fc2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
このページの記事一覧

    

Posted on 19:47:48 «edit»

Category:製作ハウツー 軍用ハーレー&ジープ

【はーれー!】軍用ハーレーとジープをつくるよの巻 ⑦ 

まいどっ!

最近は外に出る機会が増えたはじめちゃんです。
ランボルギーニやフェラ−リ、ロールスロイスといった高級車を直に見れて
正に眼福眼福です。
工房のある永山の光景も見慣れてて良いものですが
そういった都心の頑張ってる感じに自分も活力や刺激を貰えて素晴らしい限りです。

えっと前回までの記事はこちら
ジープの塗装が完了した所でした。
今回はハーレーの塗装に入りたいと思います。

その前に前回の最後でお伝えしていました、ブレーキレバーの製作からです。

DSCN4690.jpg

実車の写真を見ながら、0,5mm程度の木っ端プラ板を適当に切り出しました。
ここから実物の形状に合わせて削り、整形をしていきます。

DSCN4691.jpg

整形を済ませて、基部とレバー部の境目に筋彫りをいれました。
それぞれの部品の固定にボルトが仕様されているので
そのボルトはアルテコSSPをちょこんと盛って再現しました。

DSCN4692.jpg

0.5mm程度(かな?)の手元にあった金属線の先に少し硬めに練ったアルテコSSPを取り
再現したい箇所にちょこんと乗せてできあがりです。
多く盛りすぎて失敗した場合はSSPが固まる前でしたら
綿棒等で取り除けるので、上手くいくまでやり直しが出来ます。
実はこれは戦闘機や戦車のリベットの表現でも使えますので
覚えておくといいかもしれませんよ。

DSCN4693.jpg

製作したブレーキレバーをハンドルに取付けた様子です。
瞬間接着剤で接着したのですが、私はグルーアプリケーター代わりに
折り取ったカッターの刃を使用しています。
爪楊枝を使用する場合、木が接着剤を吸ってしまい思ったように隙間に
流れてくれない事があったので使用しています。
再利用って事ですね。

DSCN4694.jpg

本体のメイン色のオリーブドラブを塗装しました。
前回迄で金属を使用した箇所には予めメタルプライマーを塗布してあります。
この後は細かい箇所の塗装になりますので筆塗りで対応していきます。

DSCN4695.jpg

まずはサイドバックから
手元にあった皮っぽい色味の塗料で土地色というのがありましたので
それをペタペタと筆で塗装しました。まだ生乾きです(笑

DSCN4697.jpg

サイドバックの塗料が乾く迄の間に他の皮の塗装を進めます。
フロントのマシンガンホルダーとシートも革製ですので
同じ色で塗装しました。

DSCN4698.jpg
DSCN4699.jpg

マシンガンホルダーとシートが乾く迄の間にタイヤの塗装をしました。
こちらはクレオスさんのタイヤブラックという塗料をそのまま筆塗りしました。

DSCN4700.jpg

先程のサイドバックが乾いたので更に進めます。
皮の擦れた感じを表現する為に、全体的にタンをドライブラシの要領で薄く塗装しました。

DSCN4703.jpg

角の部分や変色した部分の表現でピンクを塗装しました。

DSCN4704.jpg

マシンガンホルダーも同様に塗装しました。
マシンガンのストック部は木製なのでエナメル塗料のブラウンで木目っぽく細い線を描き入れ
エナメル溶剤のみを含ませた筆で部分的に溶かして滲ませてぼかしてあります。

DSCN4705.jpg
DSCN4706.jpg
DSCN4707.jpg

塗装が完了した細かい部品を本体に取付けて組立ては完了です。

DSCN4709.jpg
DSCN4715.jpg
DSCN4716.jpg
DSCN4717.jpg

前回製作したジープと並べてベースに置いて完成です。
基地のアスファルトの地面をイメージしたベースと相まって
ジープとハーレーがかっこ良く仕上がったのではないかと思います。


……
………

ごめんなさい、実は内緒にしていたことがあります。
これで完成ではないんです。この2台はメインでは無いんです。
なんか殺風景で地味な感じがしませんか?
何かこう…花が無いと言いますか。

てなことで、次回は

DSCN4732.jpg

このお姉さん達を製作して並べたいと思いますので
乞うご期待っ!!

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/256-7c5823c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top