FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
2017年11月の記事一覧

« 10月     12月 »

Posted on 22:27:55 «edit»

Category:製作ハウツー タイガーI

【ぱんつぁー!】戦車の王道タイガーIをつくるよ! その9【完成】 

どうも杉山です。

さあ長らく製作を続けてきましたタイガー1を完成させます。
といっても本体は前回ほぼ完成しておりますので更に作品製を高めて参りたいと思います。

製作し忘れていた足回りを塗装して取付けます。
本体同様の汚しを施して違和感の無い様にします。
DSCN7451_20171106060244526.jpeg
履帯部分はエナメル塗料のシルバーでドライブラシをかけて金属感を出します。
DSCN7452_201711060602464a4.jpeg


これで本体は完成です。

次にフィギュアを乗せましょう。
このキットにはフィギュアがついていませんので別売りのフィギュアセットの物を使用します。
DSCN7453_201711060602479ac.jpeg
戦車兵や歩兵など様々なポーズや装備の汎用型のフィギュアセットです。小物も多くカスタム性が高いです。

今回はこの戦車長のフィギュアを使いましょう。
DSCN7454_20171106060249e11.jpeg
ただタイガー専用では無いのでこのままのポーズでは腕が邪魔で乗せる事が出来ません。
そこで腕を造り起こしてポーズ変更をしたいと思います。

最初に手首はキットの物をを使うので切り取ります。
DSCN7456_201711060602513fc.jpeg
切り取ったら肩と手首を金属線でつなぎポーズを決めます。この時に実際に戦車に乗せてみて無理の無いポーズの調整をします。
ポーズが決まったらタミヤのエポキシパテ(速硬化タイプ)で肉付けをしていきます。
DSCN7458_20171106060253aaf.jpeg
30分から1時間程でパテがある程度固まってきます。固まりきる前に服のシワを先を削って尖らせた爪楊枝で造形していきます。
DSCN7459_20171106060254f32.jpeg
パテを盛った直後より少し固まってきたくらいが造形しやすいですよ。
DSCN7460_20171106060256481.jpeg

完全に固まったらペーパーで整えて完了です。
折角なので右手に双眼鏡を持たせてみました。双眼鏡のひもはエッチンギパーツのランナー部分を曲げて付けています。
1/48と小さいスケールなので仕方が無いのですがモールドやシワが全体的にダルいので襟周りやベルト等カッターの先で彫り直すとよりシャープな造形になります。

塗装は…。
大まかには顔の肌色を塗装後、マスキングして軍服の黒(塗ったのはかなり濃いめのグレー)をエアブラシで塗装します。シャツや手袋、赤のラインを筆塗りしてツヤ消しクリアーで一度コートします。
服の陰影は薄めに溶いたエナメル塗料で馴染ませながら筆塗りして完成という流れです。
が、小さ過ぎて分かり難いのでまた今度スケールの大きめの物で細かく紹介したく思います。
DSCN7469.jpeg

フィギュアはこれで完成です。

最後にベースを造りましょう。
ジオラマという程の物ではないですが戦車が映える物が良いですよね。

木のデコパージュにファンド(石粉粘土)を敷き詰めて固めます。
DSCN7463_20171106060257d00.jpeg
この時に戦車の位置を決め粘土が柔らかいうちに履帯が浮かない様に押し付けて跡を付けておきます。
ファンドが固まったら、砂利を混ぜた石膏を水に溶いて全体に塗っていきます。
DSCN7464_201711060602599b3.jpeg
筆跡が残らない様に注意しましょう。ここでも固まる前に戦車を置き押さえつけます。この時に地面に履帯の跡がしっかり残る様にします。
DSCN7465_201711060603015d1.jpeg
また、戦車の下だけでなく後ろにも跡を付けてここまで走ってきた様子を再現します。

短く切った筆の毛先です。
DSCN7466_20171106060302f11.jpeg
木工ボンドを使って地面に差し込む様に植える事で草を再現します。
DSCN7467_20171106060304a5a.jpeg


ここで一日置いて乾燥を待ちます。

完全に固まったら塗装します。
DSCN7471_20171106060307ec1.jpeg
サーフェイサーを吹いた後レッドブラウンで下地塗装、少しずつ明るい色を重ねて土っぽく塗っていきまます。

最後に土と同じ様な色のパステルを使って戦車本体に土汚れを付けていきます。
DSCN7472_2017110606030855c.jpeg
粗めのペーパー(今回は400番)でパステルを削って粉にします。
筆につけ履帯、転輪、フェンダー、車体下部の土汚れを施します。
DSCN7473.jpeg
DSCN7474.jpg

先程塗装したベースにも全体的に塗布し乾いた感じにします。

ようやく完成しました!
DSCN7481.jpeg
DSCN7482.jpeg
DSCN7484.jpeg
DSCN7486.jpeg
DSCN7488.jpeg
DSCN7492.jpeg

久しぶりの戦車模型ですがかなり楽しく製作する事ができました。
1/48と小振りなスケールですがそれなりに内容濃いめに作れたと思います。
今度は1/35でがっつり作り込みたい物です。
1/48で本格的なジオラマも良いですね。

さて次は何を作ろうか。お楽しみに!

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



tb: (0)     com: (0)

go page top