FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
このページの記事一覧

    

Posted on 21:13:37 «edit»

Category:製作ハウツー 本郷猛のバイク(GT380)

【らいだー】ハセガワ本郷猛のバイクをつくるよ!その2 

どうも杉山です。
大分涼しくなってきて秋っぽくなってきましたね。
一番大好きな季節です。

前回はエンジンを作りました。
先に書いておきますとパイピングはこの時点でやっておきましょう。
フレームに組んでからいいやと思ってやってなかったのですが、1/6ならまだしも1/12だと隙間が無くかなり大変でした。
DSCN9840.jpg

では改めましてフレームからいきましょう。
DSCN9841.jpeg
フレームにある押しピン跡をSSPで埋めます。

DSCN9852_20180919210813720.jpg

説明書通りに製作するとエンジンを挟み込む形になります。
こうなると接着面が消せなくなってしまうので、フレームを接着した後からでもエンジンを載せられるかよく確認します。

DSCN9854.jpeg

かなり厳しいですがなんとかいけそうです。先にエアフィルターケースは接着せずにエンジンを載せてから接着すれば多少楽に載せられます。
今回はフレーム全部接着してから載せましたが、前部のみ接着して継ぎ目を消してから後部の接着はエンジンを付けてから接着した方が楽に載せられそうです。

DSCN9855.jpeg
かなり無理をしましたが上手く載せられました。
このあと最初に書きましたパイピングをして行くのですが、もっと大変でした。
説明書の順番で組まないとかなり無理がありそうです。説明書って大事。
DSCN9864.jpeg

カウルの塗装です。
まずはカウルの加工です。

DSCN9856.jpeg

カウルと風防を留めるリベットを削り取ってピンを挿す穴を開けておきます。

DSCN9858.jpeg

これにより塗装ウレタン後の研ぎ出しがやり易くなります。

塗装です。
カウル、タンク色のベージュですが白をベースに黄橙色、レッドブラウン少量ずつという感じで調色しました。

DSCN9859.jpeg

実際の本郷猛が乗っているバイクの資料が少なかったので、サイクロン号の色を参考に作りました。

デカールを貼ります。
曲面に貼る様になるのでしっかり浮きを抑えて筆で伸ばす様に貼り込んでいきます。
DSCN9860.jpeg
馴染みきらない時はマークソフターで柔らかくして貼り込みます。

サイドのメッシュ部分はモールドされています。
穴を開けて裏からメッシュを貼ることもできますが、メッシュ部分はカウルと同色ですしかなり細かいのでそのまま使う事にします。

DSCN9861.jpeg

エナメルの黒でスミ入れだけしておきましょう。

ここまできたら、しっかり乾燥を待ってウレタンコートします。
DSCN9865.jpeg

次回はメッキパーツの処理をやっていきます。
お楽しみに!

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/503-14c769ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top