fc2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
カテゴリー「製作ハウツー 変身忍者嵐」の記事一覧

    

Posted on 18:00:41 «edit»

Category:製作ハウツー 変身忍者嵐

第3回【ボークス1/6変身忍者嵐】製作再開そして完成!! 

こんばんは~よこぽんです。
まずは恒例の1枚から
image0_20210910172229a75.jpeg
チョウセンカマキリの雄です。つい先日の事です。
流石は多摩市…とうれしくなりますね。秋が近ずくとどんどん見なくなってきますね。
子孫を残すため卵を産んだり、冬眠準備を始めたりと様々です。
冬は、恒例の1枚はどうしましょう?
まだ先の事なので考えておきますね。

では、1/6変身忍者嵐の製作開始です。
前回は、調色ゴールド、調色シルバー、調色レッドまで吹きましたねー
1_20210910172115b5b.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

では、レッドにグラデーションを吹きましょう。
6.jpg
分かりますか?接写した画像がこちら。
7.jpg

次にそのレッド部分をマスキングしてマフラーの調色薄紫を吹きます。
9.jpg
10_20210910172125951.jpg
もちろん、顔パーツのマフラー部分も忘れずに塗装しましょう。
11_20210910172127099.jpg
次に十分乾燥したら、マスキングしてお腹のベルトを塗装です。
12_2021091017212887b.jpg

お次は、眉の羽のセンター部分の赤塗装としましょう。マスキングして…
13_202109101721292b8.jpg
白、赤と塗装!
14_202109101721312d1.jpg

それぞれ塗装が終ったらはみ出た部分の調整です。
マスキングを剥がして、筆でタッチアップしてあげましょう。
15_202109101721331c3.jpg
16_2021091017213493c.jpg
19.jpg

本体乾燥後、マスキングを剥がして調色ゴールドを筆塗です。
17_2021091017213693f.jpg
18.jpg
まずはタッチアップして…
20.jpg
ベルトのチェーンを塗装っと。
21.jpg

これで全体の塗装調整は終わりかな。
22.jpg
23.jpg

次は、全体にスミ入れをしましょう。
DSCN9906_20210910172210787.jpg
DSCN9907_20210910172211e3d.jpg

半乾燥後拭き取り。
DSCN9908_2021091017221343d.jpg
全体を見て、バランスよくスミを残しながら。
全パーツ行います。

いよいよ組立です。頭と胴を接着してマスキングテープでズレないように固定。
DSCN9909_20210910172214eb0.jpg

硬化待ちの時間に髪の毛を製作。
付属のナイロンテープを説明書合わせでカットして製作。
DSCN9910_20210910172216c18.jpg
取付後がこんな感じになります。
DSCN9912_20210910172217f35.jpg

次に胴体と腰を接着してマスキングテープで固定。しっかり固まるまで待ちましょう。
DSCN9914_2021091017221990f.jpg

両腕を固定したら完成です。
では、完成画像です。
DSCN9916_20210910172220b5e.jpg
DSCN9918_20210910172222971.jpg
DSCN9920_202109101722235dd.jpg
DSCN9921_20210910172225d08.jpg
DSCN9923_20210910172226b61.jpg
DSCN9926_20210910172228ad1.jpg

いや~かっこよいですね~あまりリアルタイムではなくても
ネット等で当時の映像や動画等があるので幸せですよね~。
またまたお気に入りの1点が増えてしまいました。
ぼちぼち、この変身忍者嵐様にベースも作ってあげましょうかね。

では本日は以上です。おつきあいありがとうございました!

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 17:42:42 «edit»

Category:製作ハウツー 変身忍者嵐

第2回【ボークス1/6変身忍者嵐】製作再開!! 

こんばんは~よこぽんです。
まずは恒例の1枚から。
なんと本日は生物ではないのです、実は現場での作業があったり納品が遠かったりと
高速道路を使う機会が多々あるのですが、その1つのPAに置いてあったのです。
ETC2.0くん!!かわいくないですかw
つい写真を撮ってしまいました。
Mr.ETCの子供で声は声優さんが担当してるとか。
機会があったら探してみてくださいね。
image0_20210817170756589.jpeg
image1_2021081717075828f.jpeg

それでは、変身忍者嵐の製作へと進みましょう!
前回、すべてのパーツのサフの上に黒缶スプレーを吹いておりますので
本日は、まず大半を占めている前回調色しましたシルバーをエアブラシで塗装します。
全パーツ塗装しておりますので乾燥後の画像を掲載します。
画像上だとメタリック感が強く感じますが、拘り調色にて白、パールが入っておりますので
実際はテレビで見たあのイメージに近いのではないかと思います。
DSCN9858_20210817170738482.jpg

影の強弱を強く表現するため、ここでは下の黒を完全に消さずにシルバーを吹いております。
箇所によっては多めに吹いたり薄く吹いたりで調整しながら進めます。
DSCN9859_202108171707395fd.jpg
DSCN9860_20210817170739d38.jpg
分かりますでしょう?

乾燥後は塗分けのマスキングです。
まずは足、腕、剣あたりから進めましょう。
DSCN9866_20210817170745b9c.jpg
DSCN9868_202108171707461d6.jpg
DSCN9870_20210817170749a8e.jpg

次に胴体、頭を進めます。
DSCN9861_2021081717074070b.jpg
DSCN9862_20210817170742fdc.jpg
DSCN9863_20210817170743ec2.jpg
このパーツ2点は、まず、胴体は十字の部分、頭は目が白なのでこの時に薄く吹いております。

次は額の2枚の羽の塗分けです。まずはマスキングして…
DSCN9869_202108171707487a6.jpg

先ほどの胴体に赤を吹いていきましょう。
DSCN9871_20210817170751816.jpg
DSCN9872_202108171707527a1.jpg

マスキングした足や腕も調色ゴールドで塗装して…
ここまででこんな感じで進んでおります。
だいぶ変身忍者嵐がイメージしやすくなってませんか。
DSCN9873_20210817170754b9a.jpg

先ほどの額の羽のマスキングをはがして
DSCN9874_20210817170755f0d.jpg
乾燥後に羽のセンター軸を赤で塗装ですね。

あと大きなところは、マフラーの紫で、あとは細かい部分の色調整ですね。
本日は天気のこともあり、乾燥がよろしくないのでここまでです。
次回でいいとこまで行けそうですね~お楽しみに!!

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 17:18:27 «edit»

Category:製作ハウツー 変身忍者嵐

第1回【ボークス1/6変身忍者嵐】製作開始!! 

こんばんは~よこぽんです。
早速、恒例の1枚?(実際は3枚です。)から。
タマムシです。なんて美しい色合いでしょうか。
image0_2021061816240767c.jpeg
image2_20210618162409ecd.jpeg
image1_20210618162407bcd.jpeg
なんと通勤途中の道でちょこちょこと歩いておりました。
つい手に取って撮影してしまいました。もちろん、そのあとは木につけて放しましたよw

今回は、『変身忍者嵐』より、主人公ハヤテが変身する化身忍者嵐のガレキの製作です。
DSCN0310.jpg
DSCN0312_20210618162405b37.jpg
DSCN0311.jpg
ボークスさんから発売されたレジンキャスト版のキットです。一般的にはソフビキットとして
発売されたのでこのレジン版は少数生産の貴重なキットなのです。

さて、タイトルだけでは分かりにくいと思いますのでさっくりと説明しますと、
1972~1973年にかけて全47話で放送された特撮テレビ番組です。
石ノ森章太郎さんの漫画の中でも人気は高いのですが、テレビ放送では『ウルトラマンA』が
同日開始もあり苦戦したそうです。

このキット製作にあたり、ネット等で調べて動画や画像を見たりしたのですが、これが当時?
と思うほどよくできていてかっこいいあこがれるヒーロー像のイメージがわかりますね。
人気があるのもうなずけます。

それでは、早速製作にかかりましょう。
DSCN0294_20210618162326a41.jpg
パーツ数は9点と少ないですが、実写を見て分かる通り色分けが大変ですね。
(ネット検索で色味参考としてお借りしました。)
DN00.jpg
パーツ数が少ない分、塗り分け用のマスキングが多くなります。
パーティングラインは、実写の衣装の縫い目を残したいのであれば軽くペーパーを
あてるくらいでいいでしょう。

造形は、本当によくできておりますよ。
DSCN0295_20210618162327873.jpg
DSCN0296_202106181623274f0.jpg

まずは、油分を落とすため洗浄して、乾燥後に下地処理です。
段差が激しい場合は、リューター等で削ってあげるとよいでしょう。
DSCN0298_20210618162329965.jpg
半分段差ならしを終えたパーツです。
DSCN0299_20210618162330b85.jpg
全体的にまずは、リューターで粗削りして、サンドペーパーで仕上げですね。
DSCN0300_20210618162332d86.jpg
DSCN0301.jpg
塗装の厚みや、下地の状態等を考慮して今回は320番のペーパーを使用しております。
DSCN0302_20210618162335528.jpg
下地処理が完了したら缶サフ吹きです。全パーツ吹きつけます。
DSCN0303_202106181623367c4.jpg

この間に、調色をしておきましょう。
実写イメージから、黒はそのまま使用しますが、他は色にこだわって調色しました。
まず、シルバーは白さを強く感じたのでダイヤモンドパールにシルバー、黒、クリヤブルーを
各少量混ぜて作りました。ゴールドは、クリヤーオレンジを少々プラスしております。
赤はシャインレッドにクリヤーイエローと黒を少々加えております。首のマフラーは
パープルに白、ブルーを少々加えております。
DSCN0307_20210618162342426.jpg
DSCN0309.jpg

サフが乾いていたら、今回はメタリック色がほとんどなので下地に黒を
缶スプレーで吹いちゃいましょう。
DSCN0304_202106181623386ca.jpg
DSCN0305_20210618162339b8f.jpg
DSCN0306_20210618162341ead.jpg
こんな感じです。
実はよく見るとピンホールが多々あって塗装前にもう一度
全パーツ見直す必要があります。
どうしてもキャスト抜きのときに気泡が残ってしまう事があるのでその処理は
サフを吹かないとわからないことも多いのですよね。
その処理はこの後、次回の塗装までに見直しておきます。

それでは、本日はここまでです。お付き合いありがとうございました。

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top