FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
このページの記事一覧

    

Posted on 22:36:49 «edit»

Category:製作ハウツー フェアレディSR311

【だっとさん!】フェアレディSR311をつくるよ!その6【完成】 

どうも杉山です。
まだ5月だと言うのに夏日が続いております。
今日遂に「まだ5月だし」と我慢をしておりましたがエアコンに手を出してしまいました。

さてフェアレディも大詰め、早速作って参りましょう。
前回ウレタン吹きに失敗して、部分的にやり直しましたが、その後ボンネットにウレタンをかけた所エアブラシから水が出る大事故が発生しました。良くない事って続くんですね。
泣く泣く次の日磨いてもう一度吹き直しました。

シャーシも車内も終わってますので後は研ぎ出し終わったボディを組立てて行くだけです。

こちらはヘッドライトのメッキパーツです。
そのまま差し込もうとするとボディ側がウレタンで厚くなっているので、そのままだと入りづらいです。

メッキを一層剥くことでスムーズに差し込めます。無理矢理差し込むとウレタンが割れます。
引っかかったら一度外し削って差し込むを繰り返し、無理のないようにします。
DSCN8272.jpeg

次にテールライトです。

こちらもメッキパーツですが、そのまま差し込むと少し長く、飛び出し過ぎています。
DSCN8273.jpeg

一度抜いて、1mmほど切り詰めました。
DSCN8274.jpeg

このぐらいの飛び出し具合で丁度いい感じです。
ヘッドライト同様、無理な差し込みは禁物です。
DSCN8275_20180519013723801.jpeg

こちらはルーフです。
表面が少しフラットな感じに成型されており布っぽいです。いい感じ。

ボディに止めるリベットの再現をしてみましょう。
DSCN8279_201805190137240e2.jpg

0.5mmで均等に穴を開けます。
DSCN8280.jpg

インセクトピンを刺して接着後、裏に飛び出た針部分を切ります。
出来るだけ短く切ります。(長いとボディに綺麗に乗らなくなります。)
DSCN8281.jpeg

最後にホイールです。
メッキのホイールが付いています。が、実際のホイールは全体がメッキではなく鉄ホイールにメッキのキャップが付いています。
メッキを剥がしてしまうと、キャップのメッキ感が出ませんので、メッキは活かしていく方向で考えます。
DSCN8276.jpg

キャップのメッキを残す部分をマスキングします。
DSCN8277.jpg

マスキングが出来たら、マットっぽい鉄ということでMrカラーのシルバーに少しだけ黒を混ぜた色を吹くのですが、メッキに直接色は乗りません。そこでメタルプライマーを吹き下地を作ってからシルバーを塗装します。
DSCN8278_20180519014233032.jpeg
塗装した部分とメッキの部分の差が上手く表現出来ました。

どんどん組立てて、

DSCN8290_20180519013729c98.jpg

完成です!

DSCN8291.jpeg

DSCN8292_201805190137320c9.jpg

DSCN8294.jpg

DSCN8295.jpeg

DSCN8297.jpeg

なかなか古いキットという事で、パーツが合わなかったり苦戦もしましたがかっこ良く完成しました。
やっぱこの時代の車はかっこいいですね。フェアレディの名は伊達ではありません。

さて次回からはデカールが出せずに保留にしておりました京王バスを再開刺せる予定です。
お楽しみに!

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/473-1ee9ae34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top