FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧

    

Posted on 18:45:51 «edit»

Category:製作ハウツー ガンダムMk-II/ガルバルディベータ

【目指せRGテイスト!】ガンダムMk-II VS ガルバルディベータを作ります! 第十ニ回 

乗秀です。
引き続きガルバルディの下半身加工に入ります! 今回の加工はスジボリやプラ板でのディティール調整等が中心になり、前回と内容が重複する加工が多々ありました。重複する内容は割愛させて頂きます。


CIMG5150.jpg
爪先に追加した可動関節の影響で、現状では曲げ伸ばしをした際に大きく隙間が開きます。多少は足首側に沈み込む様に調整出来ましたが、いずれにしても隙間の問題はなんとかしたい所です。


DSCN4367.jpg
可動箇所の妨げにならないよう注意を払いながら、爪先の形状を延長する事で解決を図ります。可動で見えて欲しくない範囲をプラ板で延長して塞ぎます。
爪先の角度に合わせてそのまま延長したくなる所ですが、そうすると奥が引っかかってしまいますので、プラ板で接ぐ部分ですこし角度を下げて形状を出しています。


DSCN4368.jpg
曲げても延長した部分が露出して不自然な隙間が無くなりました。踵の方は沈み込む形で調整を取っています。

DSCN4369.jpg
形状の調整が取れたパーツから、順次継ぎ目消しや傷埋めの下地処理に入ります! この段階で下地処理にめどを付けておかないと、スジボリが入れ難い上にその後の処理がもっと大変になってしまいます。


処理を終えた部品から順にスジボリを追加して行きますが、曲面で構成されたボディ相手ですと今まで使用していたガイドテープではフォローしきれない部分が出てきます。ガイドテープは硬いので縁が歪む事無く貼れる反面、一切曲げ伸ばしが利きません。
そんな時は、こちらを使用します!

717eRNX9W0LSY445.jpg
タミヤ製の曲面追従マスキングテープです! こちらは本来は複雑な曲面を塗り分ける為に用意されたマスキングテープで、柔らかなビニールで出来ている事が特徴です。少し力を入れるだけで簡単に曲げ伸ばしが出来るので、この追従性をスジボリにも活かしちゃおうと言う魂胆です。

DSCN4370.jpg
緩やかなカーブを描く箇所が多いガルバルディには最適なテープです! ただ曲げ伸ばしが容易に出来ると言う事は、それだけ素材が柔らかいと言う事でもありますので、これまで使用していたガイドテープ相手と同じ力加減でケガキをいれようとすると、テープの縁を簡単に傷めてしまいます。なるべく力を入れず、何度もなぞって彫り込みましょう!

各ラインを計りながらスイスイ〜とスジボリを進めていると、おかしな点が出てきました。

DSCN4371_20170122184442a3a.jpg
線ごとに長さを計りながら彫っているのに、明らかに幅がおかしくなりました。
原因は裾の広がり部分のラインなのは明確ですが、ここはキット元来のラインをなぞっただけなので、こんなにズレる筈がない・・・?
待てよ・・・(ごそごそ)

DSCN4372.jpg
キットのモールドがズレてるー!?

予備で用意していた手つかずのキットを見たら、一目瞭然でした。2mmくらいズレています!
実はこうした事は旧キットでは数多く発生しており、ひどい物ですと左右で面の角度が異なっていたり、貼り合わせる部品が1mm近くズレることがあります。
ガルバルディは初めの頃ご紹介したとおり、この時期の中では一つ頭抜けて完成度が高いキットです。完成度が高いからこそ全体を過信してしまい、こうしたズレを見落としてしまいました・・・これは反省です。
そんなわけで片足のモールドを丸々修正し、どうにか並べられる様に調整する羽目になってしまいました。プラ板とか足す前で良かった・・・。

そんなイレギュラーが発生し、画像に残していない範囲でややこしい調整を繰り返していましたが、どうにかカタチになりました。

DSCN4374.jpg
下半身の加工が一通り終わりました! 上半身のときもそうでしたが、この段階で撮影をするとスジボリが飛んでしまうのが少々残念です。

DSCN4376.jpg
DSCN4377.jpg
DSCN4378.jpg
全身を繋いで、再度バランスを確認します。パネルごとに色を変える塗装で更に情報量が増える見込みですので、この段階で過剰にディティールを増やさない様に気をつけてきましたが、もうちょっとアクセントを付けても良さそうですね。

DSCN4379.jpg
Mk-IIとにらみ合い! 近づきつつある直接対決、勝つのはどちらか・・・!? Mk-IIに蹴らせる為にガルバルディを作っているんですけどね!

DSCN4380.jpg
本体にかまけて、武器は何もしていませんでした。い、いかん!
次回で改造と下地処理を完了する予定です! ワンフェスまでの完成が見えて来たかな!?


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/251-5a19bb5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top