fc2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
このページの記事一覧

    

Posted on 19:08:24 «edit»

Category:製作ハウツー マジンガーZ

マジンガーZを改造するの巻 

まいどっ!

はじめちゃんです。

こんなん見つけました。
昭和を知る者よ来たれっ!




昭和風の映像を作っている方の動画なのですが、昔ってこんなCMあったよなぁって新作なのに懐かしく思います。
当時の放送をVHSテープで録画してた人がアップロードした動画ってこんな感じですよね。
他にも架空の関西ローカル番組の動画も作っているようなので気になったらチェケラ!
よくもまぁここまで作り込めるなって関心しています。

さて今回はタイトルにもあるようにマジンガーZです。
改造していきます。
といっても見た目を大きく変える改造では無くて、アニメ作中の雰囲気にします。

DSCN8694_2022092818012290d.jpg

どんっ!
見た目からじゃ分からないでしょうが、要所要所で金属で作られておりまして
結構重いです。
細部を見て行きましょう。

DSCN8695_202209281801233c6.jpg

DSCN8696_2022092818012314b.jpg

DSCN8697_20220928180126582.jpg

製品の構成上どうしようもないのですが、全身に合わせ目やネジ隠しのカバーが見えます。
ここらを埋めて綺麗にしてアニメ作中に登場したマジンガーにします。
金属の合わせ目消し…これは難儀しそうやな…

DSCN8698_20220928180126622.jpg

先ずは、ばらせるところをバラシていきます。
写真のこの辺りの部品はかなりイージーな類のバラシです。

DSCN8699_202209281801287e6.jpg

背中
お腹パーツが胸の黒パーツの中に入り込んでいます
塗装はまぁマスキングで対応できますが、合わせ目消しやら何やらで手間かかりそうなので
先にお腹を仕上げてから、胸パーツで挟み込んで胸を仕上げる手順で行きます。
昔のガンプラとかいじってて良かったなと思えるのは、この辺の作業の効率を上げる方法が勉強できた点です。
順番にやる方がいいのか、後ハメ加工した方がいいのか等ね。

写真ではもう加工しちゃったんですが、ネジ隠しカバーはそのままじゃウントモスントモ言いません。
仕方ないので後で穴埋め覚悟でカバーに穴を開けてこじって外しました。
そりゃ貴方外れない訳ですよ!
カバーは基本的に外す必要ないので接着してありましたよ!

DSCN8700_20220928180130c8d.jpg

カバーを外したその奥にあったものとは一体!!!!!

はい
ネジがありましたよ。
ネジを回したら胸パーツが外れました。

DSCN8702_2022092818013234e.jpg

次は首パーツです。
これも塗装や下地処理がやりにくいなぁ
後ハメ加工できないかなぁ

DSCN8701_2022092818013170d.jpg

胸パーツを外した状態で色々検証します。
首の隙間も十分あるし後ハメ行けそうです。

DSCN8703_20220928180133eb6.jpg

てな訳で首の内部フレームとの接続箇所で干渉する箇所を若干削りました。
これで胸パーツを嵌めた状態でとりつけるわけです。

DSCN8704_20220928180135cf6.jpg

お腹パーツも下から後ハメできないか検証しましたがこれは色々干渉するので断念しました。
この状態で合わせ目を消して塗装していきます。

DSCN8705.jpg

太腿も背中と同じようにネジカバーを外して中の構造を確認です。
一体のままだと膝関節の処理や塗装がやりにくいのと
マスキングしても仕上がりが綺麗にいきそうにないので
ここも後ハメ加工します。

DSCN8706_20220928180138c8a.jpg

ネジ穴の下部に四角いモールドが見えますが
ここで膝関節の後ろ側をホールドしていますので
四角の下側を削れば後ハメ出来るようになります。
これも昔のプラモの知恵ですね。
関節の上部にも返しがあるのでこれも削ります。

DSCN8708_20220928180142083.jpg

削り作業は諸事情によりオミットします。
写真は加工後にハマるかの検証の写真です。
問題無く嵌りましたね。

DSCN8709_20220928180143824.jpg

では合わせ目の処理をしていきます。
先ずはカバーの周囲や合わせ目にパテを擦り込みます。
カバーを外す為に開けた穴には同じ穴径のプラ棒で塞いでいます。

DSCN8710_20220928180144d18.jpg

一通りの磨きが完了しました。
プラモデルならこれでほぼ合わせ目は消えてくれるんですが
これは金属…そう簡単には事は進まないでしょうね。

DSCN8711_20220928180146659.jpg

先ずは金属用の下地材を塗装しました。
鉄道模型等の金属キットの組み立ての際はこの後はすぐに本塗装なのですが
合わせ目を消す作業を完了させねばなりませんので

DSCN8712_20220928180711227.jpg

グレーのサーフェイサーを吹きました。
これで表面のキズや合わせ目の消え具合が確認出来るようになります。

DSCN8713_2022092818071213a.jpg

パテが削れ過ぎて欠けている箇所もサフを吹くとよく分かりますので
先ずはパテが欠けている箇所に再度パテを擦り込みます。

この処理で金属下地材が剥げる箇所もありますので
再度金属下地材を吹いてからサフを吹いて確認しながら何度も繰り返します。
プライマー→サフ→プライマーと数回繰り返して合わせ目が消えるまで作業しました。

DSCN8714_20220928180714aa9.jpg
DSCN8715_20220928180716296.jpg

最後のサフが乾燥に時間がかかるのでその間に別の作業を進めておきます。
肩のパーツと胸の放熱板です。
肩は真ん中にパーティングラインがありましたので磨いて綺麗に消しておきました。
放熱板はエッジに塗装の溜まりがあったのとホコリを噛み込んでいたので
エッジを立てるついでに全面処理しました。

DSCN8718_202209281807184ff.jpg

さて先程のサフが乾燥したので薄緑のパーツの塗装に進みます。
コレを仕上げないと胸の合わせ目消しに進めませんからねっ!

DSCN8727.jpg

お腹パーツの塗装の乾燥を待って次はいよいよ胸パーツへの挟み込みです。
お腹パーツのツヤ調整まで済ませたら全体にマスキングテープを貼って胸に組み込みます。
このときのマスキングは最後に剥がすときに剥がしやすいように考えて貼りました。

DSCN8726.jpg

胸の□や腕のフレームは塗装しませんので
塗料がかからないようにマスキングします。

DSCN8732.jpg

盛りつけたパテの硬化待ちの間に紺色のパーツの塗装に進みます。
ここも同じ様に接続軸等塗料が掛かってほしくない箇所はマスキングしてあります。

DSCN8737_20220928180724d7f.jpg

紺色パーツの乾燥待ちの間に黒パーツを進めます。
写真はパテの削りを終えてプライマー→サフと吹いた状態です。
ここでもやはり完全に合わせ目が消えておりませんので
プライマー→サフ→磨き→プライマー→サフと消えるまで何度も繰り返します。

DSCN8738_20220928180726935.jpg

先程紺色を塗装した腕パーツです。
パネルも合わせ目も綺麗に消えております。

DSCN8739_20220928180726832.jpg

脛パーツです。
軽く磨いた後の写真ですが
合わせ目のラインがそのまま浮いております。
このように金属+パテとかPVC+パテの様に
素材とパテの硬度に差がある場合は中々思うように綺麗になってくれません。
このままパテ→削り→サフとやっても全然綺麗にいかないので腕の見せ所です。
このあとの処理は諸事情によりオミットしますがやり方を変える必要があります。

DSCN8740_20220928180728d9d.jpg

拳パーツです。
これはPVCかな、柔らかい素材でできております。
合わせ目消しは必要ありませんでしたが、パーティングラインは出てましたので
磨いて消してあります。
PVCはねんどろいどやフィギュアで多く使われている素材ですが
ビニールの一種なので非常に磨き難いです。
若干パーティングラインを消しきれてない箇所がありましたので再度磨いて再塗装です。

DSCN8741_20220928180731083.jpg

再処理したパーツを紺色で再塗装しました。
これで全て綺麗になりました。

DSCN8755.jpg

パイルダーです。
デザイン上省略されているモールドなどがありましたので追加してあります。
ジェットの噴射口などの開口が主な作業です。

基本色の赤を吹いてあります。

DSCN8756.jpg

キャノピーは外れましたので別で薄い水色で塗装しておきました。

DSCN8788_202209281807343c1.jpg

さて処理をして再塗装したパーツが全て揃いました。
ここからツヤの調整をします。

DSCN8793.jpg

全体がテカテカだったマジンガーでしたが、しっとりと落ち着いたツヤになりました。
半光沢程度のツヤ感です。半光沢クリアーを使わずにパーツの色毎にツヤを変えてみました。
黒が一番つやがあります。

これで本体は完成

DSCN8794_20220928180738bac.jpg
DSCN8795.jpg

最後はパイルダーです。
先程の赤一色から細部の塗装を進めて完成です。
かなり小さいのでライン以外は筆での塗装です。

さて、これにてマジンガーZの改修は完了です。
完成品のオモチャは最近ではかなり精密にしあげられており完成度の高い商品もありますが
そこはどうしてもマスプロダクトですから、工場のラインの都合など様々な大人の事情が
見え隠れしております。
そのままでも十分に高い完成度ですが、それでも細部の差異が気になってしまうってことがありますよね。
で、一度気になってしまうとそれはもう呪いのようにずっと頭にこびり付きます。
人によっては寝ても覚めてもそのことしか考えられなくなったり…

ご自分で改修したり出来る人なら何ら問題はないのでしょうが
出来ない方には弊社がいます。
呪いに掛かってしまった方は是非弊社にご連絡を!
呪いを解くお手伝いが出来るかもしれませんよ?

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。宜しければ拍手をば…
スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/847-39c9939d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top