Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
このページの記事一覧

    

Posted on 19:21:59 «edit»

Category:製作ハウツー ゲパルト自走対空砲

ドイツの対空戦車【ゲパルト!!】を製作しちゃうぞ〜 第一回 

こんばんは〜
秋も過ぎ、一気に冬になって身体がついていっていないよこぽんがご報告いたします!
でも、風邪をひいているということではありませんよw

さてさて、今回は前回に告知させて頂きましたゲパルトを製作します。
私自身がとってもとっても大好きな戦車の一つですので是非お付き合い下さい。

早速、説明書通りに製作開始です!まずは、ホイル、車体下部を作ります。
ニッパでパーツを切り取り、接着していきます。
CIMG9139.jpeg
CIMG9141.jpeg
CIMG9142.jpeg
CIMG9143.jpeg

ホイルのゲート跡はさっくりとペーパーで均しておきます。
わかりやすいように、ホイルは車体下部に仮付けしてあります。
実際には色の塗り分けがありますので、ホイル単体で塗装しますよ。
CIMG9144.jpeg

次に、車体上部の製作です。
戦車の場合はほとんど単色仕様の車輛が多いので、どんどん組立てて一気に塗装というやり方が実に豪快でいいですね〜
CIMG9145.jpeg
CIMG9147.jpeg

ここで、ポイント!
金網の取付けは浮きやすいので、接着後にマスキングテープ等で浮かないようにおさえてあげましょう!
CIMG9146.jpeg

次は、砲塔の組立てに入ります。
CIMG9148.jpeg
CIMG9149.jpeg

組立ての最中に、接着が終わったパーツはパーティングラインをカッター等でとっておきましょう!
組立てをどんどん進めて一気に後でパーティングラインを仕上げても問題ありませんのでそこはお好みで進めましょう!
CIMG9151.jpeg

つぎに、キャタピラを組立てておきます。
熱したドライバー等で差し込んだピンを溶かして抜けなくします。
CIMG9152.jpeg
CIMG9155.jpeg

ここで、熱することが必要な所がございますので一緒に進めます。
それは、適当なランナーをカットしてそこからアンテナを作っておきます。
ランナーが柔らかくなるまであぶり、柔らかくなったところで両端を引っ張るとみよ〜んとランナーが細く伸びます。
これは伸ばしランナーという手法で、昔から細い線やアンテナ等をお手軽に再現するテクニックとして広く知られています。引っ張るタイミングや速さで様々な太さの伸ばしランナーが作れますので、色々試してみましょう!
CIMG9156.jpeg
CIMG9157.jpeg

今回は、まっすぐなアンテナにしました。走行している雰囲気を出したい場合は、先端をちょっと曲げて作っても良いですね。
CIMG9158.jpeg

またまた、説明書通りにどんどん製作を進めますね〜
CIMG9159.jpeg

フィギュアも接着しておきます。
CIMG9160.jpeg

これで、ほとんどの組立てが終わりました!!
この段階までで、撮影しながらゆっくり進めたとしても約3〜4時間もあればできるのではないでしょうか。
今回は、パーティングラインは撮影に必要な部分のみしか行っていないので、下地の仕上げも含めたら1日くらいは見た方が良いかもしれませんね。
パーツ数もそれなりにありますので本日はここまでです。

CIMG9162_20161119191537252.jpg


次回は、下地処理〜ちょっとしたディティールアップを考えております。お楽しみに!!

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*

201611cam_blog_20161110100651615.jpg

11月限定で、製作代行をご依頼頂いたお客様に特注のアクリルケースをプレゼントするキャンペーンを始めました!
詳しくは上記画像をクリックして詳細ページへGO!

キャンペーン期間は11/30まで!

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

 

履帯の焼き止めですけど、はんだごての先端を反対にして、平たい面出すと、簡単ですよ

  by -

 コメントありがとうございます。

焼き止めの作業方法ありがとうございます。
実は、弊社でもはんだごてを使う事はよくあるのですが、ブログを見て頂いているお客様ですとはんだごてを持っていない方も多いので一つの方法として記載させて頂きました。
実際には、模型をやっている方のことも考慮して、どちらも掲載した方が良かったですね。
以後気をつけますので今後もぜひ見てあげて下さいね!

  by 横山

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

履帯の焼き止めですけど、はんだごての先端を反対にして、平たい面出すと、簡単ですよ

2017/02/03 12:46 | URL |  #-  edit

コメントありがとうございます。

焼き止めの作業方法ありがとうございます。
実は、弊社でもはんだごてを使う事はよくあるのですが、ブログを見て頂いているお客様ですとはんだごてを持っていない方も多いので一つの方法として記載させて頂きました。
実際には、模型をやっている方のことも考慮して、どちらも掲載した方が良かったですね。
以後気をつけますので今後もぜひ見てあげて下さいね!

2017/02/05 17:26 | URL | 横山 #-  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/218-394eba81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top