FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
このページの記事一覧

    

Posted on 17:29:50 «edit»

Category:模型製作

『空山版キューティーハニー』いってみましょ! 

こんにちは〜よこぽんです。
製作で進めさせて頂いておりましたねこちゃん達の造形は、盛ったり削ったり整形したりでまだまだお時間がかかりますので造形が進んで塗装に入れる段階まできましたら紹介させて頂きます。

ですので、今回はパステルやウレタン塗料を使ったちょっと変わったフィギュアの製作を進めさせて頂こうと思います。
たまには、この様なフィギュア系も掲載致しますので参考にしてくださいね。

早速参りましょう!
題材は、『空山版キューティーハニー』1/8レジンキットVOLKSさんです。
DSCN9840_20190308165519e5b.jpg
DSCN9841.jpg

まずは、パーツチェックをして洗浄です。
こちらが全体パーツ点数です。少なめで助かりますね〜キットによってはパーツ点数100以上なんてのもあって下地処理の時間が随分かかる商品もありますからね。
ただ、そのパーツ点数のおかげで細かいディティールが再現出来ていたり塗り分けがスムーズだったりと良い事も沢山あるんですけどね。
DSCN9843_20190308165524ee7.jpg

ここまでの作業は今までも色々説明させて頂いているので割愛しますね。
次にパーツの下地処理に入ります。
ゲート跡をニッパー等で切り取ります。
DSCN9845_20190308165525b3b.jpg

型の段差が殆ど無い様な所はカッターの背などで削って上げます。
DSCN9842.jpg

段差が激しい場合は、ハンドルーター等で削ってあげると作業時間も短縮出来ますね。
DSCN9847_20190308165527fd0.jpg

一通り上記処理が終わったら、サンドペーパーにて仕上げます。
DSCN9850_201903081655314ee.jpg

この段階で、パーツごとの合いもチェックしておいて、重量がかかる様な部分に金属線を刺しておいても良いですね。
DSCN9849_201903081655308c9.jpg

これで下地処理は終了です。
次に、塗料の食いつき及び下地処理残しチェックの為にサーフェイサーを吹きましょう!
DSCN9853_201903081655341a8.jpg

全体にサーフェイサー吹き終えたら、乾燥させてからベースホワイトを塗装します。
DSCN9855_2019030816553642f.jpg
本日はここまでです。
次回はじっくり塗装に入る予定ですのでお楽しみに!

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/542-818723b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top