Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧

    

Posted on 21:10:33 «edit»

Category:製作ハウツー メルセデスベンツ アクトロス

【まーしでぃーずっ!】ベンツのトラック製作 最終回 

まいどっ!

管楽器に興味津々のはじめちゃんです。
こないだまではサックスいいなぁバリトンかっこえぇなぁっと思っちょりましたが
お客さんと話をしていてトロンボーンもかっこええなぁと思いました。
腕の伸ばす角度で音が決まるってなんか職人っぽいですよね。
コントラバスも肘の角度でキーを覚えるので感覚的には似てるのかもしれません。

欲しいものリストにトロンボーンを追加しておきますね。

買ったらどこで練習するんだろ…

管楽器ってHorn ホーンって呼びますよね。
何でかなって考えたら、多分角笛が起源なんじゃないかなって思いました。
角もHornですもんね。

今回はアクトロス製作の最終回です。
前回まではこちら内装の塗装が終わった所まででした。
今回はキャブの外装を組立てて小物を取付けていきます。
長かった…とても長かったです。
途中で何度飽き…いやいやいやいやいや

DSCN8143.jpg

ウレタンのかかったパーツに取付けていきますので
通常のプラ用接着剤は使えません。瞬間接着剤は白化やはみ出しが怖くて使えません。

DSCN8144.jpg

今回の組立の主役です。
エポキシ接着剤!
AB 2液を同量混ぜて使用する接着剤で接着剤自体が強固に固まります。
はみ出しても、固まる前なら拭き取れます。
固まった後でも上手い事切ったりすると意外と綺麗に剥がれてくれます。

DSCN8145.jpg

使い方は人それぞれですので好みの使い方をするといいと思いますが、私の使い方を紹介します。

かつては卓上にガムテープを貼って使用していたのですが、うっかりさんのはじめちゃんは
なんども服の袖や手のチョップする部位に付けてしまっていたので
使い古したカッティングマットを使用しています。

これならうっかりしそうな時に予め別の所に避けて置けます。
袖を汚さなくなりました。

DSCN8146.jpg

こんな感じで適当に出して、使う分だけその都度練っていけます。
それではガシガシ組立てて行きましょう!

DSCN8147.jpg

サイドスカート?ここはステーに接着してもプラプラでしたので
シャーシ側にマスキングテープで仮止めして接着しました。

DSCN8149.jpg

ステップやドアノブは別パーツでしたので、ここも躊躇無く接着します。

DSCN8150.jpg

キットに付属のメッシュを指定の形に切り出して、接着しました。

DSCN8151.jpg
DSCN8152_201805142036413fd.jpg

ミラーやワイパーなども取付けていきます。
接点の小さなパーツは接着し難いので、接着剤を煉って暫く放置して
固まりかけたら接着する様にすると失敗が少なくなります。

DSCN8153_2018051420364331b.jpg

ホーンをはじめ屋根のパーツも取付けました。
DSCN8155_2018051420364627f.jpg

DSCN8154_201805142036454d5.jpg

ウインカー類の塗装を忘れていましたので、急遽クリアオレンジで塗装しました。
ガイアノーツさんの塗料を使用しました。

DSCN8156_201805142036484ae.jpg

最後にベンツのエンブレムを取付けます。

DSCN8157.jpg

DSCN8158_20180514203651dae.jpg

DSCN8159_20180514203652a39.jpg

DSCN8161_2018051420365487d.jpg

DSCN8162_20180514203655f2b.jpg

DSCN8163_201805142036571a4.jpg

これにてアクトロスの完成です。
シャーシの組立ての辺りで一向に進んでる気がせず飽きてきたのも正直な所ではありましたが
徐々に形が見えてくるとワクワクしてくるキットでした。

ランナーのパーツ構成に癖のあるキットではありましたが楽しく製作できました。
次の機会にはボンネットタイプのトラックもつくってみたいです。

全12回もかかってしまいましたが、長い間お付き合い下さいまして
誠に有り難うございます。

今回は長くかかったトラックでしたので、次回はいつもの路線で行こうかなとも思います。

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから


スポンサーサイト

 この色凄くいいですね‼

ちょっとバタバタしてなかなかコメントできずスミマセンでしたm(__)m
ついに完成ですね‼カッコいいです‼
綺麗な色ですね~😍
内装ですが、キャブの中にスンナリと収まりました?MANは内装パネルを先にキャブ内側に接着する簡単な構造ですが、それでもドア内装パネルとダッシュボードが干渉してしまい破壊寸前まで拡げてこじ入れました(笑)
後に控えているベンツやスカニアは皆ボックス内装なのでキャブパネルかパーツの取り付け方を工夫しないといけないかな?と思っていたので。
私のMANもようやく完成しましたが、フロントバンパーのウインカーレンズが別バリエーション用のレンズしか用意されてなく、最後の最後でウインカーレンズを自作する羽目になる等まぁ苦労させられました‼
完成直前で疲れ、スカニアのキャブ組み立てにお手つきしたのは内緒です(笑)

  by 喜代治丸

 お久しぶりです!

遂にやっとこさ完成致しました。
もうちょっと少ない回数で完成まで持っていきたかったのですが
なんだかんだで12回も掛かってしまいました。
こんな拙い製作ブログを最後までご覧頂きまして誠に有り難うございました。
今後もより一層楽しいコンテンツの提供と技術向上を目指して頑張ってまいります!

色は色々悩みましたが、前回作ったプロフィアがオリジナルカラーの神宮司運輸でしたので
今回も同じネタは使えず、カタログ通りの配色にしました。
最初はあれこれ調色してみたんですが、最終的にクレオスのインディーブルーをそのまま塗装しておりますw
綺麗に見えるのは凄く有り難いです。ウレタンのおかげでしょうか。

内装は屋根側をハメてから床をハメれば引っかかり無くはまりましたよ。
屋根側も最初は床に接着して試したらドアの内張りに引っかかりました。
横着はいけませんねw

この辺は組立時に仮組みしてはまるか検証してから作りましたので
心配はありませんでした。

破壊寸前まで拡げるとは!破損しなくてよかったですね。
イタレリのトラックは行き当たりばったりが通用しない印象がありますので
製作は難しいですが、あれこれ考えると楽しいですね。

MANが完成されましたか!
ウインカーレンズの自作が最後に待っているとは泣けてきますね。
他のキットの余りパーツで流用できたら楽でしたね。

喜代治丸さんはブログとかSNSとかやられてらっしゃらないですか?
是非完成品を一度拝見させて頂きたく思いますので、やられてる様でしたら
お教え願えませんか?




  by 神宮司丸

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

この色凄くいいですね‼

ちょっとバタバタしてなかなかコメントできずスミマセンでしたm(__)m
ついに完成ですね‼カッコいいです‼
綺麗な色ですね~😍
内装ですが、キャブの中にスンナリと収まりました?MANは内装パネルを先にキャブ内側に接着する簡単な構造ですが、それでもドア内装パネルとダッシュボードが干渉してしまい破壊寸前まで拡げてこじ入れました(笑)
後に控えているベンツやスカニアは皆ボックス内装なのでキャブパネルかパーツの取り付け方を工夫しないといけないかな?と思っていたので。
私のMANもようやく完成しましたが、フロントバンパーのウインカーレンズが別バリエーション用のレンズしか用意されてなく、最後の最後でウインカーレンズを自作する羽目になる等まぁ苦労させられました‼
完成直前で疲れ、スカニアのキャブ組み立てにお手つきしたのは内緒です(笑)

2018/05/15 15:37 | URL | 喜代治丸 #-  edit

お久しぶりです!

遂にやっとこさ完成致しました。
もうちょっと少ない回数で完成まで持っていきたかったのですが
なんだかんだで12回も掛かってしまいました。
こんな拙い製作ブログを最後までご覧頂きまして誠に有り難うございました。
今後もより一層楽しいコンテンツの提供と技術向上を目指して頑張ってまいります!

色は色々悩みましたが、前回作ったプロフィアがオリジナルカラーの神宮司運輸でしたので
今回も同じネタは使えず、カタログ通りの配色にしました。
最初はあれこれ調色してみたんですが、最終的にクレオスのインディーブルーをそのまま塗装しておりますw
綺麗に見えるのは凄く有り難いです。ウレタンのおかげでしょうか。

内装は屋根側をハメてから床をハメれば引っかかり無くはまりましたよ。
屋根側も最初は床に接着して試したらドアの内張りに引っかかりました。
横着はいけませんねw

この辺は組立時に仮組みしてはまるか検証してから作りましたので
心配はありませんでした。

破壊寸前まで拡げるとは!破損しなくてよかったですね。
イタレリのトラックは行き当たりばったりが通用しない印象がありますので
製作は難しいですが、あれこれ考えると楽しいですね。

MANが完成されましたか!
ウインカーレンズの自作が最後に待っているとは泣けてきますね。
他のキットの余りパーツで流用できたら楽でしたね。

喜代治丸さんはブログとかSNSとかやられてらっしゃらないですか?
是非完成品を一度拝見させて頂きたく思いますので、やられてる様でしたら
お教え願えませんか?




2018/05/15 16:48 | URL | 神宮司丸 #-  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/472-ef7525ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top