた様なことが出来たので、これをプラモデルにそのまま持って行けば何とか行けるかもしれない! 思い立ったら吉日です。

img03_20170324210932195.jpg
一度作業を始めれば、あとはひたすら根気との勝負! 水彩絵の具と違い隣り合った色がいまいち馴染まなかったり、混ぜ合わせるにつれて段々色が濁ってきたり、乾燥の速さに手間取ったりと、ラッカー塗料の性質に振り回しながらも作業を進めます。
何日もかけて格闘し、いよいよ完成ーーー!

img04_201703242109345a6.jpg
完成したガンプラは、混ざった色とぼこぼこの筆ムラで何ともおどろおどろしい作品に仕上がりました。筆塗りの経験がろくにない故に誕生した前衛的なタッチは、狙ったイメージとのあまりの落差に大ショック!

G002-1.jpg
イメージをお伝えするとゴッホの絵画っぽい感じでした。

筆塗りを綺麗に仕上げようとすると、ある意味エアブラシ以上に熟練した技術が必要です。筆塗りの奥深さを思い知りながら、更なる向上を目指したあの頃でした・・・。
今でも筆塗りでMAX塗りを再現する自信は無いなぁ。

筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 22:58:56 «edit»

Category:絵日記

【じおらま?!】写真で臨場感を出したかったあの頃です! 

乗秀です。
この仕事を始めてから、撮影の機会がグンと増えました。もちろん模型の撮影です! 製作途中や完成品、弊社ギャラリーに掲載するもの迄さまざまですが、いずれも如何に綺麗に撮るか(完成品の場合は如何に魅力的に撮るか、と言う部分も付加されます)毎回悩まされる所です。
そういえば初めて写真に興味を持ち出したのはいつの頃か、と撮影中にぼんやり思い出しておりました。


img01_201703162235160bb.jpg
模型を撮影する事に意識が向いたのは、間違い無く模型誌を読み始めてからです。少年誌に載る模型と決定的に違うアングルやライティングのセンスは、本当に動いていたのではないかと錯覚するくらいリアルで、自分の手元にあるガンプラ達も何処かに存在する本物の縮小物に見えてくる程でした。
特に情景を再現したジオラマ風写真は、実際に造形された部分はもちろん背景も実際の景色から切り取られたもので、よりいっそうリアルさを演出していました。
カメラのファインダーを通すと、手のひらサイズのプラモデルがまるで本物の様に見える・・・!? 当時小学生だった私はその世界を自分でも作りたくなってきました。

img02_20170316223517e9a.jpg
そんな折にであったのが、いわゆるインスタントカメラです。デジタルカメラや携帯電話のカメラがここ迄発達した現在ではあまり前に出る商品ではなくなってしまった様に思いますが、当時は簡単に撮影出来てすぐに現像してもらえるインスタントカメラの存在が偉大で、何よりもプラモデルと同程度の価格でしたので小学生でも買える点が何よりも魅力的でした。
このカメラで、リアルなガンダムワールドを作るぞ!!

img03_20170316223518eaa.jpg
しかしそこは小学生。情景模型の経験が一切無い私は、市街戦を再現する為に家の目の前のコンクリートに100円均一で購入したペン立てをひっくり返してビルに見立てて並べることが精一杯でした。
それでも撮影しようと言う気持ちが揺らがなかったのは、ファインダーからのぞいた先にガンダムが戦っている世界が広がっていると信じて疑わない精神があったからこそ! 想像力によって補いながら、様々な視点でフィルムを使い切る迄撮影を続けました。


img04_201703162235207c5.jpg
そして現像すると・・・被写体の出来云々以前にまともな写真が一枚も無いと言う現実を突きつけられました。
撮影に夢中になっていたので、太陽の逆光や寄り過ぎによるピンぼけ、手ブレなどおかまい無しにシャッターを切りまくっていたのでした。
デジカメなら撮影してすぐに結果が分かるので何て事は無いのですが、インスタントカメラではそんな芸当が出来る筈も無く、現像する迄分からないスリルがありました・・・。

この頃の出費的な痛手を乗り越え、今日も模型を撮影しておりました。
弊社HPのギャラリーには乗秀が撮影した作例も掲載しておりますので、是非隅々までご覧下さいね。


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 21:33:47 «edit»

Category:絵日記

【じっすん!】白い奴に初めて遭遇した日です! 

乗秀です。
ニュースで知ったのですが、先日あのお方がとうとう撤去されるとのことです。あのお方とは・・・

東京・お台場の実物大「ガンダム」、17年3月撤去(情報元;日本経済新聞)

18メートルと言うアニメの設定そのままの大きさで立体化された、巨大ガンダムの立像。2012年から場所や装備を変え(一時期ビームサーベルを握ってました!)活躍し続けてきたモニュメントが、3月5日にとうとうフィナーレを迎えたそうです。
解体された後は、2020年にお披露目を予定している「実寸大のガンダムを歩かせる」プロジェクトの検証に使われるそうで、暫くのお別れとなってしまうものの次のワクワクを提供してくれる素敵な存在としてまだまだ頑張ってくれる様ですね。

このガンダム立像、乗秀は初めて登場した2012年に間近で拝みました。
遡る事五年前、小学生からガンプラを触り続けてきた乗秀は初めてお台場にガンダムが立つという情報を耳にして、それはそれは驚きと喜びを隠せませんでした。

img01_2017030620513417c.jpg
しかし18メートル級のロボットと言う奈良の大仏並の大きさの立像と言われても正直ピンときませんでした。
「1/144のガンプラを実寸大に引き延ばした感じかなー」と漠然と思いながら月日は経ち、2012年夏にとうとうお台場にガンダムが立つ日がやってきます。

img02_201703062051363b9.jpg
お台場海浜公園の、だだっぴろい芝生のど真ん中に、奴は立っていました。

img03_201703062051375e9.jpg
例えようが無いくらい、でかい! リアル!!
そこに立っていたガンダムは、これまで発表されてきたどのガンプラや3DCGよりも「本当に動く様な」リアルさをたたえており、その圧倒的存在感に度肝を抜かれました。トリコロールのド派手なカラーリングなのに、落ち着いた色調に合わせられていた為か意外と景色に馴染んでいた事が記憶に残っています。


711fccO3tiL.jpg


MGG3.jpg
後に、このお台場ガンダムに合わせたデザインでリアルグレード(RG)やマスターグレード(MG)ver.3.0のガンダムがリリースされた訳ですね。


img04_20170306205139666.jpg
間近によってみると、だいたいガンダムのくるぶしあたりが人一人分の高さでしたので、どれだけ大きいかがより実感できます。「こんなのが敵として飛んできたら即座に死を覚悟するなぁ」と妄想しながら、ひとしきり鑑賞しました。


そんな思い出深いガンダムが無くなってしまうのは寂しいですが、即座に発表された続報でまたやられました。

お台場に新“実物大立像” 今度は「ユニコーンガンダム」(情報元:毎日新聞)

なんと、今度はユニコーン!? ガンダムよりも大きく(約22m)全身が光り輝くとなれば、またとんでもない迫力の立像に仕上がりそうです! 流石に変形は難しそうですが・・・続報が待たれる所ですね。
ガンダムも日々進歩しているんだと改めて思う一日でした。僕も実寸大ガルバルディを並べる為に頑張るぞ!


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:58:28 «edit»

Category:絵日記

【さいしき!】ガン消しに色を塗りたかったあの頃です! 

乗秀です。
ワンフェスの熱もようやく冷め、落ち着いた頃と思いますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
落ち着いた所でガルバルディの続きを〜といきたい所ですが、恥ずかしながらなかなか触れていない状況です・・・。
そういえばワンフェスの会場では様々な質問を頂くのですが、その中に「完成品のフィギュアとかに色を塗る時はどうしたら良いの?」というのがありました。
その質問にお答えしている間に、自分の過去を思い出していました・・・。

img01_20170225192951744.jpg
幼少期の乗秀少年はある販売形態に狂っていました。ガシャポンです。ガチャガチャとかガチャとか様々な愛称がございますが、レバーを捻ると景品が出てくるアレとして日本全国に広く知れ渡っていますね。
少年はお駄賃を握りしめて、しょっちゅうガシャポンを回していました。以前ご紹介したガン消し1000体と言うのもその頃からの積み重ねであり、狙った景品を入手する事はもちろんガシャポンを回す事自体に喜びを感じていたと言っても過言ではありません。
(過去の記事はこちら→【がんけし!】コレクション発掘しました。

img02_20170225192953784.jpg
当時の少年の間で出回っていたガン消しには彩色が施されていましたが、地元の駄菓子屋には根強く色がついていない昔ながらのガン消し入りガシャポンも置かれていました。
造形は簡素ながらもラインナップがとにかく多いのが昔のガン消しの特徴で、色付きの方にはないガンダム達が沢山いるため、色を付けて一緒に並べたくなるのは自然な流れでした。

img03_2017022519295481d.jpg
しかしここで大きな壁にぶつかります! ガン消しに色がのりません。彩色したそばから色が剥がれ落ちてしまい、色付きの方と並べるどころか触る事すら困難です。
ここから少年とガン消しとの戦いの歴史が始まります。塗料をはじめとした模型の知識を付け始めた少年は、あらゆる手段で剥がれない塗装を追求します。


img04_201702251929566fd.jpg
まずはメタルプライマー! メタルプライマーとは、本来塗料が食い付かない金属に色が定着する様にする為の下地剤です。存在を知るや否や、金属に食い付くなら極くらい簡単に食い付くだろう、と思い即購入・ガン消しに吹きかけ!

しかし塗料は食い付きませんでした。


img05_201702251929578c1.jpg
お次は洗浄! そういえば「がれーじきっと」っていうものは表面に脂が付いているから洗わないと塗装できないってホビージャパンに書いてあったから、もしかしたらガン消しにもその脂があるから塗料が食い付かないのでは? いや、そうに違いない!
クレンザーと洗剤を駆使して、洗いに洗いを重ねて塗料が乗る下地を目指しました。

それでも塗料は食い付きませんでした。

img06_20170225193013fac.jpg
こうなったら切り札の全面サンドペーパー掛けだっ! 食い付かないのは表面に原因があるのだから、表面に付いている何かを強引に剥がせば絶対に塗料は食い付くハズ!! もう綺麗に塗料が乗る未来しか見えない!!

img07_2017022519301414a.jpg
だとしても塗料は食い付きませんでした。表面がケバケバになっただけでしたとさ。


・・・実体験をダラダラ綴った上で答えを申し上げますと、「株式会社イリサワ製 Vカラー塗料」を初めとするソフビ専用カラーを用いれば、簡単に強固な塗膜が出来上がります! 軟質樹脂は表面の食い付き自体が悪いのですが、それ以上に曲げ伸ばしに耐えられる塗料で無いとすぐに割れて剥がれてしまいます。そうした柔軟性と食い付きを両立した専用塗料を用いて弊社はリペイントを請けております!
他にもナイロン樹脂やポリカーボネイト、シリコンと言った通常の塗料では彩色できない素材がいくつもございます。そして大概の素材には専用の塗料が流通しておりますので、プラでない素材に色を付けたいと思った際は先ず専用の塗料が出ていないか調べてみましょう。くれぐれも探す前に総当たりで試して少年の様に大失敗しない様にご注意を!

筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 22:15:00 «edit»

Category:絵日記

【ぽりぱて!】なんでもできる!?道具に出会いました! 

乗秀です。
東京ではここ数日強風に見舞われ、ますます寒さが厳しく感じます。部屋を暖めて暖をとりたい所ですが、暖房に頼り切りの部屋にこもりきりになると、空気の乾燥で喉がやられてしまいますね。バランスを取って適度かつ健康的に暖まりたい所ですね!

今日は久しぶりに過去の模型体験を描きます。
私が模型に触れたばかりの頃、初めは手近な道具でなんとかしようという考えから、次第に雑誌や店頭で模型用ツールやパーツ等の情報が目に入る様になり、どんどん世界が広がっていくのを感じました。
その中で、雑誌のガンプラ作例でほとんどの確率で登場する名前が気になってきます。
その名は「モリモリ」。

img2.jpg
初めて目にした時は一体何を意味するのか全く分かりませんでしたが、何号か購読するにつれて、「作業中のキットに付いてるなんか黄色い部分」のことを指していると理解し始めます。
そして定期的に出てくる模型用ツール特集でついにモリモリがポリパテの商品名だと言う事を学びました。


411T9ZUp_EL.jpg
そしてポリパテと言えば、よく作例に使われている拳とか頭とか作れちゃう夢のツール!(なぜそのイメージが定着したかに付いては過去の記事で触れています→【とっくん!】プラモデル上達を目指します!

img1.jpg
これさえあれば、旧キットそのままの穴が空いてる拳っぽい物体でなく、本物の様な手首をガンダムに取付けることが出来る!
遂に自分にも、プロモデラーと同じように好きな形をゼロから作れる日がやってくる! と喜び勇んで大きい模型店でお小遣いをはたいてポリパテを買いました。
目指せ、リアルな手首!

img3.jpg
ポリパテは主剤に硬化剤を混ぜる2液性のもので、モリモリは練ると芥子っぽい色になります。これで形作られている部分は黄色くなるので、サフをかける前だとどこを造形したか一目で分かります。
造形に用いられる理由として硬化後の切削のしやすさと硬化の速さが模型加工にちょうど良く(大体30分程でいい感じに加工出来る硬さになります)、またヒケが少ないので思い通りの形に作りやすい点が挙げられます。原型にも用いられており、汎用性が最も高いパテとして長年モデラーに愛されてきました。
これさえあれば、どんな形でも作る事が出来る!!

img4.jpg
造形の基礎さえ学んでいれば。
ゼロから形状を出す場合、立方体の各面に図を書きその通りに削っていって形を出していく作業が基本ですが、それまで粘土をこねる程度しかやった事が無い小学生にはハードルが大変高く、作業につまずくのにそう時間はかかりませんでした。そもそも正確な図がかける画力もありません。

img5.jpg
下積みゼロの少年に更なる悲劇が襲いかかる! そうです、形が全く作れません。
ポリパテの難しい所に、含んでいるシンナー分や硬化剤の添加具合によって粘度が変わるため、ちょっとした変化で造形がし辛くなる点があります。
もちろん練ったままで立方体を作る事は困難なので、ある程度の大きさの塊を固めてから削れば良いのですが、その塊を作る事すらままならず、芥子色のアメーバを量産し続けたのでした。

1452864519783_201702072209151ba.jpg
最終的にこの程度の形を出すくらいにはなれましたが(画像の部品は経年劣化も相まってボコボコですね・・・)恐らくここまででこの体積の十倍以上のポリパテを犠牲にしている筈です。

失敗を重ねて技術を身に付けるだ・・・と自分に言い聞かせながら、奮闘し続けるのでした。(現在も概ね一緒です。)


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top