FC2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
このページの記事一覧

    

Posted on 20:51:03 «edit»

Category:製作ハウツー CB750レーサー

【バイク】CB750レーサー製作⑯ 

まいどっ!

カルビよりもホルモンの方が好きなはじめちゃんです。
たまにはキンキンに冷えたビールでホルモンを胃に流し込みたい今日この頃です。

さて今回も終わる終る詐欺のCBですが、最後の加工箇所へ進みます。
前回まではこちら
リアのブレーキドラムの塗装等などが終った所です。
今回は楽勝かなぁなんて高を括っておりましたが、やはり一筋縄ではいかない難所でした。

早速みていきましょう!!

DSCN9953_20210326200616afc.jpg

フロントフォークの上の部品です。
名称なんて言うんだろう…

右側を加工しかけて写真を忘れてました。
よく分からないモールドがありますが不必要なので切り飛ばします。

DSCN9954_20210326200617802.jpg

左右共に削り飛ばしました。

DSCN9955_20210326200617f3e.jpg

幅が厚いのでボルトのモールドギリギリまで削りました。

DSCN9956_20210326200617747.jpg

キットでは省略されていますが、それぞれの先端にボルト締めされてるような箇所がありますので
それを再現します。

写真はこの後丸く削る為のアタリを付けたところです。

DSCN9957_20210326200618455.jpg

2mmの針ヤスリです。
出番はそれ程多くありませんが、様々な径の物を持っていると役立ちますぞ!

こいつで先ほどのアタリに沿って丸く削ります。

DSCN9959_20210326200619312.jpg

ピントがうまい具合に合わなくてすいません><

先端部を丸く削りました。

DSCN9960_20210326200620dfe.jpg

2mm径のアルミパイプです。
これを先ほどの窪みに接着していきます。

DSCN9961_20210326200622cad.jpg

が、その前にパイプを同じ長さに揃えて綺麗に整形する為に治具を作りたいと思います。
写真は1.5mmと1mmのプラ板を貼ったものです。
パイプは2.5mmに揃える為のものです。

DSCN9962_2021032620062358b.jpg

2.1mmの穴を開けました。
これで治具は完成です。

DSCN9963_20210326200625587.jpg

こんな感じでパイプを差し込んで印を付けてカットしていきます。

DSCN9968_20210326200627703.jpg

必要個数カットしたら、穴に入れてカット面を綺麗にします。

DSCN9969_2021032620062804a.jpg

カットしたパイプを窪みに接着しました。
隙間はパテで埋めてラインが繋がるように整形すれば完成です。
が、ボルトのモールドが邪魔で上面の成形がし難いです。

形もカッコよくないので…
DSCN9970_2021032620063018b.jpg

思いきって削ってやったぁぜぇ!
整形後にボルトを再生すれば完成です。


DSCN9971_202103262006318f0.jpg
再生してやったぁぜぇ!

DSCN9972_20210326200644158.jpg

続いてハンドルを作っていきましょう!

キットはバーハンドルが付属なのですが、実車はセパハン…
全部作り変える他に道はなさそうです。

写真は基礎になる部分を切出して接着したところです。
2.5mmの棒を5mmのパイプに接着してあります。

DSCN9973_2021032620065175a.jpg

仮置きするとこんな感じですわ。

DSCN9983_20210326200654ec5.jpg

キットから流用できたのはブレーキ・クラッチのレバーとブレーキマスターです。
レバーは根元を削りに削って合わせました。

DSCN9984_202103262006538d4.jpg

レース用なのでウインカーのスイッチはありませんが、右側のこれイグニッションのスイッチでしょうか。
そのブロックを作りました。

見て分かる通りプラパイプにプラ板で囲いを作って削り出しです。

DSCN9985_20210326200652b70.jpg

グリップです。
内側の広がる箇所は毎度おなじみのUバーニアです。丁度いい径の物がありましたので使用しています。
エンド側は銅線をスプリング状にしたものを切出して貼って有ります。
銅線は曲げやすい素材なのでこういった箇所のディテール再現に重宝します。

DSCN9986.jpg

DSCN9987_20210326200654d55.jpg

ハンドルが出来やがりました。

DSCN9988_20210326200654792.jpg

続いてメーターの製作にいきます。
実車は左右で大きさが違うメーターが取り付けてある為に取付座も瓢箪みたいな変な形をしています。
模型寸に合わせて縮小コピーした写真をガイドにしてプラ板から切出しました。
縁は0.5mmの細切りプラ板をぐるっと回して接着してあります。

DSCN9989_2021032620065565b.jpg

右側のメーターはキットの物をそのまま流用しました。
左側はこれまたおなじみのUバーニアの底をくり貫いて逆さまにしたものです。

これで適度なテーパーのかかったメーターのリムが再現できます。

DSCN9990_20210326200657f1e.jpg

仮置きしてみました。
サイズも丁度の様です。よかったよかった。

と、今回はここまでです。
塗装して取り付けて…考えておりましたが、結構大変な作業でした。
次回は塗装➡取付とパイピングで完成の予定です。

次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。宜しければ拍手をば…

スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/732-c1cc045b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top