FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
このページの記事一覧

    

Posted on 22:19:00 «edit»

Category:製作ハウツー メルセデスベンツ アクトロス

【まーしでぃーずっ!】ベンツのトラック製作④ 

まいどっ!

はじめちゃんです。
今日は関東は雪ですね。

子供の頃から雪には馴染みがないので少々ワクワクしております。
雪だるまもかまくらも作った事がないので作りたい気分で一杯ですが
流石に良い歳ぶっこいて雪で遊ぶ訳にもいきませんので我慢我慢です。

さて、今回もトラックの続きです。
前回はこちら
基本の青の塗装が終わった所です。
では早速続けて行きたいと思います。

DSCN9296.jpg

デカール貼りに進みたいところではありますが、キャブ全体を改めて見てみるとゴミが乗っかっています。
デカールを貼る前にゴミを取り除いてキレイにします。

全体を見回してゴミや塗料のブツブツ等気になる箇所を目の細かいペーパーで擦り落として処理します。
今回は1500番のペーパーを使用しました。

ペーパーを当てると色が薄くなったり、サフの層がでてしまったりしますので
再度基本色で塗装して修正しておきました。

DSCN9300.jpg

グリルの奥を塗り忘れていましたので、この段階で塗装します。
この黒はウレタンコート後にツヤを落とします。

DSCN9302.jpg

ドアの裾にメルセデスベンツのロゴがモールドされています
ここはシルバーを筆塗りで対応しました。
デカール貼りの前に塗装すべき箇所はこれで全て終わりですので
次はデカールを貼ります。

DSCN9301.jpg

デカールはシートを丸々切り取るのでは無く
薄皮一枚残す間隔で台紙から剥がすと、余ったデカールが管理し易いです。
薄皮一枚で剥がすと、水に浸けた時に糊が溶け易くなるとも言われています。

私は下手っぴなので、切り抜いてしまったりしています。

DSCN9303.jpg

扉の大きなデカールを乗せました。
実物の写真を参考に位置を決めます。

DSCN9304.jpg

パネルを跨ぐ箇所はデカールに切り込みを入れて馴染ませます。
よく切れるカッターで力をいれずに腕の重みだけで切るとうまく切れます。

DSCN9305.jpg
DSCN9306.jpg

前面のデカールも貼れました。
サイドのデカールは切れ目を入れて貼り込んでありますので
パネルラインがキレイに見えますね。
DSCN9307.jpg

このパーツは何て名前なんでしょうか。
キャブの後ろ側に取付けるパーツですが、ここも大判のデカールを貼りました。

シワになり易く位置決めも大変でしたが、落ち着いて破らない様に貼りましょう。
私は一カ所破いてしまいました…笑
後で似た色で修正しておきます。


DSCN9308.jpg

デカールが乾燥したらいよいよウレタンコートです。
乾燥後に研ぎ出しますので、エッジ等を中心に地が出易い箇所は気持ち多めにクリアーをかけておきます。
どの程度?と感覚でかけていますので説明は難しいのですが、私は平面の1,2~1,3倍程度多めにかけています。

今回はここまでです。

中々思う様なスピードで作業が進まずモヤモヤしますね。
次回はシャーシの組立へと移ります。

次もぜぇってぇ見てくれよなっっっっ!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

 イタレリ~‼

初めまして、いつも長江先生のブログにお邪魔してる喜代治丸と申します。
今日はこちらのブログに寄り道したらイタレリのベンツが‼
私も現在イタレリのMAN F2000を製作中なのでとても嬉しく、参考にさせて頂きます。(アオシマばかりでイタレリ初めてなのです・・)
まだデカール貼りまで行っていないのですが破れやすいんですね・・見た感じは厚そうで、むしろ硬すぎて貼りにくいのでは?と思っていました💦
次回も楽しみにお待ちしてます‼
ちなみにキャブ後ろのエアロパーツはサイドデフレクターと言います。メーカーによって呼び名が違うパーツも多いですが・・

  by 喜代治丸

 喜代治丸さんへ

コメントを頂きまして誠にありがとうございます!

まだまだヒヨッコの私めのブログにお目通し頂きまして光栄の極みです。
前回国産メーカーのトラックを製作しましたので、今回は海外メーカーのを
と簡単な気持ちで手をつけましたが、スケールが大きい事もあり
パーツ数が多く苦戦しております。
まだまだ稚拙な技術や文章が多くありますが
今後の参考にして頂ける様に、頑張りますので最後までお付き合い下さいます様
お願い申し上げます。

さてデカールの件ですが、メーカーによってかなりの差があるなと感じました。
国産メーカーのデカールは割と簡単に台紙から剥がれてくれますが
今回のデカールは糊が強く、国産の倍の時間がかかりました。
最終的にピンセットで強引に剥がした箇所もありました。
位置決めの際も仮で置いたは良いものの、水を付けても動かなくなり
端からピンセットで掬って貼り直した箇所もあります。
糊の強さもあり貼り難さは感じませんでしたが、ソフターで柔らかくなり過ぎ
一旦乾燥後に見たら密着していた箇所が所々シワになっておりました。
シワを伸ばす為に筆でしごいたら破れてしまった次第です…
ソフターを付け過ぎましたね 笑

何事においても失敗は付いて回るので仕方ないのですが、問題はその失敗をどうリカバーするかが大事と弊社代表も教えております。

名称が謎のパーツはサイドデフレクターという名前なんですね!
有り難うございます。勉強になります!!

  by NAGAEアートプロダクション 神宮司

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

イタレリ~‼

初めまして、いつも長江先生のブログにお邪魔してる喜代治丸と申します。
今日はこちらのブログに寄り道したらイタレリのベンツが‼
私も現在イタレリのMAN F2000を製作中なのでとても嬉しく、参考にさせて頂きます。(アオシマばかりでイタレリ初めてなのです・・)
まだデカール貼りまで行っていないのですが破れやすいんですね・・見た感じは厚そうで、むしろ硬すぎて貼りにくいのでは?と思っていました💦
次回も楽しみにお待ちしてます‼
ちなみにキャブ後ろのエアロパーツはサイドデフレクターと言います。メーカーによって呼び名が違うパーツも多いですが・・

2018/01/23 15:21 | URL | 喜代治丸 #-  edit

喜代治丸さんへ

コメントを頂きまして誠にありがとうございます!

まだまだヒヨッコの私めのブログにお目通し頂きまして光栄の極みです。
前回国産メーカーのトラックを製作しましたので、今回は海外メーカーのを
と簡単な気持ちで手をつけましたが、スケールが大きい事もあり
パーツ数が多く苦戦しております。
まだまだ稚拙な技術や文章が多くありますが
今後の参考にして頂ける様に、頑張りますので最後までお付き合い下さいます様
お願い申し上げます。

さてデカールの件ですが、メーカーによってかなりの差があるなと感じました。
国産メーカーのデカールは割と簡単に台紙から剥がれてくれますが
今回のデカールは糊が強く、国産の倍の時間がかかりました。
最終的にピンセットで強引に剥がした箇所もありました。
位置決めの際も仮で置いたは良いものの、水を付けても動かなくなり
端からピンセットで掬って貼り直した箇所もあります。
糊の強さもあり貼り難さは感じませんでしたが、ソフターで柔らかくなり過ぎ
一旦乾燥後に見たら密着していた箇所が所々シワになっておりました。
シワを伸ばす為に筆でしごいたら破れてしまった次第です…
ソフターを付け過ぎましたね 笑

何事においても失敗は付いて回るので仕方ないのですが、問題はその失敗をどうリカバーするかが大事と弊社代表も教えております。

名称が謎のパーツはサイドデフレクターという名前なんですね!
有り難うございます。勉強になります!!

2018/01/23 17:46 | URL | NAGAEアートプロダクション 神宮司 #-  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/426-25fc0877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top