FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
Posted on 21:05:52 «edit»

Category:製作ハウツー 川崎C-1

【きゃりあー】川崎C-1第2輸送航空隊60周年記念スペシャルペイント製作② 

まいどっ!

寒い日が続きますね。
寒い中バイクで通勤しております。
身体は慣れたので問題ないのですが、指は千切れそうになるくらい寒いです。
去年はこんな事なかったのになぁ…

さて今回もC-1の続きです。
前回まではこちら接着する箇所を接着した所まででした。
早速続けて行きます!!

DSCN9956_2020011820352020a.jpg

前回パテを盛った箇所と合わせ目消しを兼ねてガシガシ削っていきます。
このキットは合わせ目を跨いでモールドがありますので、様子を見ながらモールドが薄くなりそうな箇所は
先に彫り直して深くしておきます。

写真は処理の終わった状態です。
うっすらグレーに見える箇所はパテで均した箇所です。
本来カバーは開状態の物を閉状態にしておりますので、面一じゃない箇所がありましたね。

DSCN9957_202001182035211ab.jpg

上面はパテ処理が必要ありませんでしたので、そのまま合わせ目だけ消してあります。

DSCN9958_2020011820352332a.jpg

続いてエンジンの処理へ
特別な事は何も無くただひたすら合わせ目を消すだけです。

DSCN9959_20200118203525075.jpg

エンジン前面の合わせ目の箇所
ここは内側のラインが途切れて繋がらないので、パテで繋げます。

DSCN9960_2020011820352692a.jpg

エンジン後面の内側にも繋がらないラインがありますので
ここもパテで埋めて繋げます。

DSCN9961_20200118203528b02.jpg

パテが硬化したら丸ヤスリで均すだけです。
最終的に内部はツヤ消しの黒で塗りますので几帳面に処理しなくても十分でしょう。

DSCN9962_20200118203529285.jpg

エンジンの筒部分の処理が完了です。

DSCN9963_2020011820353163a.jpg

エンジンのステーを仮で合わせてみました。
がっつりと隙間が開いてますね。
ここをエンジンの形状に合わせてステーの接着面を削って調整…
なんてやってられませんので、別の方法で隙間を埋めます。

DSCN9964_20200118203532d1d.jpg

瞬間接着パテを隙間に詰めます。
今回使用したのはガイアノーツさんのパテでして、瞬間接着剤の硬化剤と併用が前提のパテなので
隙間に詰めた後に余分を綿棒で拭き取れば…

DSCN9965_2020011820353443c.jpg

この通り隙間だけにパテが残ってくれます。
盛って硬化後に削るのでも問題ありませんが、先に余分を取ってしまえば
その後の作業も楽チンなわけです。

DSCN9966_20200118203535402.jpg

左右共に処理が完了しました。
盛り→拭き取り→硬化スプレー→磨き で左右合わせて10分位です。
吹きとらずに磨いたらもっと時間かかってますよね

DSCN9967_202001182035371cd.jpg

フラップヒンジも処理しました。

DSCN9968_20200118203539e0a.jpg

ハイキューパーツさんのスジボリガイドテープです。
これを使って何をするかと言うと…

DSCN9969_2020011820354095f.jpg

カーゴランプのモールドの再生です。
実はここのモールド再生は忘れかけておりました。
ガイドテープに沿って慎重に彫るだけです。

DSCN9970_20200118203541a77.jpg

逸れる事無く無事彫れました。
失敗したらパテ等で埋めてやり直しましょう。

DSCN9973_20200118203546deb.jpg

処理が一通り完了したのでパテ処理した箇所や合わせ目のライン上にサフを薄く吹きました。
どうしても処理した箇所が多くなる埋めきれていない箇所や傷などが発生しますので
この段階で確認して処理します。

DSCN9974_2020011820354756d.jpg

傷などの再処理が完了したので機体のベース色の白を塗装しました。
白は感想に時間がかかりますので、その間に別の作業を行います。

DSCN9971_202001182035436b1.jpg

木製の台座の表面にプラ板を貼りました。
木パテで目地を埋めて…とも考えましたが、時間かかりますのでプラ板で囲いました。

DSCN9972_202001182035459c9.jpg

裏側です。

そうこうしておる内に先程の白が乾いたようなので
マスクして腹側のグレーを塗装します。

DSCN9976_2020011820360403b.jpg

資料をよく見てマスクして塗装します。
曲面追従マスク等を駆使してなるべく一筆でマスクすると綺麗に仕上がりますね。

DSCN9977_20200118203605477.jpg

エンジンのファン・後端のシルバーを塗装しました。
これにて粗方の塗装は終わりました。

次回はデカール貼りとウレタンコートへと進みます。


次回もぜってぇ見てくれよなっ!!!!!!!!1

筆者:神宮司
NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。
スポンサーサイト



tb: (0)     com: (0)

go page top