fc2ブログ
Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
このページの記事一覧

    

Posted on 19:40:55 «edit»

Category:未分類

【けった】Schwinn Continental 10-speed racer ① 

まいどっ!
はじめちゃんです。

お布団から出るのが億劫な寒さがやって参りましたが皆さま風邪など召されておられませぬか?
冬のこの時期はバイクのグローブも2重にしておりますが
今年の冬は昨年よりきつい気がします。
発進して10分位すると指先の感覚が無くなります。
家に着くころには痛くなっております。
電熱グローブを買えばよかったわ…

さてまずは前回のコンテナの仕上げからです。

DSCN9179 (2)

と、言いましても塗装は終わってましたのでデカールを貼っただけです。
デカールを貼ってクリアで保護を兼ねてツヤ調整をして完成です。
今回は纏めて3台の写真を使っていますが
各個の写真はおいおいギャラリーででもどうぞ。

さてさて今回から新しいキットの製作を始めます。
タイトルでピンと来た人は、中部東海の人か趣味がロードバイクの人ですな。
今回からロードバイクのキットを組み立てて行きたいと思います。
エンジンが無いからオートバイより簡単!と行きますかはてさて…

ロードバイクと言うと前回のオリンピックでも競技として開催されたので
イメージがつきやすいのではないですか?
私も会社の行きかえりで練習している人を良く見かけます。
勝手なイメージで一部の人だけなんでしょうが
私は自転車=アウトローの乗り物と思っています。
自転車って原則では軽車両の扱いなので、道交法に従った運転が義務だと思っていましたが
殊自転車に限っては道交法の適用外なのでしょうか。
車やバイクが赤信号で減速して止まるなか、逆に加速して赤信号を突っ切っていったり
シャドウの右側を走ったりとやりたい放題が目につきます。
ロードバイクも自転車専用レーンがある場所でも狭い車道を走ってたり
中には車と競って煽り運転してたりドライバーの中でも嫌ってる人がいますよね。
もっとこう仲良くしたらええやんって思います。

さてキットの紹介を!
DSCN9443 (2)

随分年季の入った雰囲気の箱絵ですが、説明書には2020年の記載がありました
割と新しい商品ってこと?
よく分かりません。

DSCN9444 (2)

で、中身です。
実はこれ仕掛かり品です。
なので仮組まで済ませてありました。
バラシていきます。

DSCN9445 (2)

バラしましたのでメッキパーツだけ集めてメッキ落とししていきます。
なんかどうもアメリカのキットのメッキって雑でおもちゃっぽくないですか?
押しピン跡や合わせ目消しの処理の邪魔なのでメッキは悉く剥がしちゃいます!

DSCN9446 (2)

うちのブログでも度々紹介してますが
ハセガワのメッキ落としです。
これで落ちなければ諦めなさいってレベルで海外の頑固なメッキも落ちます。
暫く漬けておきましょう。

DSCN9447 (2)

その間にフレームを綺麗にしていきます。
後ハメを考えて先に接着出来る箇所は接着してしまいます。

ついでに押しピン跡や樹脂が回り込んでおらず靨になっておる所にパテ攻撃です。

DSCN9448 (2)

パテが硬化したらガシガシ削って磨いていきます。
フロントフォークの整形が終りました。
で、ちょっと気になってしまいましたので手を入れていきます。
フロントフォークとホイールの接合部は本物だとボルト締めされてるようなんですが
ナンダコレって感じのただの棒がピョコって出てるだけです。

DSCN9449 (2)

先ずは削り落としました。

DSCN9452 (2)

で、ボルトを接着しました。
これ確かモンモデルだったかなんかの商品です。

DSCN9453 (2)

続いて本体のフレームです。
サドルのアジャスターの辺りが金型の都合なんでしょうか
左右対称になっていませんので
余計なプラの塊を削っていきます。

DSCN9454 (2)

パテ盛り箇所と↑の左右非対称の箇所を整形しました。
何気に細いパーツなので壊さない様に力加減が難しかったです。
リアホイールを受ける部分は右だけ別パーツですが
整形中に一度接着箇所で取れました。
持ちにくいパーツって整形しにくいですよね。

DSCN9455 (2)

先程メッキ落とし液に漬けてたパーツです。
途中でひっくり返したり擦ったりしたんですが
これ以上剥がれないのでもう諦めました。
残りは手で落とします。

ディテールの奥まった箇所にメッキが残ってるパーツはもうちょい漬けておきます。

DSCN9456 (2)

メッキを落としたパーツに手を入れていきます。
写真は荷台のパーツです。

押しピンとパーティングラインを処理して接着しました。
こういった梯子状のパーツも磨き難いパーツランキング上位ですよね。

DSCN9457 (2)

フレームに取り付けてみました。
この段階でもう塗装したくなってきましたが、効率の為に我慢です。
早く完成させたいですわ。

DSCN9458 (2)

メッキ落とし居残り組です。
ホイールのリムが割れてしまいました。
シンナーでもないのに長時間付けるのは危険なんですね。
別に直すのに何でもない箇所なので良かった良かった。

今回は此処までです。
次回はホイールのスポークを張り替え…
地味に辛い作業が待っております。
ヤリタクネェナ

次回もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

↓はじめちゃんのやる気スイッチです。宜しければ拍手をば…
スポンサーサイト



go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://nagaeart.blog.fc2.com/tb.php/853-1406eafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top