FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03
このページの記事一覧

    

Posted on 20:24:39 «edit»

Category:製作ハウツー ピーチ エアバスA320

【りょかくき!】ピーチ エアバスA320をピッカピカにつくるよ!その4 

どうも、12月まで暖房は我慢の男、杉山です!
11月に入って一週間、早くも暖房の誘惑に負けそうです。

さてさて、本日もpeachの続きですよ。
えー、前回までで羽根の塗装が終わって、いよいよ今回はメインの本体塗装に入って行く訳です。

まず取り出したりますはこちら、デカールです。
CIMG8763.jpg

いえいえまだデカールを貼る訳ではないですよ。
何に使うかと言いますと、塗装するには色を作らねばなりません。というわけでこのデカールを参考に色を調色します。
もちろん本物の写真も参考にしますが、垂直尾翼にこのデカールを貼る訳ですが本体と色が違ったらおかしいですよね。

こちらが調色した本体に使う4色です。
CIMG8764.jpg

いずれの色も使用したのは、Mr.カラーのピンク、パープル、ホワイト、蛍光ピンクと調整にMr.色の素のシアンとマゼンタを使用しました。色の素は純色の色ですので変な色が混じっている事も無いので調整には重宝しております。

調色が終わったらマスキングです。
まずは白を残す部分をマスキングです。前の方と後ろの下の部分ですね。
曲線が難しいマスキングです。細いマスキングテープで気合い一発でマスキングラインを作るのも良いですが、今回は誰でも簡単に上手くいく方法をご紹介します。

準備しますは組立て説明書の塗装解説面です。
CIMG8765.jpg
CIMG8766.jpg

塗りわけラインや、細部の色指示、デカール指示が記載されています。ここに印刷と模型本体の比率が記載されています。
使うのは上面と下面です。70%縮小となっていますので実寸大に拡大コピーをとります。

コピーがとれました。
CIMG8767.jpg

コピーがとれたらマスキングする箇所にテープを貼り、マスキングラインに沿ってカッターで慎重に切って行きます。
この手のマスキングは上面、下面の曲線の交わる部分と左右の曲線具合が肝になってきます。
この方法を使うとその一番肝心な部分を簡単にクリア出来るという訳です。
CIMG8769.jpg
CIMG8771.jpg

切り終わったら、紙から慎重に剥がし本体に貼ります。左右ズレないように、上手く貼れるまで何度もトライです。
上下が貼り終わったら、側面を細めのマスキングテープで自然になるように繋ぎます。
あっという間にマスキング完了です。
CIMG8772.jpg

まずは明るいピンクから。
しっかり乾かして、白部分と同様にピンクの部分をマスキングしてパープルを塗装します。
ここでも塗装は白吹きの時の要領でツヤツヤになるようにしましょう。
CIMG8774.jpg

因みにこのマスキング方法は、戦闘機等の迷彩塗装の時によく使用される方法です。
最初は慣れが必要ですが、マスターすれば色んな場面で使えるテクニックですね。

さて2色吹き終わりませたので乾燥後、マスキングを剥がします。

なかなかビビットなコントラストですね。・・・ん!?
CIMG8783.jpg

どうやら下の色が乾ききっていないのにマスキングをしてしまった様で、テープの跡が残ってしまいました。
迂闊でした。もう乾いただろ〜♪なんてマスキングするとこんな感じになります。寒くなると乾燥が遅くなりますからね。
でも大丈夫!度合いにもよりますが綺麗に直りますよ。
クリアーコート(光沢)をスプレーでかけるだけです。(場所や状態によってはエアブラシをおススメします)
CIMG8784.jpg

ご覧の通り、分からなくなりましたね。
結構誰でも焦って作業するとやりがちなミスなので、この方法は覚えといて損はない!はず!

マスキングを剥がしたら、マスキングラインをチェックしてみて下さい。
CIMG8780.jpg

写真だと分かりにくいかもしれませんがマスキングしたラインに沿って塗装の段差が出来ています。
触るとすぐ分かると思います。厚吹きしすぎると段差が大きくなってしまうので、薄く(特にマスキングラインは)塗装する様心がけましょう。
それでも、多少は段差は出てしまいます。多少の段差であればエナメルシンナーを含ませた綿棒で軽く擦ってやると気にならなくなります。
CIMG8781.jpg

今回の場合はマスキングしたラインに線状のデカールを貼りますので、多少のはみ出しやギザギザは気にしなくてよさそうですね。

CIMG8778.jpg

うん、我ながら良いピンクだ。
次回は細部塗装とデカール貼りです。お楽しみに!

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*

201611cam_blog_20161110100651615.jpg

11月限定で、製作代行をご依頼頂いたお客様に特注のアクリルケースをプレゼントするキャンペーンを始めました!
詳しくは上記画像をクリックして詳細ページへGO!

キャンペーン期間は11/30まで!

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/213-2a49277f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top