FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on 21:23:28 «edit»

Category:製作ハウツー 1/48 MC202 フォルゴーレ

【まっき!】C.202 フォルゴーレを作る Parte 3 

まいどっ!

はじめちゃんです。
前回ちょこっとご報告させて頂いた事故の件では皆さんにご心配を頂きました。
励ましのお言葉もあってか怪我も順調に回復しております。
皆様の応援に感謝感謝です;;
中にはわざわざ私めの為に電話まで頂いた方もいらっしゃいました。
本当に有り難い限りです;;
企業人として仕事している以上自分一人の身体じゃないんですよね。
今回改めてお客様の有り難みを実感しました。
今後は更なる技術向上とお客様の満足度向上の為に頑張って参ります!!
そして日々の健康の有り難みを実感しております。

さて本題のMC202の続きです。
今回も塗装まで行けませんでした…

気になった箇所を手を入れて行くとキリが無いのは重々承知しておりますが…
ただ、これで下ごしらえは完了しましたので次回は確実に塗装編をお送りいたします。
それではParte 3を見ていきましょう!

DSCN0148_2018090320472471a.jpg

まず気になったのは機関砲です。
キットでは一体成形されていましたが、上から見ると機関砲の形をしていますが
正面から見ると機関砲の下部が翼と一体になっており精密感に欠ける感じがしましたので
定番工作の金属パーツに交換します。

写真は機関砲のモールドを削り飛ばした後に、穴を開けている所です。
平らな面に穴あけをする訳ではないので、少々難しいですが
じっくりやれば上手く行くと思います。
まず細めのバイスでアタリをつけます。
この次に太めのバイスで穴を開けていく為のアタリなので貫通させる必要はありません。

DSCN0149_20180903204726792.jpg

アタリをガイドに0.7mmのバイスで少しづつ角度を変えて穴を開けていき
最終的に翼と水平になったらそのまま穴を開けます。

機関砲に見立てた金属パーツが埋め込まれた様に見える様に穴を開けましたが
奥まで貫通させると取り付けが大変になるので程々にしておくと吉です。
私は片方を貫通させてしまい、取り付け時に中まで入って取れなくなりあせりました…

DSCN0158_2018090320472720a.jpg

続いてはフラップに手をいれます。
大きいサイズの航空機の模型では別パーツになっていて、可動する物もありますが
このスケールでは大概一体成形されています。
本来は存在する隙間もモールドで表現されていますので、動く感じがしませんよね。
なので、切れ目を入れて可動する感じを出していきます。

作業は至って簡単です。
モールドにそってノコをいれて切るだけです。
表裏を確認しながらゆっくり切れ目を入れて行けば失敗することは無いでしょう。
万が一失敗したらパテで埋めて再挑戦です!
片方は裏表がピッタリ合っていたので問題ありませんでしたが
右側は表裏で若干のズレがありましたので
あとでパテで修正しました…

DSCN0159.jpg

切れ目が入ったらペーパーで均して綺麗にしておくといいでしょう。

DSCN0160.jpg

可動部分は更に彫り込んでおきました。
この一手間で別体感が演出できるのではないでしょうか。

DSCN0162.jpg

尾翼も同様に向こう側が見える様に加工します。

DSCN0163.jpg

続いてはピトー管です。

型で樹脂を成形する都合上、どうしても真円が出ないの仕方ないのですが
キットパーツを磨いて綺麗にするよりも作り直した方が早くて綺麗で頑丈になりますので
金属で作り直します。

DSCN0164.jpg

キットパーツを元に長さを測ります。
根元の太い部分は真鍮パイプ、一段細くなる部分はシルバーになる部分なので
洋白線でつくります。

DSCN0165.jpg

出来ましたので仮で取付けてみました。
寸法さえ間違わなければ簡単につくれます。
ピトー管等の細いパーツは破損し易いので予めこういった対策を取るといざという時に安心です。

DSCN0166.jpg

先程加工した機関砲もピトー管と一緒のタイミングで接着しました。

今見ると若干前に出過ぎな感じもしますので、後で長さを調整しておきます。

DSCN0167.jpg

機銃です。
このキットでは機銃の穴は開いていますが、機銃自体は省略されています。
正面からしか見えないし見えても機銃の穴だけですから地味な箇所ですが
折角なのでここも再現します。
穴の縁ギリギリに金属の筒を接着してその筒の中に機銃に見立てた金属パイプを接着するだけです。
自己満足に近いですがこれで安心ですね。

DSCN0168.jpg

以上で下処理のパートは完了です。
全体のモールドを彫り直したりと色々手間がかかりましたが
次回こそは本当に塗装編です。

次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!

筆者:神宮司
NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

 気になる所はとことんお願いします‼

キリがないなんて事はありません‼
そういう部分をこだわった細かい製作レポを拝見するのが私にとって何より楽しみで、とても参考になります。
私も最近は模型店だけでなく、何か使える物はないかとホームセンターや100均、金物屋を物色して楽しんでいます(笑)
長いこと手が止まっている全日空・モヒカントライスターも完成させねば・・
(トラック以外にも割と控えてる子たち多いんです💦)

  by 喜代治丸

 コメントありがとうございます!

> 喜代治丸さん

戦闘機のディテールアップ箇所って毎度ほぼ同じなので
正直またかって飽きられないか不安はあります。
フラップを切り離して内側を作り込んで…ってやるのもいいなぁって今更ながら思いました。

仰る通り、模型店で置いてない材料はホームセンターや100均で仕入れてます。
材料を手に取って、これ○○に使えるかなぁとかやってると幸せですよね!
また他ジャンルの部品が使える事も多々ありますので、鉄道模型のパーツも美味しいですよ。
前回のマシニングセンタのエアホースを自作した際には鉄道模型の配管留めを流用しました。

旅客機も作りかけなんですね。早く仕上げてやらないとかわいそうですよ(笑
完成したらまた拝見させてください。

  by はじめ丸GT

Comment-WRITES

go page top

 コメント 

気になる所はとことんお願いします‼

キリがないなんて事はありません‼
そういう部分をこだわった細かい製作レポを拝見するのが私にとって何より楽しみで、とても参考になります。
私も最近は模型店だけでなく、何か使える物はないかとホームセンターや100均、金物屋を物色して楽しんでいます(笑)
長いこと手が止まっている全日空・モヒカントライスターも完成させねば・・
(トラック以外にも割と控えてる子たち多いんです💦)

2018/09/04 22:42 | URL | 喜代治丸 #-  edit

コメントありがとうございます!

> 喜代治丸さん

戦闘機のディテールアップ箇所って毎度ほぼ同じなので
正直またかって飽きられないか不安はあります。
フラップを切り離して内側を作り込んで…ってやるのもいいなぁって今更ながら思いました。

仰る通り、模型店で置いてない材料はホームセンターや100均で仕入れてます。
材料を手に取って、これ○○に使えるかなぁとかやってると幸せですよね!
また他ジャンルの部品が使える事も多々ありますので、鉄道模型のパーツも美味しいですよ。
前回のマシニングセンタのエアホースを自作した際には鉄道模型の配管留めを流用しました。

旅客機も作りかけなんですね。早く仕上げてやらないとかわいそうですよ(笑
完成したらまた拝見させてください。

2018/09/05 20:33 | URL | はじめ丸GT #-  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/499-c641ac74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top