FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧

    

Posted on 14:53:27 «edit»

Category:製作ハウツー 軍用ハーレー&ジープ

【じーぷ!】軍用ハーレーとジープをつくるよの巻 ④ 


新年明けましておめでとうございます。
今年も何卒宜しくお願いいたします。

今年一年は自分にとって変革の年にしていきますので
カラっカラのスポンジの様に吸収していきたいと思います。

まいどっ!
大晦日からお正月と食っちゃ寝食っちゃ寝のはじめちゃんです。
数の子をつまみにお酒ばかり飲んでいたせいか
身体が重く感じる次第です。

前回までの記事はこちら

ハーレーの小細工が終わった所まででしたので、今回はジープの製作に移ろうかと思います。
キット裏側の刻印を見ると1997とありましたので、比較的新しいキットのようです。

早速見ていきましょう!

DSCN3880.jpg

流石はタミヤさんのキット!歪み等はありませんので、パーティングラインの処理をしながら
どんどん組立てていきます。

DSCN3886.jpg
DSCN3878.jpg

こんな感じでパーティングラインを見つけたらカッターの背でカンナ掛けの要領で
削り取っていきます。

DSCN3907.jpg

途中で気になったのがマフラーの先端部です。
前回のハーレーの時と同様にピンバイスで開口していきます。

先ずは0.3mmのピンバイスでアタリをとりました。

DSCN3908.jpg

次いで0.5mmのピンバイスで穴を大きくして開口完了です。

DSCN3909.jpg

車体に後から取付ける取手のパーツです。
かなり小さくて整形時に保持するのも難しいサイズのパーツです。

ミリタリーモデル等ではこういった小さなパーツや細いパーツが多く見られ
変に力を入れようものなら折れてしまったり、ピンセットに力が入りすぎて
整形後にぽーんとどこかに飛んで行ってしまったりと頭を悩ませるパーツなのですが

私の場合はランナーから切り出したら先に接着してしまい
乾燥後に整形をするようにしています。
これなら保持し難いとか紛失の心配もありませんからね。

DSCN3910.jpg

こんな感じで紛失や破損する事なく整形が完了しました。

DSCN3911.jpg

現段階で組める所まで組んでみました。
座席のパーツは下回りが塗装し難いので乗せてあるだけで接着はしていません。

DSCN3920.jpg

細かい部品の整形と組み付けに移ろうとしたところで
トラブル発生です。

御覧の通りポッキリと折れてしまいました。
元々細くて折れやすいパーツなのでこの際金属線で作り替えてみます。

元のパーツの置き換える部分の長さを測って0.5mmの真鍮線に置き換えました。

DSCN3923.jpg

DSCN3924.jpg

取付けるとこんな感じです。

細かい部品の切り出しと整形を続けていきます。

DSCN3925.jpg
車体に取付ける消化器とライフルなのですが、ダボ等は無く塗装後に
本体に直接接着する部品なので、塗装の持ち手をつける場所がありません。

この場合は接着後に見えなくなる場所に持ち手用の穴を開けて
持ち手をつけます。
写真では0.5mmの穴をあけてあります。

DSCN3926.jpg

これで問題なく塗装して、接着後には穴は見えなくなります。

これで本体の加工は終わりかと思いましたが
実車の写真を見ているとスコップや斧の取り付け用のベルトがありませんので
少し手を入れていきたいとおもいます。

DSCN3927.jpg

ベルト取付け用の金具は0.3mmの真鍮線で作りますので
本体側に0.3mmの穴を開けます。
下側の穴は間違えた位置にあけてしまいましたので、後で埋めておきます。

DSCN3928.jpg

斧を支える金具を製作しました。
斧に合わせてえいやっ!と曲げただけです(笑

DSCN3949.jpg
製作した金具を取付けてみました。
キットのままだと宙に浮いてる状態でしたが、これでしっかり固定されてる感じがしませんか?

DSCN3951.jpg

同様にスコップを固定するベルトの金具も作りました。
更に気づいたのが前項で取付けた取ってのボルトが省略されていましたので
実車と同じ位置に0.3mmの穴をあけて真鍮線を差し込み、短くカットして
再現してみました。
4つの取手で各4個の合計16カ所の穴あけとボルトの加工です。

固定用ベルトはこちらを使用して再現します。

DSCN3952.jpg

KSモデルさんの真鍮帯板0.6x0.2です。
実はこれ鉄道模型店で手に入るアイテムなのです。

最初はプラ板を加工して作ることも考えましたが、初めから指定のサイズに
切り出されている商品はとても使い勝手が良いのでこちらを使用します。

適度な長さに切り出したら、端を丸めて先程製作した金具に引っ掛けて
接着するだけです。

DSCN3953.jpg

こんな感じになりました。
これでジープ本体の組立て・加工は終わりです。
次回はこのジープと前回のハーレーの塗装へと移ります。
もう少々お付き合いくださいませ。

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/244-798f1ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top