FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03
このページの記事一覧

    

Posted on 18:31:58 «edit»

Category:絵日記

【まいぼつ!】プラモデルのリアルを追求した結果です! 

先日お客様から「ブログ見ました。乗秀さんって本当にあんな髪型なんですか?」とご質問頂きました。違います。
経緯は忘れましたが、気づいたらあのカタチになってました。髪型以外の記号は似てると思います。


そろそろネタ切れかと思いきや、記憶を辿るとまだまだ出てくる過去の模型珍プレー。今回はその中の一つをご紹介します。

時代は1999年! 世界は核の炎に包まれず恐怖の大王もやってこなかったときに、乗秀少年はガンプラを始めました。
そして同時期にガンダムはシリーズ20周年を迎え、新作が発表されました。


01_2016061917452498a.jpg
ターンエーガンダムです。
ガンダムのようなメカが過去の遺物になった未来の話で、遺跡と化したガンダム達を発掘していく展開は子供心ながらに毎回ワクワクしました。
特に主役のターンエーガンダムはとても独創的なデザインで、いつもオデコに付いているツノが口に移動している事から【ヒゲ】の愛称で現在も親しまれています。

02_20160619174525781.jpg
しかしこのデザインは未だに賛否を呼んでいて、放送当時このガンダムがカッコいいと思っていたのはクラスで僕一人だけでした。
番組開始より半年ほど前にガンプラを始めた少年は、プラモデルのいろは程度は覚えた段階。このカッコいい(自分比)ガンダムをリアルに作りたいという欲求がメラメラ涌いてきました。
少年は思案し、ターンエーガンダムが初めて登場した時の雰囲気で作ろうと決意します。
前途の通り、このガンダムは遺跡になっているのですが、山の中で石像のように固まっていてあるきっかけで再び動き出します。

埋没していたガンダムが、動く瞬間が再現出来れば・・・!!


考えた結果





03_20160619174527dae.jpg
本当に埋める事にしました。

ウェザリング(プラモデルを汚してリアルにする表現)の概念は把握していましたが、やっぱりリアルにするには実際あるものを利用するのが一番! と考えて本物の土を利用する事にしたのです。
しかしただ土を塗りたくるだけでは思った様な表現にならず、ならば土に埋めて暫く放置した後に掘り返せば雰囲気抜群になるのではと考え、近所の斜面で実行した次第です。


04_201606191745281e1.jpg

すこし深いところまで彫り、プラモデルを埋めればあとは待つだけ!
目印にその辺で拾った棒を刺し、一週間後に掘り返す目処でその場を後にしました。



そして数日後・・・




05_20160619174530cd2.jpg
大雨が襲来。
埋めたガンダムは目印もろとも消えてしまい、雨が上がった後に周辺を掘り返しても見つかる事はありませんでした。
流されてしまったのか、とられてしまったのか、もしくは本当に遺跡になって今でも埋まっているのか・・・今では知る由もありません。

実際の所1/144のガンプラに本物の土を使うと、スケールが全く合わない上にガチガチに目止めしないと土が散らばってひどい事になるので、この方法はおススメ出来ません。パテやパステル等で再現するのが良いと思います。
こうして少年は(結果どうなるのかすら分からなかったけれど)ウェザリング表現での最適な素材選びを学んで行くのでした。


06_2016061917453956a.jpg
しかし直後に「湿地帯の汚し表現の為にどぶに放置」も試すので、実際ちゃんと学んで行くのはもうちょっと後だったかもしれません。


筆者:乗秀


NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/143-ec72d519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top