Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
Posted on 23:05:59 «edit»

Category:製作ハウツー ブラバムBT44B

【おすねこ完成!】からの〜、【えふわん!】STUDIO27 ブラバムBT44Bをつくるよ!その1 

どうも杉山です。
前回で一応トムキャットが完成した訳ですが、改めて全体を良く見てみるとかなり製作期間が長くなってしまったせいか、所々調子が合っていない部分が目立ちましたので、グラデーションや墨入れ等で全体を調整しました。
仕事で作る時は製作開始から一気に作って行くのでこの様な事は無いのですが、作れない時期があったり、一日少しずつの作業だとこういうこともあります。

それでは改めて、写真もしっかり撮りましたのでどうぞ!
DSCN7159.jpg
DSCN7162.jpg
DSCN7164.jpg
DSCN7166.jpg
DSCN7167.jpg
DSCN7168.jpg
DSCN7170.jpg
DSCN7172.jpeg
DSCN7177.jpg
DSCN7178.jpg
DSCN7180.jpg
DSCN7181.jpg
DSCN7182.jpg
DSCN7184.jpg
DSCN7196.jpg
DSCN7197.jpg
DSCN7199.jpg
DSCN7202.jpg


やっぱりトムキャットはカッコイイですね。
しかしこれは社長の所にいくとして・・・まずいな。自分のも欲しいぞ。・・・もう一機作るしか・・・。
今更躊躇しだす杉山でした。

で、ですよ。次に何を作ろうかってことなんですけど、押し入れのキットと睨めっこです。
「またトラック、いやバスか」とか、「ジェットもいいけど二次大戦機の戦闘機もいいな」とか、「あえてキャラもので」とか、いつも色々悩みます。

で今回製作を決めたのがこちら。
DSCN7110.jpg
STUDIO27 1/20Scale ブラバムBT44B 1975 です。

75年と言いますと私が生まれる10年近く前のF-1マシンです。
この頃のマシンはどのチームも個性的なデザインで年々進化が目に見えて分かるF-1史でもかなり面白い時代で、個人的にも大好きです。
今回挑戦するブラバムBT44Bは、三角の独特な形状の真っ白いボディにメインスポンサーのマルティーニの青と赤のラインが入るシンプルながら目を魅くデザインが魅力のマシンです。フェラ−リ312TやマクラーレンM23など強豪と戦い抜き
コンストラクターズポイント2位を獲得するなど、低迷していたブラバムを再び注目させる事になった人気のマシンです。

さてさて早速製作に取りかかりましょう。
今回のキットは今まで製作してきたキットと大きく違います。
DSCN7111.jpeg

プラモデルではなく、レジンパーツとホワイトメタルの複合キットで俗にいうガレージキットという奴です。
材料も違うので作り方ももちろん変わってきます。

まずはパーツチェックをしていきます。
プラモデルではやらないですよね。ガレージキットの場合成型されたパーツがバラバラで梱包されているのでパーツの不備(不足や欠損)が稀にあります。STUDIO27さんは国内の一流メーカーですので滅多にないですが一応念の為行います。
説明書のパーツリストを見ながらチェックしていきます。

パーツチェックが終わったらレジンパーツの洗浄を行います。
レジンパーツはプラモデルの金型と違ってゴム製のシリコン型を使って成型されています。型の抜きをよくする為に表面には離型材(油)が塗られています。この離型材を落とす作業が必要なわけです。

まずはこちら、ガイアノーツのレジンウォッシュによる浸け洗いです。
DSCN7112.jpeg

タッパーにレジンパーツとパーツ全体が浸るくらいのレジンウォッシュを入れます。
DSCN7113.jpg

レジンウォッシュは大変揮発しやすい溶剤ですので容器は蓋が出来るものを選びましょう。
10〜20分くらい浸けておけばOK。
残った溶剤は捨てずに元のボトルに戻します。5回ぐらい再利用が可能です。

パーツを軽く水で洗い流したら次は洗剤を使って洗っていきます。
使うのはクレンザーと台所用中性洗剤を混ぜたものを使用します。
DSCN7204.jpeg
DSCN7203.jpeg

歯ブラシを使って泡立てる様にゴシゴシと磨きます。

レジンウォッシュと洗剤、どちらか一歩でも構わないのですが念には念をということで弊社では両方行っております。
洗浄が甘いと、塗装中マスキングを剥がしたら一緒に塗膜が剥がれました、なんていう事故になりかねません。しっかり洗いましょう。
磨き終わったらしっかりと水で洗い流し乾燥を待ちます。

なんとも久しぶりのF-1のガレージキットの製作ということで緊張しております。
それでは完成まで是非ともお付き合い下さいませ。

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:47:43 «edit»

Category:製作ハウツー 日野プロフィア低床4軸エアサス仕様

【とらっく!】神宮司運輸を作るの巻⑧ 

まいどっ!!

最近は納豆菌のおかげで調子の良いはじめちゃんです。
腸内環境が改善されてきているのか分かりませんが
最近は牛乳が飲めるようになりました。
乳酸菌の力も借りられれば残すところビフィズス菌だけとなります。

苦手だと思いこんでいた牛乳が飲める様になったのは凄く嬉しいことです。

本題に入ります。
前回までの神宮司運輸はこちら
シャーシの組立てとサーフェイサーまででした。
今回も続けていきたいと思います。

DSCN7064.jpg
DSCN7065.jpg

前回加工したパーツを取付けるワイヤーを通す穴を開けていきます。
塗装の厚みを考えて0.6mmの穴をあけています。

続いて手をいれるのはこちら

DSCN7066.jpg

燃料タンクの両サイドの合わせ目消しなのですが、合わせ目がモールドを跨いでいますので
思い切って切り取ってみました。
モールドを削り取って裏側から蓋をすることで合わせ目消しにしたいと思います。

DSCN7067.jpg


1mmのピンバイスで適当に穴をあけています。
肝心の切り取るラインの手前で止めるのが味噌です。

DSCN7068.jpg

穴を開け終わったらニッパーで穴を切って繋いで行きます。

DSCN7069.jpg
DSCN7070.jpg

こんな感じで切り取れました。
もう少し攻めてもいいのですが、攻め過ぎて行きすぎると取り返しがつかなくなるので
程々の所で止めておきます。

DSCN7071.jpg

ギリギリの所をカッターで削りとりヤスリで仕上げていきます。
使用しているのは針やすりです。
細かい部分の整形はもちろん、鉄道模型のビス穴の回りの塗料を削るのにも役に立ちますので
様々な太さの物を揃えておくといざと言う時にやくだちますよ。

DSCN7072.jpg

整形の終わったパーツです。
モールドの回りの合わせ目もついでに消してあります。

DSCN7075.jpg

裏側からプラ板で蓋をしたら、本体に接着します。
写真は整形まで終わった状態です。

DSCN7076.jpg

次に固定用のステーの再生です。
1mm厚のプラ板を1.5mm幅で切り出したものを貼付けました。
上部のモールドは0.3mmの針金で再現してあります。

次はいよいよ塗装にうつります。
基本的にマスキングが必要な箇所はラジエーターくらいでした。

DSCN7077.jpg
DSCN7079.jpg
DSCN7080.jpg

タンク類の取付けようのワイヤーは0.5mmの銅線で再現します。
適度な柔らかさがあるので対象に追従しやすいのがお気に入りポイントです。

金属線ですのでプライマーを吹いてから、セミグロスブラックで塗装しました。

DSCN7081.jpg

銅線の塗装の乾燥後に組立てていきます。
先程空けた穴に銅線を通して、片側を接着後にプライヤーで
キュっと引っ張って終わりです。
本物のタンクを固定してる様な錯覚を覚える作業で中々おもしろいです。

DSCN7082.jpg

組立てと固定の終わったパーツ群です。
プラだけの状態より幾分か格好良くなった気がします。
実際の所…荷台を乗せると殆ど見えなくなってしまうのですがね…笑

DSCN7083.jpg

組み上がったパーツをシャーシに取付けてみました。
最初は黒一色で味気ない感じでしたが、所々にシルバーが見えて
本物っぽく見えてきました。

今回はここまでです。
作業の進捗的には然程進んでいませんが、加工箇所が多くて濃い内容でした。
これでシャーシは完成ですので、次回からはいよいよ荷台へと入ります。
完成までやっと峠を越えた感じです。
完成まで見守って頂けると幸いです。

次回もまた見てくれよなっっっっっ!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:44:49 «edit»

Category:絵日記

【でかーる!】水転写式との初めての出会いです! 

乗秀です。
東京は暑くなったり寒くなったり激しいです! これだけ寒暖の差が激しいと、体調を崩す方も少なからず出るのではないでしょうか・・・かく言う私も、先日体調を崩してしまいました。今はすっかり元気ですが、皆様もくれぐれもお気をつけて下さい・・・。

お客様と打ち合わせをする際、他の模型の話からガンプラの話に移ることがあります。「今のガンプラはシールとかデカールとか使わなくても凄い完成品になるもんね〜」と言われたとき、シールはともかく水転写式デカールが付いているキットが激減している事を思い出しました。
ガンプラが塗装せずともパッケージに近い完成品に仕上がる様になって、もう随分経ちました。最近のガンプラファンの方々は、デカールに触れた事が無い方の方が多いのかもしれません。現在ではMGのver.Kaシリーズくらいにしか付属していないデカールですが、遡るとかなり昔は多用されていました。

img_0_20170514185848fd6.jpeg
その最たるポイントがMSV(モビルスーツバリエーション)シリーズです。その前から、ネタ切れを誤摩化す為に出したリアルタイプシリーズと言う従来のキットにマーキングのデカールを追加したキットが発売されており、リアル路線を受け継いだMSVシリーズはほぼ全てのキットに水転写式デカールが付属していました。
プラモデルに触れたばかりの乗秀少年は古いキットばかり触っていたので、水転写式デカールとの出会いも早かったのです。

img01_201705141854343ad.jpg
早とちりの達人な少年は、いつものノリなら「デカールの貼り方が分からず試行錯誤して大失敗」なんてことになりそうな所ですが、この時は難なく「水に数秒浸けてずらして貼る」工程をクリアしました。デカールの存在が未知過ぎたので、説明書を熟読したからですね! 偉い!(当たり前)
しかし、その直後で早速疑問に打ち当たりました。

img02_2017051418543672d.jpg
「回りの薄いフィルムみたいなのは、どうしたら良いんだ・・・?」

デカールはシールと同じく、印刷面の回りに余白があります。貼る時は気にならなかったけれど、貼った後に観ると何だか気になってしまうこの段差・・・何かしなければならないのだろうか? 説明書には貼る工程までしか記されておらず、貼った後の事はフォローされていませんでした。

img03_201705141854375c9.jpg
考えた結果、3通りの仮説を立てました。

A、完全に乾いてから余白を剥がすと文字だけが残る
B、爪楊枝等で擦ってから剥がすと文字が残る
C、アイロンで圧着するとフィルムだけ取れる




img04_2017051418543964a.jpg
推古した結果、Cを選びました。

乾かないとくっつかないって言うし、アイロンパッチの要領でイケるだろうと踏んだのでした。

img05_201705141854409ba.jpg
結果、プラは無事でしたがデカールがアイロンに溶けてくっつき、剥がすのに大変苦労しました。
親の物を勝手に使用したので、跡が残ってバレないかヒヤヒヤしながら剥がしたものです・・・。

先程の正解はどの選択肢でもなく、「上からクリアーコートをして表面の保護をする」のが正解でした。半光沢やつや消しでしたらフィルムの段差も目立ち難くなるので、下手な事をしない様にしましょう。
ちなみにAとBは他のタイプのデカールで使用する方法です(当時はそんな事もちろん分かりませんでしたが)。
Aは一部の鉄道模型の車番再現に使われるデカールとして、Bはガンプラではドライデカールとして馴染みがあるインスタントレタリングとして、それぞれ模型で活用されています!
水転写式デカールの段差を消す方法は、面が多いガンプラでは余りおススメ出来ませんが、カーモデル等で活用されるクリアコート→磨ぎだしが最適解です。弊社代表のブログにて詳細を解説しておりますので、そちらも合わせてご覧下さい。→[atelier souvenir vol.09]1/32 トラック野郎熱風5000キロ 第ニ回(記事の中盤から研ぎ出しに関する理論が解説されています。)


筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:01:38 «edit»

Category:未分類

【ヤクトドーガ完成!!】いや〜大変でしたww 

こんばんは〜よこぽんです。実は私、揚げ物が大好きなのです。
ただ、もう若く無いので揚げ物バッカリは良く無いよと皆様に暖かい言葉を頂いている今日この頃です。

さて、本日は前回の続きのヤクトドーガの製作から始めますね。
メインの塗装が終わっているので、今回はマスキングの嵐です。
BB戦士や旧キットはとにかく塗り分けが多いので地味に時間がかかるのです。
DSCN6875.jpg

DSCN7013.jpg

一通りマスキングが終わった状態です。
この作業を何回か繰りかえす事になります。
DSCN7014.jpg

そして、エアブラシでの塗装を終えたらいよいよマスキング剥がしです。
パーツ全てのマスキングを剥がし終えたら、ちょっとはみ出している様な箇所を確認してタッチアップしていきます。
DSCN7015.jpg

そのタッチアップも終えたらいよいよコーティングとなります。
私個人の好みでダイアモンドシルバーを少々クリヤーに混ぜてコーティングしました。
画像ではあまり伝わりずらいかもしれませんがキラキラと輝いております。
DSCN7017.jpg

十分に乾燥させていよいよ組立てです。
DSCN7019.jpg

ほんの数分で完成です!
きちんと塗りわけてあげるとかっこいいですね〜
DSCN7020.jpg

【クェス専用ヤクトドーガ】
DSCN7021.jpg

DSCN7023.jpg

DSCN7025.jpg

DSCN7027.jpg

たまにはこういうのもありですね。
久しぶりに塗り分けが分かり難いキットを製作した気がします。
逆に小さい頃はこのようなキットばかりでしたのでいろいろと勉強しながら製作したのでしょうね。
DSCN7026.jpg

それでは、本日はここまでです。
次回は、まだ考えておりませんがまた、面白そうな題材を考えたいのでお楽しみに!!

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:55:46 «edit»

Category:製作ハウツー F-14Aトムキャット

【おすねこ!】タミヤの最新キットF-14Aトムキャットをつくるよ!その13 

長かったゴールデンウィークも明け、すっかり暖かくなって参りました。
結局連休中はどこに行くでもなく、なんか色々作っておりました。
ただ、毎晩の様に飲んでいた気が・・・。
ビールが美味しい季節になってきました!ども、杉山です。

さて、トムキャットもクライマックスです。
といっても特別な作業はなく、地味な作業ばかりです。もくもくと進めます。

前回作っていたミサイル類です。ようやく取り付けできました。
DSCN6928_2.jpg
DSCN6929_2.jpg
何パターンか選択出来る様になっていますが、トムキャットとしては一番オーソドックス(だと自分は思ってます)な装備で、腹にフェニックス4発、肩下にスパローとサイドワインダーを左右一発ずつという装備です。

ランディングギアもなかなか格好良く取り付け出来ました。
加工した箇所が良く分かります。
DSCN6930_2.jpg
DSCN6932_2.jpg

今回のお気に入りポイントのジェットノズルです。
いい焼け色が出たと思います。ただノズル周辺の本体側の汚しをもう少し濃くした方が良い様な気もしますね。
DSCN6933_2.jpeg

コクピットです。
シートをはめると一気に完成が近づく感じがします。
DSCN6934.jpg

が、一つ失敗してしまいました。・・・先にシートを接着してしまうとパイロットが乗せられなくなってしまいました。折角塗ったのに・・・とほほ。

キャノピーの前部は面白い分割になっています。
DSCN6936.jpeg

前面窓の先の方までクリアーパーツで一体となっています。おかげで透明部分ギリギリに接着剤を付けてはみ出して失敗、なんてことが起こり難くなっています。非常に助かります。

キャノピー後部も非常に簡単な構造で開け閉め出来る様になっています。
後ろの方のホゾを差し込みステーで止めるだけです。
DSCN6937.jpg

サイドの足場も選択出来る様になっていましたが、折角開けれる様になっっているキットですので梯子や足場が出ている状態で作りました。
DSCN6938_2.jpeg

最新キットのトムキャットを作るよ!といって始めたものの随分時間がかかってしまいました。
もう全然「最新」じゃないですね。
DSCN6941_2.jpg

製作中にも何度も書きましたが、非常に組みやすく、また細部までよく出来たキットだとつくづく感じました。
大きめの戦闘機初心者という方でも挑戦しやすいキットだと思いますし、またベテランの方は少し物足りないかもしれませんが、ミサイル等のパーツ取りや改造の素体にはもってこいのキットだと感じました。
やっぱタミヤさん流石ですとしか良い様がないですね。

完成した全体写真は次回じっくり御覧頂きたいと思います。お楽しみに。

さて、次は何を作ろうか!杉山でした。

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top