Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
このページの記事一覧

    

Posted on 22:18:43 «edit»

Category:製作ハウツー 名鉄パノラマスーパー

【めいてつ!】悲願!パノラマスーパーを完成させます! 第五回 

乗秀です。雨降ったと思えば雪が降り、かと思えばあたたかな陽気が訪れたりと、例年以上に不安定な天気な多摩で今日も元気に模型作ります!
今回もパノラマスーパーを進めて行きます。前回でボディの基本色を仕上げ、下回りをちょろっと触りました。今回はどこまでいけるでしょう?

DSCN6868_2.jpg
まずは内装パーツ等の細かな部品を一気に仕上げていきます。中の仕切り板だけでも20枚を超える大ボリュームで、改めて8輛分ってすげえなと思い知らされました。

DSCN6869_2.jpg
いくつかは表と裏で色を変えます。このパーツは運転席の屋根と2階展望台前方の再現を兼ねているので、表側を光沢あるレッドブラウンで、裏を淡緑色で塗り分けます。

DSCN6870_2.jpg
さていよいよ観念してボディの塗り分けです。いくつものライン表現が入るため塗り分けの検証が大変…とも言えないもので、有り難い事に1/80スケールに落とし込まれた数値入りの図面が説明書として同封されています。0.25mmみたいな細か過ぎる小数点部分を正確に拾い上げる事は難しそうですが、実車資料と合わせる事でより確実に作業を進められますね。

DSCN6871_2.jpg
まずは裾に入る明るいグレーを塗り分けます。一直線に貼るマスキングテープはまずカッティングマットに貼り、端を真っすぐカットします。模型製作では定番過ぎる技ですが、だからこそ綺麗にマスキングする技として絶対外せません。

DSCN6872_2.jpg
前面カプラー上の出っ張り部分、ここの立ち上がり部分にテープを合わせたい所ですが、ここはグッと我慢してほんの少し隙間を空けます。実は実車もこの隙間までグレーが入っているのです。図面でもきっちりフォローされていますので、ちゃんと図面を見れば見落とさないで済みます。ここの隙間の高さは、先に側面靴擦りの真下でラインを合わせるとアタリがとり易いです。

DSCN6873_2.jpg
靴擦りを跨いではったテープ部分は、接触している角の部分をちょこんと切ってピッタリ馴染ませる様に貼ります。ほんのちょっとの段差でも、これをやるかやらないかでは仕上がりに大きな差が出来ます。

DSCN6874_2.jpg
ぐるりと塗装したら、色漏れがないか気にしながらテープを剥がします。今回はなんと色漏れゼロ! こういう時って本当に嬉しくなりますね。

DSCN6875_2.jpg
同じ要領で赤にも入ります。今回は面積が広い前面から仕上げる事にしました。
ここも窓枠の段差があり、カーブしている都合上先程よりも大きくカットしないとしっかり馴染ませられません。ちゃんと面に追従する様に押さえましょう。

DSCN6876_2.jpg
4輛分マスキングして、ついに赤を乗せました! ついにというかようやくというか、名鉄スカーレット色が入ったのでパノラマカーっぽくなってきましたね。赤があるとないとでは大違いです。

今回はここまで! 次回も引き続きボディを仕上げていきます!

筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

 敬意を表します_(._.)_

展望台、まさしくこの色でした‼懐かしいです。
しかし赤が吹かれた状態を見ると先頭車4輌分ってやはり凄いですね・・
作業量と使われた集中力を考えると改めて尊敬の念に駆られます‼

  by 喜代治丸

 本当に大変なのはここから…

今回もコメント有り難うございます!

> 展望台
室内部品とは言えすごく良く見える部分ですので、色と質感はしっかり押さえておこうと思いました。
特にピカピカに磨かれている質感は外せませんね…後々ボディと一緒にウレタンコートをしても良いかな? とも考えていたり。

> 先頭車4輌分
通常はどんなに編成が長くても、先頭車は2輛ですからね! パノラマスーパー製作はここがひと味違う!
今回は位置決めが比較的容易な箇所でしたので思いのほかスムーズに進みましたが、ここからが問題です…ライン表現の修正で1パーと使いました! 何て事がないよう慎重に挑みます!
ちなみにここよりももっと集中力というか根気が要求される作業が待っているのですが、そこもそろそろ触らなければなりません…塗り分けが少ない分7000系パノラマカーよりは楽かな?
次回も楽しんで頂けましたら幸いです。

  by NAGAEアートプロダクション乗秀

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

敬意を表します_(._.)_

展望台、まさしくこの色でした‼懐かしいです。
しかし赤が吹かれた状態を見ると先頭車4輌分ってやはり凄いですね・・
作業量と使われた集中力を考えると改めて尊敬の念に駆られます‼

2018/03/24 00:28 | URL | 喜代治丸 #-  edit

本当に大変なのはここから…

今回もコメント有り難うございます!

> 展望台
室内部品とは言えすごく良く見える部分ですので、色と質感はしっかり押さえておこうと思いました。
特にピカピカに磨かれている質感は外せませんね…後々ボディと一緒にウレタンコートをしても良いかな? とも考えていたり。

> 先頭車4輌分
通常はどんなに編成が長くても、先頭車は2輛ですからね! パノラマスーパー製作はここがひと味違う!
今回は位置決めが比較的容易な箇所でしたので思いのほかスムーズに進みましたが、ここからが問題です…ライン表現の修正で1パーと使いました! 何て事がないよう慎重に挑みます!
ちなみにここよりももっと集中力というか根気が要求される作業が待っているのですが、そこもそろそろ触らなければなりません…塗り分けが少ない分7000系パノラマカーよりは楽かな?
次回も楽しんで頂けましたら幸いです。

2018/03/25 16:54 | URL | NAGAEアートプロダクション乗秀 #-  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/456-1d40bea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top