FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧

    

Posted on 23:09:21 «edit»

Category:模型総合病院

【模型総合病院】忍者を修理でござるの巻【その7】  

☆ギャラリー更新しました☆

グンゼ産業 1/12 Scale
カワサキ650W1S
↑カワサキ製伝説のバイクを精密キットにて再現!↑


今回もやって参りました、模型ファンの心強い味方模型総合病院です!
これまで様々なジャンル・材質の模型を取り扱ってきました。どれだけ当サービスが幅広く対応できるかお分かり頂けたでしょうか。
さて今回は、壊れた訳では無いけれど気になる部分が・・・という模型総合病院で最もご相談が多いお悩みの一つをご紹介致します。


CIMG0479.jpg
ニンニン! ソフビ製の忍者ハットリくんです。一見何も問題がないように見えますが・・・

CIMG0480.jpg
よく見ると服のあちこちに白っぽい斑点が! どのフィギュアでも、周りの環境によって故意に何かをしなくても表面や塗膜が段々おかしくなってしまうことがあります。

CIMG0481.jpg
かすれた部分も見られます。軽いソフビはふとした瞬間に倒れたり転がったりしやすい為、知らず知らずのうちに傷が入ってしまう事も多いですね。

CIMG0482.jpg
腕の鎖帷子の部分にも傷が! 

CIMG0483.jpg
変色は後ろ側にも出ていました。シンプルなボディだからこそ、こうした部分はとても目立ってしまいます。また下手に直そうとしてかえって目立ってしまうケースが多いのも、この手のソフビです。色をきっちり合わせてまわりと同じになるようにエアブラシを駆使して慎重に塗装します。



そして直った姿がこちらです!




IMGP1277.jpg
白っぽい斑点や傷が無くなり、新品の姿に戻りました!


IMGP1279.jpg
背中もご覧の通り!
ソフビの上に塗装する際はソフビ専用塗料(Vカラーシリーズ等)を必ず使用します。一般的に模型で使われるラッカー系やアクリル系塗料等はソフビに食い付かず、弾力がないため素材に力が加わると塗膜が割れてしまうからです。それでもラッカー等でないと出せない色味で彩色する際は、ソフビ塗料をかけた面の上から塗装するとしっかり食い付いてくれます!


IMGP1282.jpg
鎖帷子部分の傷もご覧の通り! 網ごとにマスキングして対処しましたが、マスキングを失敗すると編み模様が消えてしまい修正が大変な事になってしまいます。日頃からフィギュアだけでなくスケール系等も幅広く手がけているから培われたマスキング技術が遺憾なく発揮されています!


IMGP1283.jpg
※見やすいように腕を動かしています。
無事に綺麗な姿を取り戻せたハットリくんは、無事にご依頼者様の手に戻りました。ニンニン。
今回の変色に限らず、ソフビ人形は時間経過によって様々なトラブルが発生する場合があります。あれ? と思ったら模型総合病院に是非ご相談下さいね!

主治医:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

tb: (0)     com: --

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/107-7a060a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top