fc2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
このページの記事一覧

    

Posted on 15:43:49 «edit»

Category:未分類

自分的なおすすめ映画をご紹介!! 

こんにちは~よこぽんです。
まずは恒例の1枚から。
10_20210724142217a25.jpg
やはりこの時期はセミですよね~
ここ多摩市でもアブラゼミの鳴き声がこだましています。
中には、ミンミンゼミの声も…

さて、本来であれば製作の続きと行きたいのですがじっくり時間が取れないので
本日は私が何回も見直している映画のタイトルを掲載しちゃいます。
古い作品ばかりですが、どれもビデオテープやDVDを買ってまで持っておきたくて
お店へ走った覚えがあります。
あくまでも私的な超おすすめ映画です。しばしお付き合いください。

まずは『ブレードランナー』
11_2021072414221824e.jpg
レプリカントと呼ばれる人造人間と警察の専任捜査官(ブレードランナー)
との死闘をえがくSF映画。
特に、専任捜査官を演じるハリソン・フォードとレプリカントリーダー ルトガー・ハウアーの
駆け引きが最高に美しいです。ストーリーも描写も。
最終的な終わり方も実に謎めいていてひと時も目を離せないような作品です。
今まで何回も見た映画No1ではないでしょうか。

お次は『地獄の七人』。
12.jpg
退役軍人(ジーン・ハックマン)がベトナム戦争で行方不明となった息子を救出するため
息子の戦友らとともに現地へ向かい救出する戦争映画。
救出作戦の激闘で倒れる仲間の行動が感動ものです。
この作品も何回も見てますね~

お次は『里見八犬伝』
13.jpg
南総里見八犬伝を翻案した、鎌田敏夫原作「新・里見八犬伝」を映画化した作品。
JACのアクションシーンが随所に盛り込まれており壮大なスケール感を醸し出しております。
出演者も、ヒロインが薬師丸ひろ子、相手役は真田広之、他にも千葉真一、寺田農、
志穂美悦子、京本政樹、夏木マリ、目黒祐樹などとにかくすごいとしか言えない作品。
この映画も何回見たことやら…

お次は『銀河英雄伝説』
14.jpg
田中芳樹によるSF小説からアニメ化された「銀河英雄伝説Die Neue These」。
漫画から小説からアニメからイベント上映とどんどんはまっていった作品です。
知略の限りを尽くす2人の英雄の駆け引きがとにかくたまりません。
また2人をサポートする配下たちが一癖も二癖もあり、全員が主役級のストーリーを持っています。
アニメ作品の中でも群を抜いて大好きな作品です。

お次は『セブン』
15.jpg
猟奇連続殺人事件の捜査に当たるベテラン刑事と若手刑事の苦悩や葛藤を
再現したサスペンススリラー。
キリスト教の7つの大罪に基づいた殺人で何とも言えない結末が…
この2人の刑事役がブラッド・ピットとモーガン・フリーマン。とにかくこの2人の演技に注目です。
色々と考えさせられる作品でもありますが不朽の名作ですね。

お次は『ジュラシックパーク』
16.jpg
バイオテクノロジーにより蘇らせた恐竜たちの惨劇を描くパニックサスペンス。
初めてこの作品を見たときのビジュアルときたら、超感動的でしたね。
本物さながらの動きで走り回り人を襲う。
ここまでの動きをCGで表現できちゃうんだととにかく驚愕しましたね。
このシリーズ、どの作品も大作で驚きながら鑑賞した覚えがあります。
驚きながらでは、『遊星からの物体X』こちらも違った意味でビックリしましたが。
この作品も何回見たでしょうかね。

最後に『めぐり逢えたら』
17.jpg
トム・ハンクス、メグ・ライアンのハートフルストーリー。
妻に先立たれ落ち込んでいる父の為に8歳の息子がとった行動が…
まさに運命の出会いってあるんだなと思わせる最高のストーリーで
ハッピーエンドで思いっきりおめでとうと叫んでしまった記憶が。この作品も何回見たことやら。
この2人の作品では、『ユウ・ガット・メール』も何回も見た作品ですね。

他にも数え上げたら、「ゴッド・ファーザー」とか「スターウォーズ」とか「タイタニック」とか
「ターミネーター」「エイリアン」まだまだありますがきりがありませんのでこのくらいにしておきます。
どの作品にしても大作と呼ばれる映画は最高のパフォーマンスを表しておりますので
感動しないわけがありませんよね。
また、上記以外でもゆったりと繰り返しの作品を鑑賞したいと思いました。
自分の中の一番を改めて鑑賞するのも心が和むのではないでしょうか。

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから
スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/761-2ad795fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top