Admin * New entry * Up load * All archives 

ご愛願頂き有り難うございます! 模型製作代行NAGAEアートプロダクションの話題をいち早くお届け致します。

 

NAGAEアートプロダクション公式ブログ

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
Posted on 14:59:07 «edit»

Category:模型総合病院

【模型総合病院】製品に無いカラーリングを再現!【その15】  

弊社サービス【模型総合病院】では、修理の他に完成品のリペイントや改造も承っています。もちろんそちらの方面も掲載しきれない程沢山ご依頼を頂いておりまして、小さな部分の色挿しから全体のカラー変更まで多岐にわたって請けて参りました。
今回は塗装替えの案件で最も多い鉄道模型から、作例をご紹介します!


DSCN9125_20180211142647e34.jpg
お預かりした車輌はこちら、EH500系電気機関車です。国内屈指の牽引力を誇る、日本の物流を支える重要な電気機関車ですね。
今回はお客様のご希望により、こちらをEH800系のカラーにリペイント致します! 外見上は似ている箇所が多い両機ですが、塗装は全くと言っていい程異なっており、全塗装は必須です。
更に今回はプラスチック製の車輌ですので、金属製の車輌よりも塗膜の剥離が難しく、扱いを間違えてしまうとボディを溶かしてしまったり破損してしまったりする、色落とし一つをとっても技術と経験が必要な作業となります。そしてボディに入る銀とグレーのラインは塗装での再現が非常に困難…お預かりした段階から手強い案件だとわかる内容でした。

そうした難しさを把握した上で、これまで培ってきた技術を注ぎ込みます!

DSCN9732.jpg
そして完成した車輌がこちらです! 全く異なる雰囲気に変わった事が一目で分かりますね。

DSCN9733.jpg
白帯は塗装で、銀帯(返っている箇所はグレー)をデカールで印刷して貼り込み、EH800のカラーを再現しました。部位ごとに最適な表現方法を選ぶ事が重要です。

DSCN9734.jpg
JRFマークと号車番号もデータを作成して再現しました。インレタやデカールとして一般販売されていないマークも弊社におまかせ頂ければ、ご覧の通りに再現致します!

DSCN9735.jpg
DSCN9736.jpg
手すりは金属に置き換えて再現。PSモデル(プレステージモデル。一部に金属を使用したTOMIX製のハイエンド製品)の様なシャープさも出ました。

DSCN9741.jpg
弊社におまかせ頂ければ、今回の様な大規模なリペイントもご覧の通りの仕上がりでご提供致します!
もちろん鉄道模型だけでなく、ミニカーやフィギュア等でも「この色があればな…」と思うお品物が御座いましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さい!


NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:31:37 «edit»

Category:製作ハウツー 京王バス

【とみか!】ミニカーバス(エルガ)を京王バスにフルリペイントするよ! その5 

どうも杉山です。
ワンフェスもいよいよ来週に近づいて参りました。
準備で大忙しの毎日です。

さてさて今回も京王バスを進めて行きましょう。
前回でボディの塗装が終わりました。

DSCN9548_201802100433144f5.jpg
・・・が、改めて見ますとやはりどうにも気に入らないのです。
特に横の斜線の部分が・・・スケール的に塗装でやるのは難しいとは思っていましたが、このまま進めるのはどうにも納得できないのです。

という事で一層綺麗に仕上げる為にここで一旦断念してやり直したいと思います。

いざ!どぶ漬け!!
樹脂製でなくダイキャスト製なので失敗してもどぶ漬けし放題!
DSCN9549_20180210043315f45.jpg

・・・悲しい・・・より綺麗に作る為とは言えこの作業はやはり悲しいものです。

振り出しに戻りました。
DSCN9551.jpg
さて、気を取り直して再塗装していきます。
肝はライン塗装ですね。今までこのスケールのバスのリペイントに二の足を踏んでいた部分ですからどうにか攻略したいものです。

算段はあります!

今回は進むどころか戻ってしまいましたが、リベンジです。
続きを楽しみにして頂いていた皆さんには申し訳ないのですが今後にご期待を。

筆者:杉山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:25:49 «edit»

Category:製作ハウツー 1/350 まるゆ

【せんすい!】 ゆ1號を作る① 

まいどっ!

町を歩いているとジャズアレンジされたビートルズの曲を耳にします。
あ!この曲とか小憎いアレンジがされていてニヤリとしてしまいます。
ジャズミュージシャンってビートルズのカヴァーする人が多くいる印象です。

ビートルズの名曲は数あれど、ベスト盤である通称青盤に収録されている
イエローサブマリンはほんわかした雰囲気で好きな曲の一つです。

今回はトラックを一旦お休みして、潜水艦でも作ろうかと思います。

DSCN9505.jpg

フジミ 1/350日本陸軍潜航輸送艇 まるゆ

艦艇の模型は1/350が好きなのでこちらをチョイスしてみました。
早速中身を見ていきましょう。

DSCN9506.jpg
胴は通常のプラとクリアと同じ物が2種選択式なので
実質ランナー2枚の内容です。
それとこの他にエッチングパーツがつきます。

DSCN9507.jpg

こっちは最初なんだか良く分かりませんでしたが、1/700のまるゆの様です。
箱のどこにも記載がありませんが、おまけでついているようです。

では早速組立てて行きましょう!

DSCN9508.jpg

胴体のパーツです。
左右張り合わせのパーツの中に内殻を挟み込みます。

DSCN9509.jpg

接着前に一手間加えます。
接着面を軽く均して、ぴたっとくっ付く様にします。

DSCN9512.jpg

接着した胴です。
隙間が見えますよね。
実はこのカットを撮るのに3回も撮り直ししました(笑
なかなかピントが合わなくて…

艦底に4カ所程此の様な隙間があるのですが
これ実は接着面の表に来る場所に押し出しピンの跡があるんです。
台座に飾ると殆ど見えなくなる箇所ではありますが、気になるので
埋めてしまいます。

DSCN9513.jpg

ピンボケの写真ですいません。
隙間にアルテコを盛りつけた状態です。
盛りつけた直後なので硬化していません。

DSCN9514.jpg

で、何をしているかと言うと
アルテコを綿棒で拭き取ります。
完全に拭き取るのでは無く、うっすら残るように拭き取ります。

DSCN9515.jpg

するとこの状態に。
隙間だけにパテが残って周囲は拭き取れていますので
硬化後のペーパーがけが楽になりますよね。
この後のペーパーがけ作業の時間短縮テクニックの一つです。

DSCN9516.jpg

艦底の合わせ目消しが完了しました。
ところどころうっすらとパテが詰まっているのが確認出来るかと思います。
じつはこのパーツ、ものの数分で処理が完了しました。

DSCN9517.jpg

続いては艦橋の製作に移ります。
このパーツ6mm位の小さなパーツです。
ゲート跡とパーティングラインがありますので、綺麗に処理をしないといけませんが
小さいパーツの為指でも持てません。

DSCN9518.jpg

愛用しておりますクレオスのピンセットです。
戦車や戦闘機等、細かくて細いパーツって意外と多いですよね。
無理に指先で摘んで処理していたら加減を誤ってポーンって…
ああああああああああ!!!!!
って叫んだ経験の或る方は多いのではないでしょうか。

DSCN9519.jpg

こんな感じで挟むと小さなパーツでも処理し易く、
紛失や破損のリスクもかなり軽減されますyo。

DSCN9521.jpg

艦橋にアンテナ線を貼る基部がありませんので
真鍮線で再現します。
写真は艦橋の底のパーツにバイスで穴を開けている所です。
特に難しいことはしていません。
落ち着いてゆっくりと穴を開けるだけです。

DSCN9520.jpg

1mm以下のバイスは細くて使う度に取付けるのは非常に億劫なので
よく使用する0,2~0,8mmまではそれぞれ専用のものを用意しています。
ホームセンターで購入したケースに収納しています。

最初は刃を出したまましまっていましたが、ケースを落とした拍子に
全ての刃が折れる事態が発生したので仕様後に刃を中にしまって
ケースに入れて保管しています。

コンマ1以下の刃って1本4〜500円もするので全部一気に折れた時は心も折れました…

DSCN9522.jpg

先程開けた穴に真鍮線を刺して接着しました。
組み付けてから長さを調整するので、この段階では長めのままです。

DSCN9523.jpg

長さを調整したものがこちらです。
まだ若干長い気がしますが、貼り線を貼らないと様子が分からないのでこのままでいきます。

DSCN9524.jpg

細かい部品の処理に進みます。

写真はスクリューです。
全周に渡ってバリが出ています。
余談ではありますが、幼少期の私はゲート跡の事をバリと間違って認識していました。
カーペットの上でプラモデルを作って、切ったゲートカスが毛に絡み
おばあちゃんに怒られたものです。懐かしい懐かしい。

DSCN9525.jpg

胴体に手すりを取付けていきます。
本物感を出す為にエッチングパーツの接着しろを切り飛ばしたので
そのままでは接着強度を保てなくなりました。

写真はバイスで胴体に接着用のダボを彫っている所です。
やめとけば良かったと正直思います。
一度やってしまうと全ての箇所に穴を開けないと綺麗に接着出来ません…

DSCN9526.jpg

左右の手すりを取付けた状態です。
艦橋周りの手すりは甲板の形状に合わせて逃げを作らないといけないのにも関わらず
忘れて一直線に取付けてしまいまして
急いで修正したのですが、一部手すりが千切れてしまいました…;;

次回の塗装までには見られる様に修理しておきます。

と、今回はここまでです。
パーツ点数も少ないので一回で終わるかなと思って始めましたが
そうは問屋が卸しませんでした。

何度もやりなおすと金属疲労でエッチングパーツは切れますので
接着の際は工程を含め慎重に!
でないと私みたいになります…

次回は塗装編です。
新しく仕入れた塗料が使えるので楽しみにしております。

次もぜぇってぇ見てくれよなっ!!!!!!!1

筆者:神宮司

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (2)

 こんばんは

面白い題材で来ましたね‼
私の模型作りは就寝前の1・2時間くらいなのでのんびりチマチマとイタレリをやっていますが、それでも作業量の多さに時々息抜きで他の模型を作りたいという衝動に駆られる時があります(笑)
艦船系はかなり前に大和を作った事があるくらいで全くスキルがありません・・
エッチングパーツ接着した状態でプライマーってどう塗るのか??サフだけでいける訳ないよなぁ?と常々疑問に思っていました・・
塗装編でその辺詳しく教えてもらえると有難いです🎵よろしくお願いしますm(__)m

  by 喜代治丸

 こんばんは

ちょっと息抜きにと始めたまるゆです。

就寝前の1、2時間に模型…
もうちょっともうちょっとってやってしまって寝る時間が無くなりそうですね(笑)
トラックが完成したら是非拝見させて頂きたく思います。

まるゆはパーツ数は少ないのですが、エッチングパーツも付属していてお得なキットですよ。本文でも書きましたが何故か1/700のまるゆまで付属します。
昔のガンプラでボールというのがありましたが、箱にはボール付きボールと記載があり
小さいスケールのボールが付属していたのを思い出しました。

これは本文に書いていないのですが、胴体はクリアーパーツで再現するパーツも付属していました。

最初は半分クリア半分グレーで塗装してカットモデルの様な仕上げにするつもりでしたが
中身を見せるには内部の配管等も再現する必要がありまして…資料が見当たらなひ…;;

大和はまだ作っていませんが私も持っています。
ディテールアップパーツも揃えてあるのですが、未だに手出し出来ずにいます。
いつかはやりたいキットの一つです。
スキルはやりながら覚えましょう!(笑
失敗したっていいじゃないですか、その次に作る時には少し上達していて
きっと上手くいきますよ。

次回は手すりを直して色々な所を直して、機銃も作り直して…
終わりませんね。


  by NAGAEアートプロダクション 神宮司

Comment-WRITES

go page top

Posted on 19:40:03 «edit»

Category:製作ハウツー 名鉄パノラマスーパー

【めいてつ!】悲願!パノラマスーパーを完成させます! 第一回 

乗秀です。
先日予告していた名鉄パノラマスーパーの作業にいよいよ取りかかります!
不足していたパーツ網羅で揃えてもらい、万全な態勢で臨みます! いっくぞー!
もう逃げられない

DSCN9466.jpg
まずは数年前に中途半端に塗られた塗装を剥離します。シンナーが反応しない素材(ポリ系)のケースに車輌を入れてシンナーに漬け込みますが、このケースは100円均一なんかですぐ手に入るようなタッパーで十分です。

DSCN9467.jpg
漬け込んで数分した後に、歯ブラシでごしごし擦りながら塗膜を剥がしていきます。通常の塗料で塗装していると、剥がすというより溶けるイメージで簡単に取れていきますね。
ここで重要なのは、塗料と塗装方法です。
仮にこの塗膜が弊社お得意のウレタンクリアーでコートされていた場合ですと、こんな簡単には剥がせません。ウレタンそのものはシンナーにも強く表面に薄いウレタン樹脂の膜を作っていますので、ただ漬け込むだけですとなかなか落ちないのです。そんなときは表面にカッターで薄く切り込みを入れると、その隙間からシンナーが入り込んで浮かす様にして塗膜が剥がせる様になります。
もう一つ、こちらは鉄道模型では採用されている事が多い焼き付け塗装の場合です。塗膜自体が強力に定着している為、綺麗に塗られているとシンナー程度ではびくともしません。この場合はシンナーではなく、専用の剥離剤を用意して剥がさなければ綺麗に落とせないのです。

DSCN9468.jpg
今回は表面保護前の通常通りラッカー塗装している為、十分も擦ればほぼブラス地むき出しになりました。
先の画像は多数の車輌の色を剥がしてきた年季あるシンナーですが、ある程度落としたらそれよりも汚れていない(もちろん新品でもOK)シンナーで漱ぐ様にして細かい所の塗膜残りを取っていきます。

DSCN9469.jpg
ひとまず先頭車4輛が剥がし終わりました…。流石に数があると単純作業もキツいですね。
でもこれでもう怖いものは無し! いよいよ再塗装に入るぞ!!

DSCN9471.jpg
と勢いづく前に、再度表面を確認します。塗装された状態ではあまり気にしていなかった、キズや段差があちこちに見えてきます。この塗装剥離作業で気をつけたいのは、こういった塗膜の下に隠れているキズやパテで一度処理したキズが容赦なく露出してしまう事です。色を落としたらすぐ塗装したい! という衝動をグッと抑えて、今改めて車輌をじっくり確認しましょう。

DSCN9473.jpg
こうしたキズは組立時に入ったものだけではなく、キットを開封する前からついている事も多いです。
特にロストワックス製の部品……今回は前面周辺をよく見てみると、レジンキットの様な気泡や凹凸が見えてきます。もちろんこんな所も見落とさず処理をします!


DSCN9472.jpg
処理と言ってもパテを充填させて表面を均すだけですので、簡単に終わります…1輛だけならば。
パーツの継ぎ目にあたる部分は特に分割線や段差が目立ち易い部分です。粗めのペーパーで一気に削ってから目の細かいペーパーで仕上げていくのがベターですね。

DSCN9474.jpg
ひとまず面倒な4輛から処理を仕上げていきます。ここで気をつけたいのは、パテを盛った箇所が分かり辛くなってしまうので、目だけでなく指でなぞる等して処理し忘れが無いか確認する事です。

DSCN9470.jpg
そんなこんなで仕上がりました! ここから更にブラス洗浄、プライマーがけが残っていますので、次回はそこから始めようと思います。
写真枚数は大した数ありませんが、8回も同じ作業をしているとそれなりの作業量になりますので、思う様に進まなくてもどかしくなります。それでもかっこいい完成品目指して引き続き頑張って参ります!!

筆者:乗秀

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 20:12:32 «edit»

Category:製作ハウツー SDガンダムEXスタンダード ウイングガンダムゼロカスタム

【SDウイングガンダムゼロカスタム】製作続きを再開です。 

こんばんは〜よこぽんです。
この2月を越せば暖かくなっていくと思うので体調管理を万全にしてがんばります!!

さて、本日もスカイラインの製作はお預けです。
前回、資料の件で掲載させて頂きましたがいかんせん、いろいろな改造画像も多く、実際の実車のイメージが
湧き難く現在もネットや本屋さんで資料を探しているのです。
もう少々お時間をいただいて、今日は以前から手をつけているSDウィングガンダムの製作の続きを紹介します。

この画像を見れば一目瞭然ですね。
そう、殆どが肉抜きされています。
やはり、見映え的にもここはパテで出来るだけ埋めてしまいましょう。
ちょっと角度を変えて見るだけでもすぐに穴が開いているのがばれますからね。
DSCN9460_2018020319361229f.jpg

埋めた箇所のモールド造形等は、機動戦士ガンダムMS大全集を参考に進めます。
DSCN9465.jpg

まずは、とにかく多い肉抜き穴をエポパテで埋めてみました。
状況によってポリパテなども使いますね。今回は、他でも使用していたのでエポパテで埋めてみました。
DSCN9461.jpg

比較的全部に近いパーツをパテ埋めです。
硬化したらモールドの造形等を再現しますが、それは次回の作業となります。
エポパテは硬化迄時間がかかるのですぐに作業したい方はポリパテの方が良いですね。
DSCN9462.jpg

先程紹介させて頂きました設定資料より、色を調色です。
白は薄い紫っぽい白とアイボリーっぽい白と分かれると思いますが私は紫っぽい方で進めます。
その他の黄色や赤等も調色してフレームの色も作って一通り色の準備は完成です。
DSCN9463.jpg

それでは、本日はここ迄です。
次週はいよいよスカイラインに入れるかな? がんばります!!

筆者:横山

NAGAEart_logo.jpg
NAGAEアートプロダクションはこちらから

tb: (0)     com: (0)

go page top